人生を豊かにするために必ず実践すべきこと

3年前、私が電子書籍出版スクールに

通っていた時、

講座で自分の経験、スキル、知識等を

洗い出すことになりました。

 

SNSやブログの略歴を書いた時、

自分がけっこう色々な資格を

持っていることに驚いたのですが、

経歴や資格だけでなく、

自分の経験、スキル、知識等を

洗い出すともっと色々な

自分の強みや長所があるものだと

痛感したことを覚えています。

 

✿気づいた私の強み1

~学んだことを実践すること~✿

 

ちょうどその頃、

私はインナーチャイルドカードセラピーの

セラピスト養成講座受講中でした。

大アルカナカードの学習を終えて、

セッション練習できるようになりました。

この時、私は積極的に貪欲に

実践練習をしました。

 

今から振り返ると、

積極的に貪欲に実践練習したことが、

私の大きな強みになってくれました。

 

 

✿気づいた私の強み2

~セルフヒーリングできること~✿

 

モニターセッションで

インナーチャイルドカードを

ツールとして使いながら、

その人が本当はどうしたいと思っているのか、

本人が気持ちを整理するお手伝いをすると、

クライアントは驚くほど明るい表情になります。

私にとっても大変嬉しい瞬間でした。

 

同時に私は、

自分自身が悩みや迷いにぶつかった時、

セルフセラピーをするようになりました。

ここで驚くのは、

インナーチャイルドカードは、

78枚もあるのに、

その時の自分の心に

ピッタリのカードが出るのです。

これは本当に不思議です。

 

自分のカードの印象を考えると、

自然に自分が今、

何を迷い悩んでいるのか、

自分が本当はどうしたいのかが

だんだんわかって来ます。

インナーチャイルドカードの意味が

私の背中を押してくれました。

 

インナーチャイルドカードを使って

自分の置かれている状況を客観的して、

問題を整理できる。

今後どうすべきかを

自分で考えられるようになったのです。

このことは本当に大きな私の強みです。

 

 

✿気づいた私の強み3~実行力~✿

 

養成講座に通い始めた時は、

インナーチャイルドカードセラピーを

受ける延長のような気持ちでした。

その後、私はセラピスト養成講座を修了し、

プロのインナーチャイルドカードセラピストに

なりました。

昨年にはインナーチャイルドカードセラピー

創始者イーシャ・ラーナーさんの

公認ティーチャーにもなりました。

公認ティーチャーになったことを機に、

自分の力で自分の心を癒せる

インナーチャイルドカードセラピー講座を

開設しました。

 

1クライアントからセラピストになり、

公認ティーチャーになり、

講座を開設する。

この実行力も私の強みだと

この文章を書きながら気がつきました。

 

 

✿人生を豊かにするために

必ず実践すべきこと✿

 

自分では当たり前だと思って、

見過ごしていたことが、

自分の大きな強みであったりします。

人生は前向きに進むことも大切ですが、

時にはじっくり

自分の人生を振り返って

日常生活に埋もれている

自分の強みや長所という宝物を

見つけましょう。

振り返ることで得た宝物が、

次の一歩へのエネルギーに

なってくれるからです。

 

人生を豊かにするために

必ず実践すべきこと

それはあなたの人生を洗い出し、

隠れている強みや長所という宝物を

見つけてあげることです。

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。