人生のターニングポイントで出るカード

私がインナーチャイルドカードセラピーに

出会ったばかりの頃、

私は度々、

大アルカナ20「3びきのこぶた」

のカードを引きました。

*大アルカナ20「3匹の子ぶた」

 

このカードは

人生のターニングポイントにある時に

出るとされています。

 

当時私は狭い人間関係のトラブルに

悩んでいました。

とても自分が

人生のターニングポイントにあるとは

思えませんでした。

 

このカードを初めて引いた時は、

ただただオオカミが怖かったことを

覚えています。

オオカミが煙突から家の中に入って、

自分を襲って食べてしまうのだと

思っていました。

 

次にこのカードを引いた時は、

少し吹っ切れた頃でした。

このカードに対する印象も少し変わり、

オオカミが虚勢を張っているように

思えました。

「悔しかった入って来い!」

とオオカミに対して意地悪な気持ちに

なっていました。

 

3回目にこのカードを引いた時には、

オオカミに対して、

「いつまでも意地を張っていないで、

入っておいでよ~」

と声をかけるくらいの気持ちになっていました。

 

オオカミに対する私の印象が

すっかり変わっていました。

 

気がつくと

インナーチャイルドカードと出会い

セッションを重ねる内に、

私はずいぶん変わっていました。

 

インナーチャイルドカードセラピーの

セラピスト養成講座に参加し、

東京の電子書籍出版スクールにも入り、

セルフブランディングの

かさこ塾にも入りました。

 

すっかり諦めていた自分の夢と向き合い、

夢を実現すべく歩き始めていました。

 

その後、しばらく

「3びきのこぶた」のカードは

引きませんでした。

 

最近また、

このカードが私のセッションに

現れるようになりました。

 

今日、セッション練習会があり

そのセッションの中でも

このカードを引きました。

 

その時私は、

このレンガの家は私が毎日コツコツと

築いた家だと自信を持つことができました。

オオカミも恐れず暖かい火の側に

迎え入れる気持ちになっていました。

 

インナーチャイルドカードで

オオカミは自分の心の闇、影の象徴

だとされています。

 

私は幼い頃から書くことが好きで

作家になりたい夢を持っていました。

 

でも才能がない、どうせ認められない、

才能がないくせにと言って人に笑われる等、

言い訳ばかりして

自分の夢を実現することから逃げていました。

 

オオカミは傷つくことを恐れる

自分の心の闇だったのかなと思えます。

 

毎日コツコツとブログを書き、

セッションを重ねて、

作家としてセラピストとして

自信をつけるのだと思います。

レンガの家はその象徴なのでしょう。

 

今日のブログを書きながら、

私はまた新たなターニングポイントに

来ているんだなと感じています。

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。