「インナーチャイルドカードとは何か??」~インナーチャイルドを癒やすツール~

こんにちは。作家でインナーチャイルド

カードセラピストの村川久夢です。

 

皆さんはインナーチャイルドカードを

ご存知ですか?

インナーチャイルドカードは、

フェアリーテイルタロットとも呼ばれる

タロットから生まれたカードです。

全部で78枚あります。

 

今日はこの78枚のカードが

何であり、どんな役割を果たすのかを

お話しますね。

 

*インナーチャイルドカード大アルカナ

 

 

1、おとぎ話や童話との関係

 

インナーチャイルドカードには、

おとぎ話や童話をもとにしたカラフルで

可愛い絵が描かれています。

でもどうして、おとぎ話や童話が

描かれているのでしょう?

 

   *赤ずきん

 

*アラジンと魔法のランプ

 

 *困難から救う妖精

 

インナーチャイルドカードの

作者イーシャ・ラーナーさんは、

このように述べられています。

 

『私たちはおとぎ話や童話の主人公たちと

かかわらずに過ごす子ども時代を

想像できません。

彼らは私たちの心の中にある宝物を

探す導き手なのです。

 

人は幼少期の門をくぐって

人生を始めなければなりません。

おとぎ話はかならずそこにあります。

幼く純粋だった時と

大人になって分別がついた時との間に

おとぎ話は実りの多い出会いを

与えてくれるのです』

 

インナーチャイルドカードに描かれた

おとぎ話や童話の絵は、

私たちをおとぎ話や童話を読んだ頃に

優しく運んでくれます。

幼い自分が鮮やかに蘇ります。

 

あの頃、自分が大切にしていたこと、

悲しかったこと、悔しかったこと、

嬉しかったこと、して欲しかったこと、

過去の自分との接点を

昔読んだおとぎ話や童話の絵が

私たちに示してくれるのです。

 

インナーチャイルドカードに

おとぎ話や童話をもとにした

絵が描かれているのは、

過去の自分に出会うためなのです。

 

 

2、過去の自分にであってどうするの?

 

インナーチャイルドカードに導かれて出会った

過去の日の幼いあなたは

どんな様子をしていますか?

笑っていますか?

幸せそうですか?

泣いていますか?

悲しそうですか?

 

あなたの中に過去の悲しみやつらさを

抱えたままの幼いあなたはいませんか?

 

実はどんな人の中にも

傷ついた幼い日の自分が存在しています。

傷を癒やしきれない幼い自分がいるのです。

それがインナーチャイルドです。

 

インナーチャイルドカードは、

インナーチャイルドの存在に気づくための

ツールなのです。

 

 

3、インナーチャイルドカードには

どんな効果があるの?

 

では、インナーチャイルドカードには、

どんな効果があるのでしょうか?

 

私たちは、誰のなかにも存在する

幼い日の傷ついた自分に

気づかずに生活していることが多いです。

 

でも、理由はハッキリわからないけれど、

何かに耐えているような生きづらさや

ストレスを感じる。

 

それは、あなたのインナーチャイルドからの

SOSなのです。

インナーチャイルドが

「私を忘れないで~!」と

サインを送っているのです。

 

おとぎ話や童話が描かれた

インナーチャイルドカードを眺めると

自然に幼い日が蘇り、

痛みは残っているけれど

忘れていた幼い日の悲しい出来事を

思い出すことができるのです。

 

幼かったあの日、悲しかった!

悔しかった!腹がたった!

もっと大切にして欲しかった!

もっと愛して欲しかった!等々

 

幼い傷ついたあなたを

大人になったあなたが

話を聞いてあげ、

幼いあなたを受け入れ、

誰よりも愛してあげることで

あなたのインナーチャイルドを癒せるのです。

 

インナーチャイルドの傷を認めて

癒やしてあげることで、

あなたは自分を好きになり、自信を持ち、

周囲の人の痛みも

理解できるようになるのです。

 

インナーチャイルドカードは、

あなたのインナーチャイルドを癒やすための

ツールなのです。

 

 

 

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

 

✿村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー&講座ご案内✿

<インナーチャイルドカードセラピー>

<インナーチャイルドカードセラピー講座>

 

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。