他人と比べない

あなたは他人と自分を比べて、落ち込んだり、劣等感に囚われたりしたことはありませんか?

 

<自意識過剰人間だった>

私は自意識過剰人間だったので、何かにつけ自分自身を他人と比べ、劣等感を感じ、不安になり、イライラしたりしたものでした。他人と自分を比べることで生まれたネガティブな感情は、私に自己嫌悪や劣等感を抱かせたのです。

     

私がヨガを始めた時もそうでした。他の生徒が難しいアサナ(ヨガのポーズ)を簡単にしているのに対して、私はとても簡単なアサナすらできなくて、よく惨めな思いをしました。

    

 

今考えると、私は初心者なので当然のことなんですよね。それに、それぞれの生徒は全く違う個人的条件や背景を持っているのです、個人差があるのは自然なことなんです。

 

でも、当時の私は劣等感を持ちがちでした。

    

<意識が自分の身体や心に向いた>

そんな私もヨガを習う内にネガティブな感情を自然に忘れるようになったのです。

ヨガで身体を動かすことが楽しくて快適でした。伸ばした筋肉から伝わってくる快さ、胸を大きく開いた快さ、関節が解れる快さ、これらの快い感覚が、私の心を軽く穏やかにしたのです。ヨガは私の身体を柔軟にし、柔軟な身体は私の考え方も柔軟にしたのでした。

 

面白いもので、他人を意識せず、自分の身体の変化に意識を向けて、練習に夢中になる内に、私は難しいポーズもだんだんできるようになったのでした。

 

「他の人からどう思われるのか」ではなく、自分の身体から送られてくる快さに心をむけると、自分の身体と対話できるようになったのです。意識が自分の身体や心に向いたのです。

 

 

<他人と自分を比べなくなると>

私は次第に劣等感から自由になりました。自分に自信を持てるようになったのでした。

 

ヨガでの経験が「自分を他人と比べるのではなく、自分の身体や心に目を向けることが大事だ」と言うことを私に教えてくれました。

 

つい人と自分を比べてしまいますよね?でも、意識を自分自身に向け、自分の身体や心が今何を求めているのかを察知して、身体や心が「快い」と感じるようにすると、自然に人が気にならなくなります。

 

 

<心のヨガ>

ヨガは身体との対話を通して、他人との関係ではなく、自分自身の心に目を向けられるようになります。

 

インナーチャイルドカードセラピーは、カードを使ってあなたの本心と対話します。あなたの意識を人と比べることではなく、自分の内側に向けることができるのです。あなたが本当に望んでいることを知ることが出来るのです。心を自由に出来るのです。

 

ヨガでもインナーチャイルドカードでも、他人と自分を比べるのではなく、自分自身の内側、自分の心に目を向けることが大切なのです。

  

【村川久夢ホームページ】

✿村川久夢インナーチャイルドカードセラピーご案内✿

「村川久夢インナーチャイルドカードセラピー」は、インナーチャイルドカードを使って、あなたの心の奥底にある夢や希望を明確にし、恐れや不安を整理し解決するサポートをします。本心がわからなくなった時、自分の心を見つめ直し整理したくなった時、どうぞ相談にいらして下さい。

 

*----------*

 

✿『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』はこちらから✿

新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、村川久夢が「年だから」「今さら遅いから」など様々な心の制限を外し、他の誰かのためではなく、自分の心が望むことにしたがって生きるようになった軌跡を描きました。私が自分軸で生きられるようになった成長の課程を描いています。

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙の本は、1,000円(送料込み)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

  

*----------*

   

*村川久夢ホームページトップには、新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』に頂いた感想を多数掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA