スキルが全部身についてからスタートしようなんて考えは馬鹿げている!

私は昔、編物作家になろうと思った

時期がありました。

でも、諦めてしまいました。

 

私が編み物作家になるのを

諦めた理由はいろいろありますが、

理由の1つに「編み図が描けない」

ということがありました。

今振り返ると、

「頭が硬くて、

柔軟な考え方ができなかったのだな」

と思います。

 

最近、Youtubeを見て、

可愛い帽子を2つ編みました。

その動画を投稿されているHさんは、

素敵な動画をたくさんアップされていて、

チャンネル登録者は

16万人いらっしゃいます。

Hさんは、「編み図が描けません」

と動画の中で言われていました。

 

 

私は編物作家になることは諦めましたが、

今も編物は好きで、

ブログに「ハンドメイド」の

カテゴリーを持っています。

 

皮肉なもので書物の作家になった今、

私のブログで一番検索されているのが、

「久夢オリジナル

ひまわりのアクリルたわしの編み方」です。

 

私は編み図が描けないので、

編み方を全て言葉で書きました。

編物を始めて、

「アクリルたわしくらい編んでみたい」

と思った人には、

編物記号で描かれた編み図より、

私が言葉で説明した編み方が

わかりやすかったようです。

ちなみにアメリカやイギリスの編み図は、

言葉で説明するタイプです。

 

先日、自宅で編物お茶会をしましたが、

私が編み図を描けないことは、

お茶会するのに

何の問題にもなりませんでした。

 

今は、ただ編物を楽しめたらいいと

思っているだけですが、

編物作家になりたかったあの頃、

まずはガンガン自分の作品を

編んだら良かったと思います。

 

編み図なんか描く必要に迫られた時に

必死に練習して描けばよかったのだ

と思います。

編み図が描けなかったら、

言葉で説明したらよかったのです。

動画を使っても良かったのです。

私は編み図を描くスキルがないことを、

編物作家を諦める理由の1つに

してしまいました。

 

でもインナーチャイルドカードセラピーに

出会い、すぐに諦める傾向や

思い込みを手放すことができたので、

私もずいぶん柔軟になりました。

 

文章を書く作家の方は諦めません。

自分のエッセイや小説を

毎日書き続けています。

その途上で必要となるスキルがあれば、

その時、その時に学んでいます。

 

最近、つくづく思うんですよね。

「まずはやってみて楽しむことだ!」と。

楽しいからもっと上達したくなって、

上達できたらそれが嬉しくて

もっとやってみたくなるんだと思うんです。

やっている内にスキルが身につくのです。

スキルが全部身についてから

スタートするなんて考えは

馬鹿げていると思います。

 

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿セッションのお申込みは下記フォームから

<セッションメニュー>

・新規30分体験コース(¥3,000)

・90分コース(¥10,000)

<お申込みフォーム>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。