自分の夢だと信じていることが嫌でたまらなくなる時にチェックすること

自分の夢だと信じていることが

嫌でたまらなくなることってありませんか?

 

私だったら

ブログを書くのが嫌になることです。

 

私がブログを毎日書き始めて

2年4ヶ月経ちました。

今まで何を書いたらいいのかわからず

困ることはあっても、

ブログを書くこと自体が嫌になったことは

ありませんでした。

 

でも、ここ何週間か

ブログを書きたくない状態が続いています。

 

「心からやりたかったはずなのに・・・」

「大好きなはずなのに・・・」

「楽しくてしかたないはずなのに・・・」

 

戸惑いと書きたくない気持ちばかりが

大きくなり、気持ちが焦り、

パソコンに向かいたくない日が続きました。

 

書くことは私が探し求めて、

やっと取り戻した夢です。

書くことも

私が探していた夢ではなかったのかと、

とても暗い気持ちでした。

 

何故だろう?

 

戸惑い続けて

いくつかのことに気がつきました。

 

まずは疲労です。

私は自分が疲れていることに

気づいていませんでした。

高齢の父の不調や入院、

命に関わるような猛暑は、

予想以上に私の体調に影響していました。

 

次は飽きでした。

私はものすごく凝り性で、

好きなことに夢中になると

毎日毎日一日中そればかりに

かかりきりになってしまうのです。

 

ブログを書くことが楽しくて、

一日中パソコンに向かっていました。

美味しいものを食べることや

何か楽しいことをすることや

人と交流すること等の

書くこと以外の楽しいことそっちのけで、

書くことに夢中になっていました。

 

さすがにどんなに好きなことでも、

そればかりだと飽きてしまいます。

私には適度な気分転換が

必要なことに気がつきました。

 

そして一番大きな原因は、

感動する気持ちが鈍っていたことです。

書いている私が感動する心を失って、

無機質に淡々と書いたブログは、

人に楽しさや感動を伝えることはできません。

 

書くことに必死になりすぎて、

ちょっと堅くなった心の柔軟体操が

必要なようです。

 

心の柔軟体操のために、

書くこと以外の楽しみを

見つけてみようと思います。

今まで経験したことがなかった

楽しいことです。

 

前から興味があったボイストレーニングに

チャレンジしてみることにしました。

近所にスクールを見つけたので、

早速、体験レッスンの申し込みをしました。

 

歌う楽しさを知って、

書くこととは違う表現方法で

楽しさを表してみたいと思います。

 

疲労回復のために

今はやたら眠っていますが、

睡眠の質を高めるために、

軽い運動をしたり、

マッサージをしたりしてみます。

 

そうして質の高い睡眠を取って

疲労を回復したいです。

 

自分の夢だと信じていることが

嫌でたまらなくなる時、

自分の心身のコンディションに目を向けて、

心の柔軟体操をすることが

必要なのかも知れないですね。

 

休むべき時は休んで、

自分の夢が萎まないように、

メンテナンスすることが大切ですよね。

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。