「感情に蓋をしているのに気づかなかった」~インナーチャイルドカードセラピーセッションより~

先日、LINEの動画機能を使って、

I様(50代男性)に

セッションさせて頂きました。

I様は次のような感想を下さいました。

(I様の許可を得てセッションでの様子、

感想を投稿させて頂いています)

 

<I様の感想>

今回初めてインナーチャイルドカード

セラピーをしました。

セラピーの最初は、

「どんなカードが出るのだろう!?」と、

不安でしたが、

セッション中の久夢さんの

穏やかな口調が段々と心地よくなりました。

おそらく、その時、自分自身を

出せたような気がします。

 

最後にフィードバックを聞きましたが、

うんうんとうなずくと同時に、

今の自分を見つめなおす事ができて、

嬉しかったです。

 

悩みがある時に

インナーチャイルドカードセラピーを

受けるともちろん楽になると思いますが、

日ごろの自分を見るのも大事だと思うので、

今後も定期的にセッションを

受けたいと思いました。

(以上:I様感想)

 

 

✿どこにも自分の感情がない✿

 

実は、I様にセッションさせて頂いた時、

私は少し戸惑いました。

I様はカードを開くごとに、

そのカードの絵を忠実に客観的に

描写されるのです。

 

例えば、「美女と野獣」のカードの場合、

こんな感じでした。

*美女と野獣

 

「オレンジ色の服を着た、

顔の黄色い男性が、

青い服を着た女性に話しかけています。

後ろにお城があって、

フクロウが椅子にとまっていて、

二人の前にはウサギがいます」

 

「この絵の中に、

ご自身はいらっしゃいますか?」

とお聞きすると、

 

「男性はオレンジ色の服の人だけなので、

この人かな?」とおっしゃいました。

 

その後、順番にカードを開きましたが、

同じような調子でした。

私はI様が客観的に描写されることに

I様の気持ちが

あるのではないかと思いました。

 

カードのどの人物にも感情移入されず、

客観的に状況の描写をされるのは、

I様の職場でのお立場などが

関係しているのではないかと思いました。

 

私はそのことを素直にI様に伝えました。

 

 

✿気持ちの蓋を開けて整理した感じ✿

 

I様は最初、驚かれたようですが、

「そうです、その通りです。

会社では公平に客観的に

自分の部署を見ています。

それが、普通だと思っていました」

と言われました。

 

そのことがキッカケになったようで

会社で感じておられるストレスや

問題だと感じておられることを

率直に話して下さいました。

 

「今まで自分の気持ちに

蓋をしていたのを

開けて整理した感じです。

すっきりしました」

と言って下さいました。

 

I様は仕事に熱心なあまり

周囲への配慮を優先し、

一番大事な自分自身の気持ちに

蓋をしていたことに気づかれました。

 

 

✿日頃から自分の気持ちのケアを✿

 

私たちは往々にして場の雰囲気を優先し、

自分の気持ちを後回しにしてしまいます。

「普通はそうだから」

「そういうものだから」

と自分の気持ちに蓋をしていることに

気づかずにいるのです。

 

I様が、感想の中で

「日頃の自分をみるのも大事だと思う」

と言われているのは、

日頃から自分の感情に気をくばり

自分の気持ちに蓋をしていないか

自分の気持ちをケアすることの

大切さを指摘して下さったとのだと思います。

 

インナーチャイルドカード78枚、

それぞれに意味がありますが、

でも、一番大事なことは、

クライアントが持たれた印象です。

同じカードでも、人によって、

また同じ人でも時期によって

カードの印象が違います。

 

クライアントにカードの印象を尋ね、

カードに描かれている様子を

感情を交えず客観的に描写されたならば

その描写を大切にするべきなのだと

感じました。

自分の感情に蓋をされているのに

気づいておられないことが

あるからです。

 

 

 

 

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

 

✿村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー&講座ご案内✿

<インナーチャイルドカードセラピー>

<インナーチャイルドカードセラピー講座>

 

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。