ありがとう紙パンツ!

最近の介護用紙パンツは、

改良されていてとても性能がいい。

 

かなりの量の尿を吸い取ってくれるし、

パンツ型になっていてギャザもあり、

尿漏れを防いでくれる。

 

紙パンツの使用者も

紙パンツのベトベト感が少ないらしく、

さほど不快に感じないようだ。

 

この優秀な紙パンツは本当に助かる。

 

 

もう何十年も昔になるが、

同居していた父方の祖父母が倒れて、

今の父のような状態になった時期があった。

 

当時は、今のような

介護制度もケア施設もなかった。

紙おむつの

(当時は紙パンツ型ではなかった)

性能も良くなかった。

 

母は昼間一人で祖父母の介護をしていた。

 

父には二人妹がいて、

近くに住んでいた下の妹は

時間を作っては母を助けに来てくれた。

主には紙おむつの交換だった。

 

上の妹は、たま~に

お客さん気分でやってきて、

祖父母の介護は何一つぜずに、

母の神経を逆なでするようなことばかり

喋りまくっていた。

 

祖父母の世話を母に押し付け、

紙おむつの交換を

一度も手伝ったこともないくせに、

こんなことを言ったことがあった。

 

「お母ちゃん(祖母)、

今は洗濯機があるから下着が汚れても、

洗濯機でちゃちゃ~~と洗えるし、

何も心配せんでもええんやで!」

 

一回でも祖母の汚れた下着を

洗濯機でちゃちゃ~~と自分で洗ってから

言ってくれと思う。

 

子ども心にも超絶むかついて、

「もう来んといて!」と思った。

 

あの頃、

今のような性能のいい紙パンツがあったら、

おむつ交換の回数も少なくてすんで、

母も助かっただろうなと思う。

 

歩く口害発生機のような叔母よりも、

高性能紙パンツの方が、

心身ともにずっと

母に貢献してくれただろう。

 

 

父の紙パンツを交換する時、

いつもその性能の良さに感謝する。

開発してくれた人ありがとう。

 

ありがとう、紙パンツ。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。