スランプから立ち直るためにすべき5つのこと

【スランプから立ち直るためにすべき5つのこと!】

 

1、眠って休息する

2、休息しても回復しない不調がある時は

迷わず病院に行く

3、自分の気持ちを紙に書き出す

4、楽しいと感じることをする

5、自分の心の声を大切にする

 

父が圧迫骨折で入院した時、

私は深刻なスランプに陥りました。

上の5つはその時に私がしたことです。

 

 

1、眠って休息する

 

昨年6月父が激しい腰痛を訴え

寝たきり状態になりました。

父が入院するまでの10日間

私は父に付きっきりで介護しました。

 

その後父は入院し

順調に回復しましたが、

私は、退院後の父のことが不安で

気持ちが落ち着きませんでした。

寝ても寝ても眠くて、

昼間に何時間も眠るありさまでした。

 

今、思うと疲れていたのだと思います。

身体も疲れていましたが、

心が疲れていたのでしょう。

 

不調な時は睡眠が絶対に必要です。

寝ても寝ても眠い時は、

それだけ心も身体も疲れているのです。

心身が睡眠を必要としているのです。

 

 

 

2、休息しても回復しない時は迷わず病院に行く

 

父の入院等でバタバタしていて、

私は月1回通っている

心療内科の診察に行けませんでした。

 

父の入院や介護という大きな問題を

抱えている時でした。

そんな時こそ心療内科を受診して

気持ちを安定させるべきだったのです。

 

案の定、睡眠導入剤代わりに飲んでいた

精神安定剤がなくなり、

私は睡眠障害に陥ってしまいました。

その夏は猛暑だったこともあり、

私はバテバテの絶不調でした。

 

必死の思いで心療内科に行き、

主治医の診察を受けました。

主治医に症状を話し、

安定剤を処方してもらうと、

次第に睡眠障害は治まりました。

 

「病院に行かなくても私は大丈夫」

と思いたい気持ちがありました。

でも休養しても回復しない時は、

医師の診察が必要だったのです。

 

 

3、自分の気持ちを紙に書き出す

 

ゆっくり眠って休養し、

主治医の診察を受け、

少し体調が落ち着いた時、

私は、自分の気持ちを書き出しました。

 

まず正直にイライラモヤモヤしている

自分の気持ちを正直に

そのまま紙に書きました。

すると次のようなことがわかってきました。

 

*何が気になっているのか?

*絶対にしなければいけないことは何か?

*今でなくてもよいことは何か?

 

このことが整理できると、

気持ちがずいぶん楽になりました。

紙に書き出すことは、物事を整理し、

客観視する働きがあります。

 

 

 

4、楽しいと感じることをする

 

その夏、一番辛かった時に

私はボイストレーニングを始めました。

レッスンがとても楽しくて、

スランプでバテバテの私に

楽しい刺激を与えてくれました。

生活にメリハリができました。

 

私はこの時、しんどい時こそ、

楽しいことをして夢中になることが

大事なのだと実感しました。

 

 

 

5、自分の心の声を大切にする

 

「親の介護は子どもがすべき」

「ダラダラ寝るなんてだらしない」

「薬を飲んでいたら元気とは言えない」

「今さらボイストレーニングなんて恥ずかしい」

 

私が気にしていた世間体です。

でも心の声はこのように言っていました。

 

「父は設備や体制の整った病院や施設で

生活させたい」

「だるくてだるくてずっと寝ていたい」

「薬の助けを借りてぐっすり眠りたい」

「ボイストレーニングを始めて

上達するのがとても楽しい」

 

心が「嫌だ!」と感じることは止めて、

やってみたいことをしようと決意しました。

 

 

1、ぐっすり眠って休養する

2、必要な時は病院に行く

3、自分の気持ちを書き出し整理する

4、しんどい時こそ楽しいことをする

5、世間体ではなく、自分の心の声を尊重する

 

この5つのことを大事にすると、

だんだん自分の生活のリズムが

整って来るのを感じました。

 

スランプでとても辛かった時

私は上記5つのことで

スランプを乗り越えることが出来ました。

 

不調が続いて「スランプかな?」と感じたら

この5つのことを試して下さいね。

 

 

それでもあなたがスランプから

立ち直れない時は

インナーチャイルドカードを使って

あなたがスランプから立ち直れるように

私がサポートできますよ。

 

 

<関連記事>

*鬱っぽい時にすべき5つのこと

*やる気になれない時にするべき5つのこと

 

 

 

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

 

✿村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー&講座ご案内✿

<インナーチャイルドカードセラピー>

<インナーチャイルドカードセラピー講座>

 

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

自分を変えたい!好きになりたい!

✿自分を好きになれなかった✿

 

インナーチャイルドカードセラピーに

出会う前の私は

人の評価ばかりを気にしていて

自分がありませんでした。

自分が本当に何をしたいのかが

わからず悩んでいました。

そんな自分を好きになれませんでした。

 

そんなある日、私は偶然に

インナーチャイルドカードセラピーに

出会ったのです。

 

インナーチャイルドカードセラピーは、

おとぎ話や童話の絵が描かれた

インナーチャイルドカードを見て

絵がどのように見えたかを

セラピストに話

セラピストと対話して

自分の心を見つめるセラピーです。

 

私は人にどう思われるかではなく

自分が何を望み

どうしたいのかを考えました。

セッションを受けていると

穏やかで和んだ気持ちになりました。

 

 

 

✿自分を変えたくて必死だった✿

 

セッションを何度か受けて

インナーチャイルドカードセラピーに

もっと深く関われる

インナーチャイルドカードセラピーの

講座に入ることにしました。

受講料は約10万円でした。

 

私には安い金額ではありませんでした。

なんとか受講費を払って

講座を受けることにしました。

 

あの時の自分を振り返ると

私は自分を変えたくて

必死だったことを思い出しました。

 

お金のことにこだわるようですが

お金を使うことに抵抗がある私が

10万円払って講座に通ったのは

人の評価ではなく

自分が心からしたいことをして

自分らしく生きたい。

自分を変えたいと必死だったのです。

10万円というまとまったお金を払っても

自分を変えたいと真剣だったのです。

 

 

✿受け身だった私が主体的になった✿

 

クライアントとしてセッションに

通っていた時は、

「辛いことや問題が起こった時に

セラピストさんに相談して

助けてもらう」という考えでした。

 

でも、講座に通うようになると

「インナーチャイルドカードセラピーで

自分を変えたい」と思うようになり

主体的に自分に向き合うようになりました。

 

レッスンを重ねて

インナーチャイルドカードセラピーに

深く主体的に触れると私は

「どうせ私なんか大したことはない」

「私なんか何の取り柄もないし」

と自分を制限しているものに気づき

その思い込みを外すことができました。

心の制限を外すと

少しずつ自分の心を解放して

自分の可能性を信じるようになりました。

 

 

 

✿自分が好きになった✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

私は主体的に自分と向き合い

私は自分が本当にしたいことに

気づきました。

作家になることでした。

 

自分の考えや経験をブログや著作で

発信して、読者の共感を得て、

人の役に立ちたいと思うようになりました。

私はブログを書き始めました。

認知度のある大作家では

全くありませんが

心からしたいことを始めて

私は幸せを感じました。

自分の心の声に従って生き始めた

自分が好きになりました。

 

*エッセイ集も出版しました

 

 

✿心を解放するサポーターになった✿

 

講座が終わる頃には

私自身も周りも驚くほど

私は明るく行動的になりました。

 

今、あの時、思い切って講座に通って

良かったなと心から思っています。

自分が心から望むものが何かを

見つけられたからです。

心にかかった制限を外して

自分の可能性を信じて

生きられるようになったからです。

今、幸せだと感じられるように

なったからです。

 

講座を終えると私は

インナーチャイルドカードセラピストに

なりました。

自宅の1室をサロンにして

セッションやレッスンを行っています。

 

*私の講座のレッスン風景

 

*私の講座のレッスン風景

 

かつての私のように

自分の心が望むものを見つけたい人

心にかかった制限を外して

自分の可能性を見つけたい人を

インナーチャイルドカードセラピーで

サポートするようになりました。

 

今、私はクライアントや講座の生徒が

心を解放し明るく幸せになる姿を

見守る幸せも感じています。

 

私は自分を変えた!

自分を好きになった!

と実感しています。

 

 

 

<関連記事>

*心の制限の外し方~村川久夢自己紹介

心の殻を破り進むべき道をクリアに!~インナーチャイルドカードセラピー講座~

 

 

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

 

✿村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー&講座ご案内✿

<インナーチャイルドカードセラピー>

<インナーチャイルドカードセラピー講座>

 

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

幼い少年になった父~認知症の父と私の関わり方~

 

✿認知症の症状が進んで来た✿

 

91才になる父の認知症が進んで来ました。

昼間に着替えてベッドで寝たり、

夜中に起きて顔を洗ったり。

父は、今が、朝か?昼か?夜か?

分からなくなっているようです。

昔のこともかなり忘れていて、

あまり話もしなくなりました。

 

でも、ありがたいことに、

父は、幼い少年のような

純粋で優しいおじいさんになりました。

 

 

✿重い責任を担って来た父✿

 

父は妹が3人いる長男です。

聴覚障害のある異父兄と

精神疾患のある異母姉もいました。

長男として頼りにされていました。

 

祖父母が老いてからは

祖父母の介護、

異父兄や異母姉の介護もしました。

 

父自身が老いてからは、

パーキンソン病を患った母の介護、

その上、鬱病を患った私の世話も

してくれました。

 

考えてみると父は

家族の世話ばかりして来ました。

今やっと重い責任を果たして

穏やかな老後の日々を過ごしています。

 

 

✿父と一緒に暮らして感じること✿

 

重い責任を担っていた時の父は、

やたら説教ばかりする常識人間でした。

でも、父の本当の性質は

今の純粋な優しさだと思います。

 

今、父は、私や弟が買ってきた駄菓子を

一日中楽しんで食べ、

パズルゲームをしたり、

新聞を読んだり、テレビを見たりして、

穏やかに過ごしています

 

父と一緒に暮らすのが

大変だなと思うこともありますが、

幼い少年のような父を見ていると

なんだかホッとする私もいます。

こんな穏やかな生活も

悪くないかなと感じる今日このごろです。

 

 

<関連記事>

*忘れていいのよ私のことは~老人性記憶障害の父と暮らす~

 

 

 

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

 

✿村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー&講座ご案内✿

<インナーチャイルドカードセラピー>

<インナーチャイルドカードセラピー講座>

 

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>