【ワンドのガイド】ハーメルンの笛吹き男

インナーチャイルドカードの

「ワンドのガイド」は、従来のタロットでは、

「ワンドのクイーン」です。

 

「なぜ、ワンドのクイーンが、

『ハーメルンの笛吹き男』なのか?」

と疑問に思うことがあります。

 

「ワンドのガイド」だけでなく、

従来のタロットと

インナーチャイルドカードの物語が

結びつかないように感じることが

時々あります。

 

私は、そういう時は、

タロットとの関係にこだわらず、

自分の解釈を持つようにしています。

その解釈に従って、

リーディングを進めます。

 

このブログでは、

「ハーメルンの笛吹き男」の物語を

どのように解釈したかを

お話します。

 

*ワンドのガイド:ハーメルンの笛吹き男

 

 

<「ハーメルンの笛吹き男」あらすじ>

 

ハーメルンの町にはネズミが大繁殖し、

人々を悩ませていました。

ある日、笛吹きが現れ、

報酬をくれるならネズミを退治すると

言いました。ハーメルンの人々は男に

報酬を約束しました。

 

男が笛を吹くと、

町じゅうのネズミが男のところに集まり、

男は川に歩いてゆき、

ネズミを全て溺死させました。

しかしネズミ退治が済むと、

ハーメルンの人々は

笛吹き男との約束を破り、

報酬を払いませんでした。

 

笛吹きはいったんハーメルンの街から

姿を消しましたが、再び現れました。

笛吹き男が笛を鳴らしながら通りを

歩いていくと、子どもたちが

男のあとをついて行ってしまったのです。

子どもたちは笛吹き男の後に続いて

町の外に出てゆき、

市外の山腹にあるほら穴の中に

入っていった。

そして穴は内側から岩でふさがれ、

笛吹き男も子どもたちも

戻ってきませんでした。

(以上、あらすじ)

 

あらすじをかすかに覚えていましたが、

改めて読んでみると怖いお話ですね。

 

 

<インスピレーションの女神>

 

インナーチャイルドカードの作者であり、

インナーチャイルドカードセラピーの

創始者であるイーシャ・ラーナーさんは、

この物語について解説書に

以下のように書いています。

 

「ネズミは、川で清められ

浄化されなければならない町に潜む

ネガティブ思考を暗示しています。

町の指導者たちは、

物質的な価値観から離れられず、

笛吹きに報酬を支払いませんでした。

彼らは創造的で芸術的なパワーを持つ

インスピレーションの女神を

認めようとしなかったのです。

分別のなさと無知のため、

彼らは子どもという形の未来の才能を

失ってしまうのです」

(以上、解説書より)

 

 

<笛吹の発想を認められなかった>

 

みなさんは自分の家にネズミが出たら、

どのように退治しようとされますか?

 

私ならネズミ捕りの罠で捕まえるか、

毒のエサで殺すくらいしか

思い浮かびません。

 

笛の音でネズミをおびき出して、

川に落として

退治するなどという発想は、

とっても思い浮かびません。

 

笛吹き男は素晴らしい

インスピレーションの持ち主なのです。

また実際にネズミを退治した

功労者なのです。

 

でも、町の指導者たちは、

従来の方法で汗水たらして

ネズミを退治したのではなく、

笛を吹いて楽々とネズミを退治した、

笛吹き男のインスピレーションや

彼の発想力を認められなかったのです。

 

 

<インスピレーションを尊重する>

 

私たちの中には物質的なものや、

苦労して汗水たらして

得たものを重視して、

インスピレーションや発想力を

軽視する傾向があるように思います。

 

イーシャさんは解説書の中で、

次のようにも述べています。

 

「笛吹きがリーディングに現れる時は、

独創性があり、創意に富む、

独自の考え方に従う時なのです。

つまりあなたの内なるガイドに

従う時なのです。

あなたを催眠術にかかった状態にする

笛を吹く外部のリーダー

(物質的な価値観から離れられない)

に続かず、

穏やかに繰り返す自分自身の

内なる調べに耳を傾けましょう」

(以上、解説書より)

 

「ハーメルンの笛吹き男」のカードには、

「インスピレーションに従う」

「周りに感化されない」

「自分自身の心の声に耳を傾ける」

という意味があると言われています。

 

それは「ハーメルンの笛吹き男」の

上記のようなエピソードから

生まれた意味なのです。

 

 

<リーディングの根拠を持つ>

 

インナーチャイルドカードにおける

「ハーメルンの笛吹き男」の解釈を

私のセッションで全て

説明するわけではありません。

 

でも、このカードにこのような背景があり、

「インスピレーションに従う」

「周りに感化されない」

「自分自身の心の声に耳を傾ける」

という意味につながっていることを

知っていると、

説得力のあるリーディングができます。

 

このカードに限らず、

リーディングに絶対的な「正解」は、

ありません。

100人セラピストがいたら、

100通りのリーディングがあります。

 

私はリーディングする時、

1、自分のリーディングの

根拠をしっかり持ち、

2、絶対的な「正解」はないので、

自分の「正解」に従っています。

 

 

<関連記事>

*インナーチャイルドカード物語

インナーチャイルドカードの意味や

セッションの様子を描いた物語集です。

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。