ひまわりのアクリルたわしを編みませんか?

こんにちは。

作家でインナーチャイルドカードセラピストの

村川久夢(むらかわくむ)です。

    

私は一時編み物作家になろうとしたくらい編み物が大好きです。特にかぎ針編みが好きです。かぎ針編みは、基本的に糸とかぎ針があれば、作品を編むことができて、なんだか魔法のように感じます。

 

今日はアクリル毛糸でひまわりのアクリルたわしの編み方紹介します。鎖編み、細編み、長編みができればひまわりのアクリルたわしが編めます。

 

【久夢風ひまわりの編み方】

<用意するもの>

アクリル毛糸(茶、黄、緑)かぎ針7号、とじ針

 

<編み方>

茶色のアクリル毛糸で「わ」を作る。

1段目:鎖1で立ち上がり、細編み6を編み、引き抜く(細6目)

2段目:鎖1で立ち上がり、前段の細編み1目に細編み2目の増し目を6回編み、引き抜く(細12目)

 

3段目:鎖1で立ち上がり、増し目1回、細編み1回を6回繰り返し、引き抜く(細18目)

 

4段目:鎖1で立ち上がり、増し目1回、細編み2回を6回繰り返し、引き抜く(細24目)

 

(糸を黄色に替える)

5段目:鎖1で立ち上がり、前段の細編みに1目ずつ細編みを編み、引き抜く(細24目)

 

6段目:鎖3目で立ち上がり、鎖の根本に長編みを5回編む。隣の細編みを1目飛ばし、その隣の細編みに引き抜く(最初の花びら)

その隣の細編みに長編みを6回編み1目飛ばした細編みに引き抜く(花びら1枚)

長編み6目、一目飛ばして引き抜く花びらを全部で8枚編む

糸を緑に替える)

 

最初の花びらと8枚目の花びらの間に糸を付け、糸を付けたところに引き抜く。とじ針で糸の始末をして出来上がりです。

 

上の画像の茶色の部分は、手持ちの極太のアクリル毛糸で編みました。100均等で売っているアクリル毛糸は、並太が多いので並太でも編んでみました。

 

並太で編むと直径11cmくらいのひまわりの花になりました。

アクリルたわしとしては少し小ぶりです。パソコンのホコリ取りに使ってもいいかも知れませんね。細い糸で編んで、ブローチピンやパッチンピンに付けたら、可愛いブローチや髪飾りになると思います。

     

編み図が書けないので

編み方の説明になりました。

とても簡単に編めるので、

良かったら編んでみてくださいね~♪♪

 

*----------*

 

*私の新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』の1項1章には、「不器用だ!」と思い込んでいた私が、編み物の楽しさを知る様子や作品を編み上げる達成感が、当時一進一退で良くならなかったうつ病の治療に効果を発揮した様子を描いています。

『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』(1章1項無料公開中)

 

   

【村川久夢ホームページ】

✿『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』はこちらから✿

新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、私が「年だから」「今さら遅いから」など様々な心の制限を外し、他の誰かのためではなく、自分の心が望むことにしたがって生きるようになった軌跡を描きました。私が自分軸で生きられるようになった成長の課程を描いています。

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙の本は、1,000円(送料込み)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。