人生を笑顔で生きる~相手の態度によって生き方を左右されない~

いつも笑顔でいたいですね。人生を楽しく笑顔で生きたいです。人生を笑顔で生きる根底には、「相手の態度によって、生き方を左右されない」という強さがあります。

 

✿ほほえみ✿

エッセイ集『置かれた場所で咲きなさい』の著者である渡辺和子さんは、笑顔についてロバート・バーの詩を引用されています。

 

『ほほえみ』

もしあなたが

誰かに期待したほほえみが

得られなかった時

不愉快になる代わりに

あなたの方から

ほほえみかけてごらんなさい

ほほえみを忘れた人ほど

それを必要とする人はいないのだか

(ロバート・バー)

 

✿私の人生を笑顔で生きるという決意✿

この詩の引用に続いて、渡辺さんは「ほほえみ」について以下のように書かれています。

 

「ほほえむことのできない人への愛の笑顔であると同時に、相手の出方に左右されることなく、私の人生を笑顔で生きるという決意であり、主体性の表れとしての笑顔でした」(『置かれた場所で咲きなさい』より)

 

笑顔で人に接しても、笑顔が返って来る時ばかりではありません。例え笑顔が返って来なくても自らは笑顔でありつづける。渡辺和子さんにとっての笑顔は、相手の出方によって左右される笑顔ではなく、「人生を笑顔で生きる」という決意の表れなのです。

 

「相手の態度によって、生き方を左右されない」という渡辺和子さんの穏やかな強さを感じます。

 

✿相手の態度で生き方を左右されない✿

実は、私がとても頼りにしていた人に、感謝の気持ちを示した時、冷たい敵意さえ感じる事務的な返事が返って来たことがありました。

 

とても情けない気持ちになり、凹みました。その時、『置かれた場所で咲きなさい』の「人生を笑顔で生きる」のエピソードを思い出しました。

 

その人の本心はわかりません。でも、その人には、本当にお世話になり、良くしてもらったことに違いはありません。冷淡で事務的な態度は、残念ですが、感謝していることに違いはありません。それに私は自分の気分に左右された態度を取りたくないと思いました。

 

「私は人生を笑顔で生きる。相手の態度によって生き方を左右されない」と決意すると、落ち込んでいた気持ちがスッキリしました。

 

相手の態度に左右されず、自分の生き方を持っていることは、とても強いことです。そこからうまれた笑顔が、人生を明るく楽しくするのです。

 

【村川久夢ホームページ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。