【ジャックと豆の木】手放すことによって救われる!

 

 *大アルカナ12:ジャックと豆の木

 

インナーチャイルドカードの

大アルカナ12「ジャックと豆の木」は、

タロットでは「吊られた男」です。

 

「悪魔」「死神」「塔」等とならんで、

少し怖く感じるカードです。

 

でも、「吊られた男」の意味を知ると、

あなたの現在の状況を

違う視点からみることができる

チャンスになってくれます。

 

それはインナーチャイルドカードの

「ジャックと豆の木」でも同じです。

 

 

<「吊られた男」の意味>

 

【宙ぶらりんの状態を暗示します。

自分の立ち位置が決められず、

前にも後ろにも進めない状態を

表しています。

 

その状態を脱するためには、

一旦状況をリセットし、

自分の夢や目標を考え直し、

自分の進むべき道を

見つめ直すと良いでしょう。

 

より大きな目的を達するために、

小さな野心を捨てるべきだという

メッセージかも知れません。】

(鏡リュウジ著『タロットの秘密』より)

 

いかがですか?

「吊られた男」には

このような解釈もあります。

 

この解釈を読んで、

「ああ、確かにそうかも知れない!」

と感じたら、そこから現状を

見つめることができますよね?

 

 

<「ジャックと豆の木」の解釈>

 

「ジャックと豆の木」の物語では、

「手放す」ことが大切な問題として

扱われています。

 

ジャックは魔法の豆を買うために、

大切な牛を手放します。

魔法の豆を買うために、

牛を手放したことは、

ジャックがもはや世間の理屈を

「手放した」ことを意味しています。

 

彼はこれから芽を出す魔法の豆から

新しい生活が始まることに賭けたのです。

 

彼のお母さんは魔法の豆を

庭に投げ捨てることで、

全ての望みをあきらめました。

「手放した」のです。

ところが彼女は抑圧されていた心や

恐れから解き放たれる経験をします。

 

「手放す」ことが二人の未来を

変えることにつながっていくのです。

 

 

<手放すことで救われる>

 

このカードのテーマは「手放す」です。

自分がコントロールできないもの、

過去の間違いなどが、

逆さに吊るされることで

男のポケットから落ちるのです。

つまり手放すことができるのです。

 

「ジャックと豆の木」のカードが、

あなたのもとに現れたら、

あなたの人生と

あなたが置かれている人間関係を

新たな視点から眺めて下さい。

 

あなたは今、

カードに描かれている男のように

宙吊りにされ、縛られたような気持ちで

苦しんでいませんか?

 

前にも後ろにも進めない状況では

ありませんか?

そんな時は一度状況をリセットしましょう。

 

そして、自分の夢や目標を考え直し、

自分がどのような道を進みたいのかを

新たな視点から考えましょう。

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。