死んだように眠る

最近、私は驚くほどよく眠っています。

疲れているのだと思います。

 

以前の私は、「眠る」ことに

罪悪感を抱いていました。

今も全くないとは言えません。

 

私が鬱を発病し長期休暇を取った時、

私は死んだように昏々と眠り続けました。

 

眠っても眠っても眠く、

食事もせず、トイレへも行かず、

ひたすら眠っていました。

身も心もボロボロになっていたのでしょう。

 

その頃、「鬱は心の風邪」

と言われていました。

でも、鬱は風邪のように

簡単に治ってくれませんでした。

 

1ヶ月の長期休暇が過ぎても、

私の鬱はなかなか良くなりませんでした。

一日中、ウトウト眠ってばかりいる自分に

ジリジリ焦りと苛立ちを感じていました。

 

結局、長期休暇が切れた後は、

1年間休職することになりました。

 

休職中は復職に向けて

ジタバタと何かしていないと

休んでいる罪悪感に

押しつぶされそうでした。

 

でも、今振り返ると、

あの頃の私に必要だったことは、

何も考えずに眠って

心から休息することだったと思います。

 

作家の瀬戸内寂聴さんは

下記のように仰っています。

 

『夜の熟睡を

死んだように眠るとたとえるのは、

適切な表現かもしれません。

人は夜、眠りの中に死んで、

朝目を覚ます時は

死から甦るのだと考えられるからです。

「日々これ新たなり」ですね。』

(瀬戸内寂聴)

 

鬱を患ってボロボロだった私は、

朝も昼も夜も一日中眠っていました。

でも、あの頃の私は

まさしく眠りの中に死んで、

鬱という死から甦る時に

備えていたのです。

 

死に例えることが出来るほど

何もかも忘れて眠り、

そうして初めて

鬱の闇から抜け出すことが出来るのだと

今は感じています。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。