理解されない苦しみは強烈

人に理解されない苦しみは強烈です。「理解して欲しい!」誰もがそう願います。

 

<原因不明の不調>

10年以上前になるでしょうか、私は体調不良に悩まされていました。典型的な夜型で朝起きが苦手なのに、毎朝4時頃に目が覚めるのです。食欲もありません。「どんな仕事したらこんな肩こりになるの?」とマッサージ師に言われるほど酷い肩こりに悩まされていました。どんな栄養剤を飲んでも身体がだるいのです。

 

<気のせいでしょう>

思い余って、近所の内科を受診しました。体温、血液検査、レントゲン等の検査は、全て異常なしでした。検査結果を見た医師は、「異常なしです。大丈夫ですよ」と言うのです。私が、涙ながらにつらい症状について訴えると、医師は再度検査結果を見て、「大丈夫です。症状は気にしすぎです。気のせいですよ」というのです。私は目の前が真っ暗になったように感じました。

 

<鬱だった>

数週間後、心療内科を受診して、私は鬱を患っていることがわかりました。その時、ものすごくホッとしたことを覚えています。鬱であることは、喜ばしいことではありませんが、つらい症状の原因がわかったのです。つらい症状を訴えても、「気にしすぎ」「気のせい」と言われることほど、つらいことはありませんでした。今、思い出すと、怒りすら感じます。

 

<理解すること>

あれから10年以上の歳月が流れました。紆余曲折ありましたが、私は信頼できる現在の主治医に出会うことができました。主治医が私の言葉に真剣に耳を傾け、私のつらい症状を理解しようとされていたのを感じました。心からほっとしました。主治医の真剣な態度に「今度こそ治る」と感じたのです。今では鬱は寛解し、鬱になる前以上に元気になりました。

 

理解されない苦しみは強烈です。同時に、人を理解することは大変なことです。真剣勝負なのです。理解されなかった苦しい出来事を振り返り、覚悟を持って、人の心に寄り添い、理解できるセラピストでありたいと改めて思います。

 

 

【村川久夢ホームページ】

 

✿『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』はこちらから✿

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙の本は、1,000円(送料込み)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。