鬱と闘うあなたへ!配偶者の死に苦しむあなたへ!

こんにちは、村川久夢です。

私の肩書は、「鬱・夫の死を克服した作家

&インナーチャイルドカードセラピスト」です。

 

私の肩書は、

心の病や愛する人の死に苦しむ方へ、

「同じ苦しみを乗り越えた私が、

ここにいるよ!」というメッセージを込めた

肩書です。

 

鬱やパートナーの死の苦しみを

理解されない孤独に悩む方々に

私をすぐに見つけて頂くための

わかりやすい目印なのです。

 

今日は私の肩書について

説明させていただきます。

 

<鬱や夫の死を売り物にするの?

~私の肩書~>

 

鬱経験や夫の死を売り物にするの?

 

「鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト」

と言う肩書を名乗ることになった時、

私はそんな強い抵抗を感じました。

 

当時の私にとって鬱や夫の死は、

一番触れたくないことでした。

 

その頃私は

作家になる夢を叶えるため、

東京にある電子書籍出版スクールと

かさこ塾に通っているところでした。

 

出版スクールやかさこ塾で

自分の経歴を洗い出す作業をしました。

スクールの先生からも

かさこ塾塾長のかさこさんからも

私の経歴で特筆すべきことは、

鬱経験と夫の死であることを

アドバイスして頂きました。

 

その時は正直のところ、

最初のエッセイ集を読んで欲しい一心で

鬱経験や夫の死についてエッセイを

書きました。

 

<私を苦しめた孤独>

 

鬱や夫の死について書くと、

鬱の急性期の地獄の苦しみ、

夫の死による圧力のような苦しみ、

その頃の感情がリアルに蘇ってきました。

 

でも、書き進めると私を苦しめた

もう一つのことが浮かび上がって来ました。

 

それは「孤独」です。

 

なかなか鬱の辛さを理解してもらえない。

夫の死の苦しみをわかってもらえない。

「孤独」が私の苦しみを強めたのです。

 

長いね、鬱はまだ治らへんの?

病は気からけっきょく弱いから

鬱になんかなるねんよ!

鬱なんかワガママ病や!

いつまでもメソメソ泣いていたら、

ご主人が成仏できひんよ!

寿命やと思って諦めんな仕方がないよ。

 

弱りきっていた私が頂いた

ありがたくないお言葉は、

これ以外にもいろいろありました。

 

<鬱や配偶者の死、

苦しみを克服した人に会いたい>

 

その頃、私は同じ苦しみを克服して

元気になった人に会いたいと

強烈に思いました。

 

治る希望がほしかったのです。

 

幸い私は

信頼できる医師やヨガの先生に出会い

心身ともに健康になりました。

またずっと諦めていた

作家になる夢を取り戻しました。

そしてこう思いました。

 

<鬱や夫の死を克服した経験を

書くことが私の使命>

 

そうだ!私が鬱や夫の死から

立ち直った経験を書こう!

そして同じ苦しみに悩むひとに

シェアしてもらおう!

それが私の使命なんだ!

 

そう思うようになりました。

 

「鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト」

この肩書は同じ苦しみに悩む方々への

わかりやすい目印なのです。

 

「鬱や親しい人の死に

苦しむ人の役に立ちたい」

と私は強く思っています。

 

<治る希望>

 

私は鬱や夫の死を克服して

毎日元気で楽しく暮らしていることを

こうして毎日発信しています。

 

私が楽しく元気であればあるほど、

鬱や配偶者の死に苦しむ方への

治る説得力になることを

私は知っています。

 

私は村川久夢、

「鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト」

です。

 

*村川久夢初エッセイ集

『大丈夫、きっと乗り越えられる

~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

ご感想・完成報告はこちらから

      ↓

<村川久夢著作紹介>

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。