【不思議の国のアリス】いい子の殻を破り自分の人生を生きよう

親の思う通りになって

手堅く無難な人生を生きることが、

子どもにも親にも幸せなことだと

私の両親は疑いませんでした。

私は絵に描いたような「いい子」でした。

 

親の思うように生きることが、

子どもにとって幸せかどうか、

手堅く無難なことだけが、

子どもにとって幸せな人生かどうかを

両親は考えたことがあったのかなと

疑問に思うことがあります。

 

 

<何のために生きるのかわからなかった>

 

「~しなさい」

「~してはいけません」等々

命令と禁止ばかりの中で育って、

私が楽しいわけがありません。

 

したいことはなんでもダメだと言われ、

したくないことを強制されて、

意欲を失ってどんよりしていると、

「やる気のない覇気のない子だ」

と叱られました。

 

「どないせい言うねん!」

と思っても言ったら叱られ、

下手をしたら叩かれるので

また黙っていました。

 

いい子も楽ではありませんでした。

あの頃の私は、

何のために生きているかが

わかりませんでした。

 

 

<生きづらさの原因>

 

いい子だった私は全てに対して、

「何を言ってもしても無駄だ」

と諦めていました。

今思うととても怖いことです。

 

結局、私が長い長い間、

生きづらさに悩んだ根っこは、

いい子だった時にあったようです。

 

私の内側には、

いい子でいなければならないことに

苦しみ傷ついた幼い私、

つまり私のインナーチャイルドが

存在しています。

 

 

<自分を殺していた幼い私>

 

いい子でいなければならず、

自分を殺し続けた私は、

何かを望むことを

諦めてしまったのです。

自分を失っていました。

それはとても苦しいことでした。

 

そんな私がやっと自分を取り戻せたのは、

インナーチャイルドカードとの

出会いでした。

 

 

おとぎ話や童話をもとにした

綺麗で可愛い絵が描かれた

インナーチャイルドカードを

眺めるだけで心が和みました。

 

「~しなさい」

「~してはいけません」状態で

育った私ですが、

幼い頃に唯一楽しかったことは、

本を読むことでした。

 

インナーチャイルドカードに描かれた

おとぎ話や童話の絵を見て、

私は幼い日に自分が望んでいたことを

少しずつ思い出しました。

 

 

<幼い私が望んだことがわかった>

 

  *不思議の国のアリス

 

「不思議の国のアリス」のカードを

引いた時のことです。

長い金髪のアリスを眺め、

幼い頃、髪を伸ばしたかったことを

思い出しました。

 

「世話をするのに手間がかかるから」

という理由で幼い私はザンギリ頭でした。

 

アリスのように髪をなびかせて、

心から楽しく遊びたかったことも

思い出しました。

 

カードの端で不機嫌そうに立っている

女の人が目に入りました。

この女の人を見ると、

幼い頃、たまに外で遊んでいると必ず、

「いつまで遊んでいるの!

早く帰って来なさい!」

と母に叱られことを思い出しました。

 

髪を伸ばしてもっとオシャレしたかった。

もっとのびのび遊ばせてほしかった。

幼い私が望んだことがわかりました。

 

 

<心の蓋が外れた>

 

インナーチャイルドカードは、

幼い自分が本当に望んでいたことを

幼い日に満たされなかった思いを

思い出させてくれました。

 

カード1枚1枚が、

あの頃、私が望んだことは何かを

教えてくれました。

 

「ああ、そうだった!」

と圧し殺していた感情が蘇りました。

心を押さえつけていた蓋が

ぽ~んと外れたような気がしました。

いろんな思いが溢れて

涙が流れました。

 

涙は流れましたが、

気持ちはスッキリしました。

涙が悲しみや苦しみを

洗い流してくれたのでしょう。

 

 

<自分の意志で生きる>

 

自分がしたかったことがわかると

私は驚くほど行動的になりました。

 

幼い頃から本が好きで

物語を書くことが何より好きだったことを

思い出したことが、

私の本心を明らかにしてくれました。

 

私はブログサイトを立ち上げて、

ひそかに書き溜めた小説やエッセイを

投稿しはじめました。

 

自分の意志で行動するには、

勇気が必要でしたが、

自分が書いた作品を読んでもらって、

共感を得て誰かの役に立ちたい

という思いが不安に打ち勝ちました。

 

ブログを読んでくれる人が現れました。

また、少しでも読者に役立てているという

実感が湧くととても嬉しく

満ち足りた幸せな気持ちになりました。

 

 

<運命のラッキーチャンス>

 

「不思議の国のアリス」のカードは、

従来のタロットで言うと、

「運命の輪」です。

「運命の輪」にはこんな意味があります。

 

【状況が否応なく変化していることを

暗示します。多くの場合は

ラッキーチャンスの到来を告げますが、

思わぬアクシデントの

予兆となることもあります。

運命を感じさせるような

出来事が起こったり、

物事の流れが変化してきたことを

感じたりします。

また、運命の女神は機を逃さず

行動できる人にのみ

微笑むとも言われています】

 

私がインナーチャイルドカードと

出会ったことが、私にとっての

ラッキーチャンスでした。

 

私はインナーチャイルドカードとの出会い

というラッキーチャンスを掴み

作家デビューしました。

またインナーチャイルドカードセラピーの

セラピストになり、

インナーチャイルドカードセラピーの

創始者の公認ティーチャーにもなりました。

 

 

私がいい子の殻を破って、

自分の人生を生きるようになった

物語でした。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。