べきべき思考からの脱却~いい妻の私よ、さようなら~

✿スペイン旅行✿

 

私が40才くらいの時、

夏休みに友だちと9日間スペイン旅行に

行ったことがありました。

夫は仕事があるので家にいました。

 

そしたら、私の母が

「夫をほったらかしにして旅行するなんて

本当に至らぬ娘ですいません」

と恐縮して、私の旅行中に

夫の食事を作って運んでいたそうです。

返って気を使うので

夫が断ったらしいですが。

 

スペインから帰って来たら、

夫は「おかえり~」と言って、

私の旅行中の話を聞いてくれましたが、

母には「9日間も家を空けて!」

と叱られました。

 

 

✿結婚してのびのびできるようになった✿

 

夫が生きていた頃、

夫がおおらかだったからか、

私はかなり自由にしていました。

私は好奇心が旺盛な方なので、

仕事があっても、英語の勉強をしたり、

絵を描いたり、手芸をしたりしていました。

 

夫が仕事を終えて帰って来たら、

私が夢中で絵を描いていたとか、

何か工作をしていたとか、

英会話スクールの宿題をしていた等で、

夕食の準備をしていないことも

よくあったのです。

 

でも、夫は「牛丼食いに行こか~」

「寿司とったらええやん」とか言って、

文句を言ったり、

不機嫌になることはありませんでした。

 

私は母から、

「女はこうあるべき!」

「妻はこうあるべき!」

という厳しい躾を受けて育ったので、

おおらかな夫と結婚した時、

何かから解放された

もの凄く楽な気持ちになりました。

 

 

✿ありのままで✿

 

一時、「ありのまま」という言葉を

よく耳にしました。

「ありのままのあなたでいいんです」

「ありのままの君が好きだよ」という具合に。

 

私は幼い頃から、

「ありのまま」で

いさせてもらえませんでした。

「いい子」でないと

受け入れられませんでした。

いつも失敗しないように緊張していました。

 

でも夫は、私が夫を置いて

9日スペイン旅行をしても、

好きなことに熱中して家事を疎かにしても、

一般的な基準の「良い妻」でない私を

ごく自然に受け入れていました。

 

私は「甘える」「ありままで」ということが、

どういうことなのか、

結婚してやっとわかったのです。

 

 

✿食事は笑顔で✿

 

私が鬱になって休職していた時、

私は鬱のダルさに耐えて、

しぶしぶ夕食を作ったことがありました。

一汁二菜のちゃんとした食事でした。

 

でも、「鬱えダルいのに、

なんで女やからと言って

私が作らなアカンの?!」

という思いで不機嫌そのものでした。

 

そんな私に夫は「メシの時に

そんな不機嫌な顔せんといてくれ。

メシがまずなる。

コンビニの弁当でもええし、

明るい顔していてくれ」といいました。

 

「一日家にいる専業主婦やのに

夕食ぐらい作らなくてはならない」

と私は夕食作りを

強迫観念のように感じていました。

べきべき思考に陥っていたのです。

 

でも私が夫だったら、

一汁二菜のご飯でも

妻が不機嫌な顔をしているより、

コンビニ弁当でも楽しく食べられる方が

いいかなとも思いました。

 

 

✿べきべき思考からの脱却✿

 

夫婦のあり方は千差万別です。

100組の夫婦がいれば、

100通りの夫婦のありかたがあります。

100通りの夫のありかた、

妻のありかたがあります。

 

だから一般的な

「~であるべき」に縛られる必要は

全くないのです。

 

お互いに自立し、

パートナーを尊重できる

そんなカップルでいたいですね。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

 

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。