二度の子宮筋腫手術を乗り越えて~子どもはいないけれど幸せです~

私は26才の時に子宮筋腫になり、

筋腫だけを取り除く手術を受けました。

でも、またすぐに新しい筋腫ができ、

重度の月経困難症に陥りました。

 

長い間、子宮筋腫と

月経困難症の治療を続けましたが、

生理痛の痛みが酷くなるばかりなので、

40才の時に全摘手術を受けました。

 

初潮から長い長い間、

苦しみ続けた生理痛と

おさらばできたので、

私は清々した気持ちでした。

 

 

✿私を戸惑わせた慰め&励ましの言葉✿

 

私は特に子どもが

欲しかったわけでもなかったので、

子宮を取って子どもを生めなくなったことに

特別な感情はありませんでした。

 

ところが、

「久夢ちゃん、聞いたよ~可哀想に!」

*え?清々していますけれど。

 

「これで女の幸せとは遠くなるけれど、

仕事に専念できるやん」

*は?女の幸せって何ですか?

 

「旦那さん、理解あるな~感謝しなあかんよ」

*夫とは話し合いましたが、

私が感謝せなあかんことでしょうか?

 

という思いもしなかった

慰め励ましの言葉をもらいました。

 

 

✿心無い言葉✿

 

私が全摘手術を受けたのは、

今から20年くらい前ですが、

「女は子どもを生んで一人前」

というような全近代的な考えが

まだ根強かったです。

 

「子どもを生めない女は半人前」

「子どもを生んだこともないくせに」

「子どもがいない女は黙ってろ」等の

言葉を平気で言い放つ人が

けっこうたくさんいました。

 

私は全摘手術で

つらい生理痛とおさらばでき、

清々していたし、特に子どもが

欲しかったわけではないのですが、

だんだん心無い声にプレッシャーを

感じるようになりました。

 

「子宮」「妊娠」「出産」「育児」「お母さん」

という言葉や話題を無意識に

避けるようになりました。

そして、無意識に自分は女性として

半人前なのだと思い込むようになりました。

 

それから、もう一つ私を悩ませたのは、

「子どもを欲しがらない女なんて

人間としておかしい」という圧力でした。

 

 

✿選ぶのは本人でしょ!✿

 

子どもが欲しい人もいるでしょう。

私のように特に欲しくない人もいるでしょう。

子どもが欲しいのに

授からない人もいるでしょう。

病気で生めない人もいるでしょう。

子どもは欲しいし、生めるし、

でも経済的理由等で生めない人もいるでしょう。

 

個人の事情は様々ではないでしょうか?

女性の存在意義は

子どもを生むことだけですか?

男性も女性も自分の生き方を選ぶのは、

本人じゃないですか?

 

「子どもを生めない女は半人前」

「子どもを生んだこともないくせに」

「子どもがいない女は黙ってろ」

 

こんなことしか言えないおまえの方こそ

黙ってろって話です。

 

 

✿あなたの価値はあなたが決めるものです✿

 

私が最初に手術を受けた時、

元号は昭和でした。

二度目に手術を受けたのは平成でした。

元号が令和になった現在の若い女性、

特に病気などで子どもを生めない女性を

傷つける風潮はなくなったでしょうか?

 

現在の風潮に疎くなりましたが、

もし子どもが出来ないことや

心無い言葉や社会の風潮に

悩んでいる女性がいたら、

女性を「出産マシン」と勘違いしている

全近代的な風潮に「負けないで!」

と言いたい!

あなたの生き方は、

自信を持ってあなたが選べばよいのです。

あなたの価値は

あなたが決めればいいのです!

 

私には子どもはいません。

夫とは死別しました。

今、私は自分が選んだ道を歩んでいます。

とても満ち足りていて幸せです。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

 

 

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。