No1ホステスの心得から学ぶモテるための3つの秘策

水商売の経験があり、

ホステスやコンパニオンの女性と

接する機会が多かった友人のJさんと

話す機会がありました。

 

その時、どんなホステスさんに

人気があったのかという話題になりました。

 

No1のホステスさんは、

確かに美人や可愛い人が多いそうですが、

容姿だけではなく、

必須の心得があるそうです。

 

 

<No1ホステスの3つの心得>

1、話が上手い

2、ほめ上手

3、アフターサービス等をマメにする

 

 

1、話が上手い

 

話が上手い人は、

話していても楽しいですね。

話が上手いというのは少し抽象的なので、

もう少し具体的に説明します。

 

(1)相手に合わすことができる

(2)話題が豊富

(3)話す相手に合った話題を選べる

(4)相手が話題にしたことを

知らなかったら、

「知らないので教えて下さい」

と言って教えてもらう

 

この4つのことが出来る人は、

上手に会話を弾ませることができるそうです。

 

たくさん話題を持っていて、

相手に合わせてその話題を選び、

相手の得意分野を見抜く。

 

特に男性は(4)の話題にしたこと、

男性の得意分野で、

「知らないので、教えて下さい」

と言われると、

気分を良くする人が多いそうです。

 

 

2、ほめ上手

 

ホステスさんがいるお店などに

客の男性が来るのは、

若くて可愛い女性に接したいという目的も

確かにあるそうですが、

話を聞いて、ほめて気分良くさせて欲しい

という気持ちも強いそうです。

 

どんな人にも得意分野と

不得意分野があります。

「話が上手い」にも共通しますが、

たくさん話題をもっていて、

客の得意分野を見抜き、

そこをほめて、

客の男性にいい気分になってもらうことが、

人気を勝ち取るための大きな要素だそうです。

 

「俺にもチャンスがあるんとちゃうん!」

と客に期待をもたせるそうです。

 

誰でもほめられるのは

悪い気分ではありません。

まして自分が得意に感じている分野で

ほめられるととても気分が良いものです。

 

 

3、アフターサービス等をマメにする

 

私は「アフターサービス」と聞くと、

電気製品購買後のサービスしか

思い浮かびませんでした(汗)

 

水商売で「アフターサービス」と言うと、

自分のお店で客に接待したあと、

次のお店に一緒に飲みに行く、

ラーメン等を食べに行く等の

サービスを言うそうです。

 

この時に、簡単にホテル等には

行かないようにするそうです。

そうなってしまうと、

客はそこで目的を達成して

次につながらないそうです。

 

ユーフォーキャッチャーというゲームを

ご存知ですか?

あのゲームはもう少しで

景品が取れそうなところで、

景品を落としてしまいますよね。

あの取れそうで取れない感にはまって、

お金をたくさん使ったことはありませんか?

 

落とすまでの心理が楽しい。

そういう心理が働くそうです。

客が追いかけてくるように仕向けるのです。

 

 

以上が友人のJさんから聞いた、

「No1ホステスの心得」です。

 

この3つの心得は、

テレビなどで聞いたことがありましたが、

実際に水商売を経験し、

水商売の女性と接していたJさんから

直接くわしく聞けたので、

すごく納得できました。

 

この3つの心得は、

水商売の世界だけに通じることではなく、

好きな人に親しくなりたい人、

人間関係を円滑にしたい人、

ビジネスを成功させたい人にも

応用できる話だと感じました。

あなたの事情に照らし合わせて

活用して下さいね。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカード

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。