本の出版が心を開いて話す機会をくれた!

お世話になっている心療内科のデイケアで

私がエッセイ集

『大丈夫、きっと乗り越えられる~

鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

を出版したことを

スタッフ・参加者のミーティングで

紹介してもらいました。

 

 

私は今の主治医である

心療内科の院長先生に出会って、

昼夜逆転の引きこもり生活が改善され、

鬱の症状がかなり良くなりました。

 

デイケアに参加して、

絵手紙、書道、手芸に親しむ機会を得て、

やり甲斐を見出すようになりました。

*絵画プログラムの作品

*書道プログラムの作品

*編みネコ

 

また、夫の死の打撃に悩む私を、

院長先生を初めとしてスタッフや

デイケア仲間が支えてくれました。

 

その後、ヨガとの出会い、

インナーチャイルドカードセラピーとの

出会いで、

私は諦めていた作家になる夢を

取り戻しました。

 

重い鬱に悩み、

夫の死に打ちひしがれていた私を

知っているデイケア仲間には、

こんなに元気になって

本を出版した私のことを是非知って欲しいと

思いました。

 

ミーティングでは私が話す時間も

取って下さいました。

 

先が見えない長引く病の苦しさ焦り、

病気の苦しみを理解してもらえない辛さ、

自分を責める苦しさ、

治ることを諦めて投げやりになる怖さ、

デイケアのみんなが

経験していることではないかと思いました。

 

あきらめないで欲しい、

自分を責めないで欲しい、

治る希望を捨てないで欲しい、

私はそんな願いを込めて

このエッセイ集を書いたことを訴えました。

 

ミーティングが終わると、

二人の方が本を読みたいと言って

私のところに来て下さいました。

 

一人の方は復職を控え、

復職することが相当なプレッシャーに

なっていることを話して下さいました。

 

私も休職復職を繰り返したことがあるので

その方の気持ちがとてもよく分かりました。

仕事を休んで身体は休めることができても、

心を休めることがなかなかできなかったことを

お話しました。

 

また以前からのデイケア仲間のM君も

「自分に似ているところがある。共感できる」

と率直に自分の思いを話してくれました。

 

今まではデイケアルームで顔を合わし、

挨拶するくらいだったお二人と

それぞれの気持ちを

率直に話し合うことができました。

 

エッセイ集の出版が二人のデイケア仲間と

心を開いて話す機会をくれたのです。

私は本を出して良かったなと

心から思いました。

 

小さくてもいいからこんな交流の輪を

広げて行きたいです。

*鬱・夫の死を克服した作家
&インナーチャイルドカードセラピスト
村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

大阪かさこ塾フェスタで村川久夢は、

インナーチャイルドカードセラピー

3枚引きセッションを(20分、2,000円)を

させて頂きます。

<ご予約お申込みページ>

 

皆様のご来場をお待ちしています。

 

<村川久夢出展内容>

①インナーチャイルドカードセラピー

イベント価格でセッションを行います。

(20分¥2000)

 

②村川久夢初エッセイ集

『大丈夫、きっと乗り越えられる~

鬱・夫の死を克服した私からのエール』

(700円)を販売します。

 

③「村川久夢小説セルフマガジンVol3」を

設置し配布を開始します。(無料です)

 

 

皆様のご来場をお待ちしています~♪♪

 

<大阪かさこ塾フェスタインフォメーション>

日時 2017年10月28日(土)

10:00-18:00

会場 淡路町 AAホール 1F,2F
大阪市中央区淡路町3-2-9

最寄り駅
地下鉄御堂筋線【淀屋橋】出口11・12番【本町】出口1・2番 徒歩6分
地下鉄堺筋線【北浜】出口6番【堺筋本町】出口17番 徒歩6分
地下鉄中央線【本町】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。