カードがくれた自分の心と対話するチャンス

違うデッキでタロットを引いたら

2日続けて「ソードの10」でした。

 

*ウェイト番タロット

 

*鳥タロット

 

「ソードの10」は、

物事の終わりや敗北を表していますが、

同時にそこから立ち上がり、

生き直すこともまた暗示しています。

 

その次の日は「死神」でした。

*ダヤンタロット

 

「死神」には、次のような意味があります。

「死」や「終了」を暗示します。

物事が終了し、

新しいサイクルに入ることを告げています。

大きな変化が起ころうとしています。

その変化はあなたの価値観を

激変させるでしょう。

大きな変化を受け入れることは

つらいことですが、

新しい未来を開くことにつながります。

 

その次は、インナーチャイルドカードで

「地球の子ども」でした。

タロットで言うと「世界」です。

 

*インナーチャイルドカード:地球の子ども

 

「地球の子ども」は下記を示しています。

大アルカナの最後に位置することから、

物事の最終局面、目標の達成、勝利、

生きる喜びの享受などを

意味すると言われています。

また完成は同時に始まりです。

次のステージに向けて、

新たな運命の輪が回り始めていることを

示しています。

 

「私の中で何かが終わって、

何かが始まろうとしてる」

と感じました。

「何やろうな?」

と自分に問いかけてみました。

 

インナーチャイルドカードも

タロットカードも

カードはこうして自分自身に問いかけて、

対話するチャンスをくれるのです。

 

自分の心を奥深く探ることができます。

そして、同時に自分を客観的に

見るチャンスもくれるのです。

 

カードに良し悪しはありません。

カードを引いた時、

カードから受けた印象や

カードの持つ意味等を使って

自分の心と対話するチャンスに

して下さいね。

 

 

 

 

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

 

✿村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー&講座ご案内✿

<インナーチャイルドカードセラピー>

<インナーチャイルドカードセラピー講座>

 

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。