いい人仮面と腹ペコ星人

新緑を吹き抜ける風が爽やかなある日、

いい人仮面がお昼ごはんを食べていると

知り合いの腹ペコ星人がやって来ました。

 

「いい人仮面、

美味しそうなお昼ごはんだね。

僕はお腹がペコペコなんだ。

きみはいいね。

いつも美味しそうなものが食べられて

幸せだね」と腹ペコ星人が言いました。

 

「腹ペコ星人、僕が作ったスパゲッティは

美味しいよ。食べていかないかい?」

といい人仮面は食事を勧めました。

 

「いやいいよ。スパゲッティはカロリーが

高いから食べないんだ」と言って

腹ペコ星人は帰って行きました。

 

数日後、いい人仮面がお昼ごはんを

食べていると、

また腹ペコ星人がやって来ました。

 

「いい人仮面、

美味しそうなお昼ごはんだね。

僕はお腹がペコペコなんだ。

きみはいいね。

いつも美味しそうなものが食べられて

幸せだね」と腹ペコ星人が

同じことを言いました。

 

「腹ペコ星人、いい人印のハンバーガーは

美味しいよ。きみも食べないかい?」と

いい人仮面が勧めました。

 

「いやいいよ。僕は添加物が入っている

市販のハンバーガーは食べないんだ」と

言って腹ペコ星人は帰って行きました。

 

そのまた数日後も、

そのまたまた数日後も、

度々腹ペコ星人はやって来ました。

 

いい人仮面が、カレーを勧めると、

「辛いからイヤ」、

サンドイッチを勧めると、「パンは嫌い」、

おにぎりを勧めると、「ご飯が嫌い」と

言って何も食べませんでした。

 

でも必ず、

「僕はお腹がペコペコなんだ」と言うのです。

 

そしてある日、

お腹がペコペコになった腹ペコ星人は

怒った表情でいい人仮面に言いました。

 

「いい人仮面!僕はお腹が空いて

とても辛いんだよ!

きみはそれでも平気なんだね!

自分さえ幸せだったら良いんだね!」

 

いい人仮面は驚きましたが、

腹ペコ星人にこう言いました。

 

「腹ペコ星人、きみはお腹が

ペコペコなんだね。

僕はきみのために料理を作ったり、

食べ物を買って来てあげらるよ。

でもね食べるのはきみしかできないよ」

 

「いい人仮面!僕が苦しんでいるのに

よくそんな酷いことが言えるね!」

と腹ペコ星人はカンカンになって怒りました。

 

いい人仮面は、腹ペコ星人とは反対に

落ち着いていました。

 

「腹ペコ星人、

きみはお腹も空いているけれど、

もっとペコペコに飢えているのは

きみの心じゃないかい?

きみの心に生きる糧を与えるのは

きみしかできないよ。

僕はきみの心の飢えを

満たすことはできないんだよ」

 

と、いい人仮面は穏やかに言ったのでした。

 

 

<オシマイ>

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。