編み編み病患者です~私の編物遍歴~

街の手芸品店や100円ショップに

毛糸が並ぶ季節になりましたね。

 

私は重度の編み編み病患者です。

何がきっかけで、こんなに編み物に

熱中するようになったのかを考えていました。

 

遠い昔、小学校の高学年の時に、

手芸クラブに入っていました。

小学校の先生に「鎖編み」「細編み」

「長編み」と言うかぎ針編みの基本を

教えてもらいました。

でも、それっきりで編み物は

しなくなっていました。

 

今から8年ほど前に、

私は何を思ったか100円ショップで

綺麗な色のアクリル毛糸を

何のあてもなく衝動買いしてしまいました。

 

 

家に帰って「どうすんの~!?」

と思いましたが、

とりあえずネットで編み方を検索して

編んでみました。

 

小学校の「手芸クラブ」以来の編み物です。

編んでいるうちに、

「『鎖三目で立ち上がり』とかあったよな?」

とおぼろげながら思い出し始めました。

 

ネットの助けもあって、

編んでいると「鎖編み」、「細編み」、

「長編み」、「立ち上がり」等を

だんだんと思い出し楽しくなりました。

 

正方形らしき形を編めたので、

段で糸を変え、目を増やしながら、

円形も編んでみました。

シンプルなアクリルたわしが完成しました。

どうもこれが私の「編み編み病」の

始まりだったようです。

 

その後、私は「あみねこ」を編むのに

夢中になり、あみねこの次は、

マフラー、ショール、ポンチョ、手袋、帽子、

ベスト、チュニックと、どんどん大物に

挑戦するようになりました。

 

<編み編み病の産物>

 

でも実は、私は子どもの頃、

手芸が得意だった祖母や母に

「不器用」「下手」「ドン臭い」と言われ続けて

劣等感に凝り固まっていたのです。

 

作品を作る楽しさも勿論ありましたが、

「やれば出来る!」と実感したこと、

自信を持てたことが

一番嬉しかったのだと思います。

 

「私は、不器用だから…」

「私にはできない…」

と思っていらっしゃるあなた!

やってみたい気持ちがあったら、

まずは編み針と毛糸を買って

チャレンジして見て下さいね~!

 

編み物は楽しいですよ!

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。