人生という旅で道に迷った時は~道案内人村川久夢~

こんにちは、村川久夢です。

 

「セッションしていて

クライアントのしんどい気分を

もらいませんか?」

 

とよく周りの人から尋ねられます。

セラピストになって2年経ちますが、

大丈夫です。

むしろセッションさせて頂くと、

とてもスッキリします。

 

今日はなぜクライアントのしんどさを

私がもらわないかということを

考えて見ました。

とても大事なことが見えて来ました。

 

 

<セラピストに徹する>

インナーチャイルドカードセラピーの

セッションに来られる方は、

皆さんとても大変しんどい思いを

されています。

 

私は誠心誠意セッションに臨みますが、

不思議にクライアントの辛い気持ちを

もらうことはありません。

 

それはきっと私が

セラピストに徹しているからだと思います。

 

 

<人生という旅の道案内人>

クライアントのセッションの様子を

ちょっと比喩的に例えてみます。

 

クライアントは人生という旅路で

道に迷っておられます。

道に迷う内に日も暮れ、

身も心も疲れ切った状態です。

 

そこで出会ったのが私です。

 

私はクライアントに

「どこからいらしたのか?」

「どこに行きたいのか?」

をお尋ねします。

 

お話を聞かせて頂いたら、

私はインナーチャイルドカードと言う

「灯り」を取り出し、

クライアントが今おられる場所を

照らしてみます。

 

クライアントがどこで行き先を

見失われたのか、

今いる場所がどんな場所なのかを

一緒に探ってみます。

 

今いる場所が大体つかめたら、

インナーチャイルドカードの

メッセージと言う「地図」を取り出して、

今後進むべき方向を一緒に探ります。

 

そうそう、大切なことを忘れていました。

クライアントが疲れ切っておられる時は、

まずゆっくりと休まれることを

お勧めします。

 

クライアントの多くは疲れておられます。

まず、心身の疲れを取り除いて、

体力を回復すると、

それだけで気分が

ずいぶん違って来ます。

 

自分が行き先を見失った場所や

今いる場所が把握できると、

次に進むべき道もハッキリします。

 

また立ち上がって

自分の人生の道を歩き出せるのです。

 

言わば私は

人生という旅の道案内人なのです。

 

 

<自立を促し依存させません>

私はクライアントが大変そうだからと言って、

クライアントを背負って、

私が代わりにクライアントの人生の道を

歩くようなことはしません。

 

セッションで大事なことは、

クライアントご自身が

自分の問題に気づき、

整理し、解決して頂くことです。

 

私はインナーチャイルドカードを使って、

誠心誠意サポートします。

 

 

<スッキリできる理由>

クライアントご自身が、

自力で問題を整理されえるから、

インナーチャイルドカードセラピーの

セッションの後は、

スッキリ爽やかになって頂けるのです。

 

私は全力でセッションに臨みますが、

クライアントの辛い思いを

もらうことはありません。

 

大切なことは、

ご自分の人生の旅路は、

ご自身の力で歩むことですものね。

 

そのための

インナーチャイルドカードセラピーであり、

セラピスト村川久夢がいるのです。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。