人目や世間体を気にせず行動するための5つのステップ

「久夢さんは毎日楽しそうね?いろんなことにチャレンジしたり、行動力があるね!」とよく言われます。

確かに今はやりたいことをやって、毎日を楽しく過ごしています。でも、ほんの数年前まで、人目や世間体ばかり気にして、生きづらさに悩んでいました。

今日は、私が人目や世間体を気にせず、自分のやりたいことをできるようになった経験をお話しますね。現在に到るまで5つくらいステップがありました。

  1. 自分の気持ちを見つめた
  2. 本当にしたいことをみつけた
  3. 今の自分でもできることをした
  4. 行きたい場所に行き、会いたい人に会った
  5. 「どうせ私なんか」という心の制限を外せた

 

1、自分の気持ちを見つめた

自分で言うのもなんですが、私は本当に真面目で一生懸命だったんです。真面目なことも、一生懸命なことも良いことですが、何に対して真面目で一生懸命だったかが問題なのです。

私は、世間一般に対して真面目で一生懸命でした。自分の本音を押し殺していたのです。自分が自分の本音を押し殺していることにすら気づいていませんでした。私がそんな自分に気づいて、自分の心をじっくり見つめるチャンスをくれたのが、インナーチャイルドカードセラピーでした。

私が自己解放する第一段階は、人目や世間体を取り除いて、自分の気持ちをじっくり見つめることでした。

 ※インナーチャイルドカードセラピーとは

 

2、本当にしたいことをみつけた

自分の気持ちを見つめると、次第に自分がやってみたいことが見えてきました。ハンドメイド作品の販売、外国一人旅、自分の狭い世界を破ること、行動的になること、外国語学習、小説の執筆等々でした。

具体的なことと抽象的なことが入り混じっていましたが、自分が何をしたいのかが、少しずつ具体的に見えてきました。

 

3、今の自分でもできることをした

自分がしたいことの中で、今の自分でもできそうなことを、やり始めました。オンライン英会話、手作り市への出展、インドネシアへの一人旅、ブログやSNSの開始、おっかなびっくりでしたが、行動を開始しました。

「今の自分でもできること」とハードルを下げたことが良かったようです。「私でもできるかも知れない」と思うと意欲が湧きました。低いハードルでも、越えることができると、とても嬉しく、達成感が湧きました。

 

4、行きたい場所に行き、会いたい人に会った

ブログやSNSを始め、交流を重ねると、行ってみたい場所や会いたい人ができました。電子書籍を出版するために東京の出版スクールに入り、自分や自分の作品を知ってもらうためにセルフブランディングの塾にも入りました。

行きたい場所に行き、沢山の人から刺激を受けました。行きたい場所に行けば行くほど、会いたい人に会えば会うほど、私の世界は広がりました。

ガンガン行動しました。私を悩ませていた自意識過剰や「ねばならない思考」は、いつの間にか、姿をけしていました。主体的に行動することが、私をたくましくしてくれました。

 

5、「どうせ私なんか」という心の制限を外せた

人の目や世間体ばかり気にしていた頃、私は自分の長所や可能性を感じることができませんでした。「どうせ私なんか」という諦めに囚われていました。

でも、実際に行動を始めると、思いの外、自分には、能力があることを実感しました。「どうせ私なんか」「私にはムリ」「年だから」「才能がないから」と自分の心に制限ばかりかけていたことに気づいたのです。

心にかけていた制限を外すと、案外、いろんなことができるものです。自分の可能性に驚くほどです。

 

エッセイ集を出版したり、インナーチャイルドカードセラピーのセラピストになったり、インナーチャイルドカードセラピー創始者の公認ティーチャーになったり、自分のインナーチャイルドカードセラピーの教室を開いたり、ボイストレーニングを始めてライブで歌ったり、自分のオリジナル曲を作ったりしました。近日中には、2冊目の本も出版します。

本当にやりたいことをして、毎日を楽しく過ごしていますが、それはここ5年ほどのことです。振り返って、人目や世間体を取り除いて、自分の心をじっくり見つめる機会を得たことが、本当に大きかったと感じます。

ここに書いた5つのステップ、私が自分の心にかけた制限を外した課程が、あなたの役に建てることを願っています。

 

 

【村川久夢ホームページ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。