香りと記憶~白百合の香り~

香りは記憶とダイレクトに

結びついているように思う。

 

蚊取り線香の香りは夏を、

金木犀の香りは秋や文化祭を、

灯油を焚く香りは冬を、

沈丁花の香りは春、卒業を。

 

香りは過去のワンシーンを

鮮明に思い起こさせる。

 

私が幼い頃、

母が物干しの片隅に白百合を育てていた。

西日がカンカン照りの狭い物干しで、

小さな植木鉢に植わっている白百合は、

今から思うと貧相だった。

 

でも、私は清楚な白百合の花と香り、

とりわけその香りが大好きで

毎年咲くのを楽しみにしていた。

 

それからもずっと白百合は、

私の好きな花の1つだった。

百合の香をかぐと心が落ち着いた。

 

ところが私の白百合へのイメージを覆す

大事件が起こった。

夫の急死だった。

 

夫の葬儀には、たくさんの方が

供花して下さった。

供花には高価な大量の白百合が

使われていた。

葬儀場は白っぽい花、

白百合や白菊でうめつくされ

白百合の香が強く漂っていた。

 

葬儀後は頂いた花を自宅に持帰り、

祭壇の前に飾った。

部屋中が花だらけになり

自宅でも白百合が強く香っていた。

 

香は記憶とダイレクトに結びついている。

 

私はそれから百合の香をかぐと、

夫の葬儀やその時の苦しかった思いが

フラッシュバックするようになった。

花壇や鉢植えなどの花はそうでもないのに

花束等に使われている白百合が

全くダメになった。

 

夫の死から9年経って、

少しずつ私のダメージも回復したようで

お花が美しいと感じられるようにはなって来た。

 

でも自分から進んで白百合を買い求めたり

その花や香を楽しむことはまだできない。

 

それは仕方がないことだ。

夫の死は私の人生の一大事件だから、

そのダメージは、

そんなに簡単に消えはしない。

 

もっと歳月が流れたら、

「大好きだった白百合の香が

辛くなった時期があったな」

と自分を振り返れる日が来るのだろうか?

香りと記憶、

白百合の香りへの思いを書き綴りました。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

自分の心を癒す方法を知る

大阪府北部地震で激しい揺れを感じ、

ちょっと心がゾワゾワしてしんどくなりました。

 

文章を書いて気持ちを整理することが

私はとても好きなので、

自分の気持を書出して、

ゾワゾワしてしんどい自分の心を

整理しようとしました。

 

でも、書いても書いても

なんか違うんですよね。

ほっとできない・・・。

 

「なんでやろう・・・」

とちょっと戸惑っていました。

 

私が常々自分の気持ちがわからなくて

しんどい時にまずやってみること、

それは「眠る」ことです。

眠りは心も身体も休めてくれます。

 

その次にすることは

お気に入りの飲物を用意することです。

私はコーヒーを立ててみました。

 

スイーツも用意して

コーヒーと一緒に頂きました。

 

だいぶ気持ちが楽になりました。

 

友だちが心を落ち着かせるのには、

アロマが効果的だと投稿していたのを

思い出しました。

そこで、お気に入りのオレンジスイートの

エッセンシャルオイルを

数滴ティッシュに含ませ、

香りを吸い込みました。

スーと気持ちが楽になりました。

 

お気に入りのアコースティックギターの

CDを聞くと心に響くように感じました。

 

 

「そっか、心がフリーズしていたんだな」

と思いました。

 

心がフリーズしている時は、

心にも身体にも休息を与えて、

心と身体が喜ぶ贈り物を

与えてあげることが大事なんだと感じました。

 

自分の心を癒す方法を知っていることは

大事ですよね。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

心がまだ揺れている

大阪府北部地震があって、

京都もけっこう激しく揺れた。

 

揺れていたのは数十秒だと思うけれど、

長く感じた。

 

揺れが治まった。

私も父も3匹の猫も無事だった。

家の周りも特に問題ない様子だった。

ライフラインもいつも通りに機能している。

 

大阪府北部地震の報道を見ながら、

父と昼食を取った頃には、

私は普通に戻っていた。

 

午後の用事も済ませて、夕食も終えて、

やれやれと思った頃から、

心がゆらゆらし始めた。

 

普段、機嫌よく穏やかにしている心が

揺さぶられている感じだ。

 

「心の地震やろか?」

 

今朝、激しい揺れの中で

「死ぬかもしれん」

と思ったことで、

私の心の奥底に沈めた「死」が姿を現した。

 

阪神大震災の激震が甦った。

地震の後、当時勤めていた中学校の上空を

被災されて亡くなった方を運ぶ

ヘリコプターが飛んでいたことが思い出された。

 

そして、9年前に社員旅行先の山梨で、

突然に亡くなった夫のことをが、

改めて悲しく思い出された。

「大丈夫だった?」

「怖かった!」

と言いたいけれど夫はもういない。

 

深夜に短いけれど激しい余震があった。

「私は90才の父と猫3匹連れて、

どうして避難したらいいんかな・・・」

 

恐怖とも悲しみとも戸惑いとも

何とも説明のつかない気持ちで

私の心がゆらゆらした。

 

心がまだ揺れている。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>