【英詩】”Like Barley Bending”~ 身を撓めている大麦のように~

私は散文的な人間なので

あまり「詩」に興味はありません。

でも時々思い出す印象的な詩があります。

高校の英語の教科書に載っていた

英語の詩です。

 

タイトルは、“Like Barley Bending”

「身を撓めている大麦のように」です。

短くシンプルな詩ですが、

力強く元気づけられます。

ご紹介しますね。

 

 

“Like Barley Bending”

 

Like barley bending

In low fields by the sea,

Singing in hard wind

Ceaselessly;

 

Like barley bending

And rising again,

So would I, unbroken,

Rise from pain;

 

So would I softly,

Day long, night long,

Change my sorrow

Into song.

(Sara Teasdale、1884 – 1933)

 

 

「身を撓めている大麦のように」

 

海のそばの低い畑で

身を撓めている大麦のように

激しい風のなかで歌おう

たえまなく

 

身を撓めている大麦のように

ふたたび立ち上がる

私も同じ、くじけはしない

苦しみから立ち上がれ

 

そして私も麦と同じように

そっと穏やかに優しく

昼の間も夜の間も

私の悲しみを歌に変えよう

(訳詩 村川久夢)

 

 

作者は、サラ・ティーズデール

(Sara Teasdale、1884年 – 1933年)

アメリカの女性詩人で

ミズーリ州セントルイス生まれです。

 

日本では韓国のテレビドラマ

『冬のソナタ』第13話で

彼女の作品『The Flight』

(『Love Songs』 所収)が

引用され知名度が上がったようです。

 

「麦」は「踏まれて強くなる」のように

逆境にあっても強く生きる象徴のような

植物ですね。

 

身を撓めて海風に耐える

大麦に自らを例え

「私の悲しみを歌に変えよう」

と書いたサラのシンプルで力強い詩に

高校生だった私は

感じるものがあったのでしょうね。

あれから約40年経った今も

簡潔で力強い詩だと思います。

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。