リーディングに迷った時に確認すべき2つのこと~自分の「正解」に従う~

インナーチャイルドカードでも

タロットでも

リーディングをしていると

「これでいいのかな?」

と不安が頭をよぎることがあります。

 

 

<「皇帝」の足の意味は?>

 

私はタロットを使って

リーディングする時も

インナーチャイルドカードを使う時と

同じようにまず絵の見え方を

クライアントにお尋ねします。

 

    *タロット「皇帝」

 

タロットでリーディングした時

「皇帝」を引かれたクライアントが

「『皇帝』の足が気になる」

言われました。実はその時、

私も「皇帝」の足に目が行きました。

 

インナーチャイルドカードでは、

「皇帝」は「裸の王様」です。

インナーチャイルドカードの解説書も

タロットの解説書も何冊か

読みましたが、

「皇帝」の足に関する記述を

私は思い出せませんでした。

 

 

<地に足をつける>

 

その時、私は「足元を固める」

「地に足をつける」という言葉を

思い出しました。

 

「『足元を固める』『地に足つける』

という言葉がありますが

思いあたることがありますか?」

と尋ねました。

 

私の問いかけにクライアントは、

「確かに『足元を固め』

『地に足をつける』べきことが

たくさんあります」と言って

ご自分が今抱える悩みを

話して下さいました。

 

娘さんが職場に適応できずに

お母さんであるクライアントを

頼って来たこと、

いつの間にか成人した娘を

甘やかしてしまっていること等を

話して下さいました。

 

 

<「男性原理」と「女性原理」>

 

私は鏡リュウジさんの

『実践タロットリーディング』の

「皇帝」の項に書かれていた

「男性原理」と「女性原理」の

エピソードを思い出しました。

 

異年齢の子どもが

野球をして遊んでいた時、

年少の子どもが三振したのが悔しくて

泣き出しました。

「年下だから、もう一度やらせてあげよう」

という少年がいたのに対して、

リーダー役の少年は

「ダメだよ、ルールはルールだから」

と言ったのです。

 

「男性原理」と「女性原理」を

理解しやすいエピソードです。

そして、どちらが大事ということではなく、

「男性原理」「女性原理」どちらも

必要であるとことを示しています。

 

「皇帝」のカードのこのエピソードを

クライアントにお話すると、

クライアントは大変納得されました。

 

職場に適応できずに頼って来た娘を

受け入れることも必要であり、

娘が自立できるように

「足元を固め」「地に足をつける」時が

来ているのだと感じられたようでした。

 

 

<自分の「正解」に従う>

 

「皇帝」のカードの

皇帝の足の解釈は私の解釈です。

クライアントが皇帝の足に

注目され、私の解釈で

リーディングを進めた時、

一瞬「これでいいのかな?」と思いました。

 

でも、私は上記のような

リーディングの論拠を持っていました。

そして、解釈に絶対的な『正解』はない」

と言うことを知っていました。

 

インナーチャイルドカードセラピーでも

タロットでも、私はカードを

クライアントが、自分が抱えている問題を

整理して解決するツールとして

使っています。

 

リーディングに迷った時は、

自分のリーディングの論拠を明確にする。

解釈に絶対的な「正解」はない。

この2つことを再確認します。

そして自信をもって

私の「正解」に従います。

 

 

 

<関連記事>

*「これが正解!」ってないんだ!~鏡リュウジ「ケルト十字法深堀研究」レポ~

*「正解」なんてないんだ!~中川龍さんのタロット0マスター講座1日目~

*「これが正解!」ってないんだ!~大アルカナ9:白雪姫~

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。