ああ、オトーチャン(その2)~愛すべきわが父~

私が幼かった頃、

父は私の手を引いて歩きながら、

「いつになったらこの子は

歩道の段差を越えるようになるかな?」

と思ったそうです。

 

今は、私が父の手を引いて、

「父はいつまで歩道の段差を

越えられるかな・・・」と思います。

 

「命は永遠やないし、

老いは容赦なくやって来るんやな」

とつくづく思う今日このごろ。

幸いまだ父は比較的元気でいます。

 

老人ボケの父と天然ボケの私、

天然父娘で面白おかしく毎日を

過ごしたいものです。

 

 

<自伝>

もうすぐ90才の父が自伝を書いていた。

タイトルを見ると『私の半生』だった。

え?まだ半生なの???

 

 

<杖>

足腰の衰えが激しく日課の散歩が

ままならない父。

「杖ついたら?」と私が言ったら。

「イヤや!そんなん年寄りみたいや!」

と即、却下された。

年寄りやなかってんね、オトーチャン!

 

 

<長生きしてね>

「オトーチャン、元気で長生きしてな」

と私が言うと、

「いやいや、まあ長うても

後10年くらいやろ~」と父。

って100才やん!

 

 

<貯金通帳>

オトーチャン、

「ワシの貯金通帳が盗まれた!」

と言って真夜中に私を起こすの

止めてくれへん?

どこになおしたか忘れただけやろ?

 

 

<カステラ饅頭>

父が「カステラ饅頭食べや~」と言った。

「カステラ饅頭ってなんやろ?」

と思って見たらチョコパイだった。

 

 

<みー>

父は子どもの頃、「みー」という名の猫を

飼っていたので猫好き。

うちの飼い猫のクムを「みーよ~」、

ピユを「みーよ~」、

クロを「みーよ~」と呼んで可愛がっている。

でもな、オトーチャン、

猫はみんな「みー」と言う名前と

違うねんけど・・・

 

 

<先生>

名前を忘れた人はみんな「先生」、

名前を忘れた猫はみんな「みー」と呼ぶ父。

父にとって「先生」は

「みー」同様便利な言葉らしい。

 

 

<カーキ色>

私がカーキ色の上着を着ていたら、

「そんな国防色の服着て、

どこの防空演習に行くんや?」

と父が言った。

本気で言ったのか?

ジョークだったのか?

 

 

<大相撲>

相撲が大好きな父は

相撲放送が始まるとテレビの前に座って

じっと取組みを見ている。

私:「オトーチャン、豪栄道はまだ?」

父:「どやったかいな?」

私:「次はだれの取組み?」

父:「さあ誰やったかいな?」

私:「どっちが勝ったん?」

父:「どうやったかいな?

どっちかが勝ったみたいやで~」

そらそやろ!!!

 

 

<宵っ張り>

11時前に父が私の部屋に来て、

「まだ寝えへんのんか?」と言った。

「まだもうちょっと起きてる」と私が答えたら

「12時頃まで起きてるんか~」

と驚いていた。

ホンマはいつも2時頃まで起きていることは

言わなかった。

こういう時は、多少ボケてくれている方が

助かる宵っ張りな娘でした。

 

 

<毛糸の帽子>

父が毛糸の帽子を被るようになった。

「箪笥の奥からこんな帽子が出て来てん。

誰がくれたんやろ?」

と父が私に尋ねた。

あんなオトーチャン、

それは私がオトーチャンの誕生日に

プレゼントした帽子やで!

 

 

<引き戸>

生協の個配の配達日を

けっこう楽しみにしている父。

配達の日は玄関の引き戸を

ちょっと開けて配達の人を待っている。

私が用事で戸を開閉すると、

「ちょっと開けといて」と父。

私が少し開けると、

「もうちょっと閉めて」と父。

閉めると、

「やっぱりもうちょっと開けて3センチほど」

と再び父。

開けておく何センチかに

何の意味があるのか私にはわからない。

 

 

<風呂上がり>

お風呂から出てきた父が、私に言った。

父:わしの先に風呂入ったんは、おまえか?

私:うん、なんで?

父:排水口に髪の毛がいっぱい

溜まってたがな!!

 

叱られると思って、

謝ろうとする私に父がひとこと言った。

 

父:もったいない!!

 

 

<パラリンピック>

父が、パラリンピック関連の番組を見ていた。

 

私:パラリンピック?

父:ん?ああ、それは、この前、

薬局で買ってきてもろた。

私:…????
父:ちごたかいな?(違ったかな)
私:薬局??
父:ほれ、入れ歯ひっつけるやつと

ちごたかいな?
私:それは、「ポリグリップ」!

 

「パラリンピック」と「ポリグリップ」、
オトーチャン、全然、違うやんか~

 

・・・・・オシマイ・・・・・

(2017年11月8日~11月16日)

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。