好きになって何度もトライして!

今年はサンマが不漁だそうですね。私は魚好き、背の青い魚が特に好きなので気になります。

  

先日、定食屋さんで「サンマ定食」を食べました。焼きたてのサンマ運ばれて来たので、中骨に沿って箸を入れて、身を開き、身や肝も頂きました。脂が乗っていてとても美味でした。ほんと骨に僅かに残っている身を舐めたいくらいに美味しかった。私が食べた後のサンマは、「ニャンコちゃん、ごめんなさい状態」だったのです。

 

サンマ定食

 

私が自慢できることはあんまりないのですが、魚を上手に食べることは自慢出来ると思います。なぜ魚好きで、魚を上手に食べられるかというと、同居していた魚好きの父方の祖母の影響が大きいと思うのです。

 

   

祖母の母(私の曾祖母)は、魚の行商をしていたそうです。曾祖母の影響なのか、祖母は魚好きで、魚料理も上手でした。私が幼い頃、仕事が忙しかった母に代わって、祖母が料理をしていました。よく美味しい魚の煮付け等を料理してくれたものです。

 

曾祖母の魚の行商の話しを聞きながら、祖母と魚を食べたことをぼんやり覚えています。祖母は、本当に上手に綺麗に魚を食べていました。私は、なんとなく祖母の真似をしているうちに、だんだん上手に魚を食べられるようになったのでした。

  

祖母は鰈の塩焼きを食べた時、最後に残った骨に熱いお湯を注いで飲んでいました。サンマや鰯の肝が美味しいことも祖母が教えてくれました。鰈の煮付けはエンガワが美味しいこと、お祭りの時に祖母が炊いてくれる鯛は目の周りや唇や目玉が美味しいこと等々、祖母から自然に教わりました。

 

鯛のあら煮

「美味しいと思うけれど、魚は骨を取るのが面倒だから嫌い」「味は好きだけれど、上手に食べられないからイヤ」という方もいらっしゃると思います。

 

 

私が魚を上手に食べられるのは、魚を食べる機会が多く、魚が美味しいことを知っているからだと思います。

 

ちなみに父や弟は、祖母や母に魚の骨を取ってもらっていたので、魚を上手に食べられないし、魚嫌いです。

 

祖母と魚を食べたこと等を懐かしく思い出しながら、魚の食べ方一つ取っても、「好きであること」そして「経験を重ねることが大事なんだな」と感じました。

 

好きだけれど、上手くできないことも同じです。好きになって何度もトライして下さいね!

  

  

  

【村川久夢ホームページ】

✿『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』はこちらから✿

新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、村川久夢が「年だから」「今さら遅いから」など様々な心の制限を外し、他の誰かのためではなく、自分の心が望むことにしたがって生きるようになった軌跡を描きました。私が自分軸で生きられるようになった成長の課程を描いています。

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙の本は、1,000円(送料込み)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

   

*----------*

  

*村川久夢ホームページトップには、新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』に頂いた感想を多数掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。