去っていった友だちへ

<マイナス思考の循環だった困った人>

鬱が酷かった頃、私は本当に暗くて重くてしんどい困った人でした。いつも身体が重ダルく、身体を横にして息をしているだけでも、身体が鉛のように重く感じていました。

  

起きていられずベッドで横になると、すぐに眠ってしまいます。薬の副作用もあったのでしょう。昼間は死んだように眠り、人が眠りに就く頃になると、今度は目が冴えて眠れませんでした。ベッドで寝返りをうち悶々としました。

  

発病してあっという間に昼夜逆転生活に陥りました。そんな身体症状や昼夜逆転生活でまともな思考が出来るわけもなく、頭の中はマイナス思考の循環でした。

 

 

<ただ一人の味方>

人が私の悪口を言っている。友だちが私を嫌っている。私は悪く噂されている。みんなに攻撃されている。そんな妄想に囚われて、他人に会うことが恐怖でした。宅配便を受け取ることさえ出来ずに寝室に引きこもっていたのでした。

 

友だちがどんどん離れて行きました。そんな時でも私を心配して、いつも私の話を聞いて味方になってくれた友だちがいました。病気でつらかったとは言え、私はその友だちにべったり甘えて頼り切っていました。

 

<頼るのは私じゃないよ>

ところがある日、粘り強く私を支えてくれた友だちが、言いました。

「久夢ちゃんが頼るのは私やないよ。お医者さんとかカウンセラーさんとか、専門家に相談するべきなんや。意地悪で言っているんと違うよ」

   

そう言って友だちは私と距離を置き、去って行きました。その時は強烈なショックでした。自分が抜け殻になったように寂しく感じました。

 

 

<ごめんね!そしてありがとう!>

でも今は、その友だちにこう思います。「ホンマにありがとう。そして、ごめんな。私、ホンマに困った人やったやろ」それ以外に言葉がありません。

 

友人が言うように、重い鬱に悩んでいた私が頼るのは、メンタルな病気のプロであるお医者さんやカウンセラーなのです。いえ、頼ると言うより、医師やカウンセラーに相談して、自分から治そうとする姿勢が私には必要だったのです。鬱で苦しんでいる私から離れていくのは、友だちにとってもいい気持ちではなかったはずです。

 

私は友だちが去って行って、やっと目が覚めました。本気で「病気を治そう!」と決心できたのです。友だちには心から「ありがとう」と言いたいです。

 

<去って行った友だちへ>

 

去って行った友だちへ

 

去ってくれてありがとう。

あれ以上あなたの負担になって

あなたを傷つけずにすんだから。

 

堪忍してな。

私、ホンマに困った人やったやろ。

でも今は、私こんなに元気になったよ。

    

そして自分の信じた道を歩んでいるよ。

   

 

村川久夢

 

 

<関連記事>

*疑心暗鬼から抜け出すための3つの質問不信克服~

*村川久夢プロフィール

*村川久夢著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』1章無料公開中

*村川久夢著『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を乗り越えた私からのエール』

 

          

【村川久夢ホームページ】

✿村川久夢著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』✿

新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、村川久夢が「年だから」「今さら遅いから」など様々な心の制限を外し、他の誰かのためではなく、自分の心が望むことにしたがって生きるようになった軌跡を描きました。私が自分軸で生きられるようになった成長の課程を描いています。      

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

 

  *紙の本は、880円(送料180円)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

    

*----------*

*村川久夢ホームページトップには、新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』に頂いた感想を多数掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA