オトーチャンと久夢の会話

父が入院して約2ヶ月経ちました。

圧迫骨折も治療のおかげで

痛みもずいぶんましになったようです。

 

リハビリの効果もあって、

立ち上がって少し歩けるようになりました。

ベッドの脇のポータブルトイレで一人で

用を足すこともできるようになりました。

 

それでも気分はまちまちで、

私や弟が夕食時間に面会に行くと、

食べさせて欲しがることもあります。

また、起きているのが

しんどい様子のことがほとんどで、

食事が済むとすぐに横になりたがります。

 

父の気力の衰えを見ると、

私も沈んだ気分になってしまいます。

 

でも今日、父は気分が良かったのか、

夕食前に起きました。

ヒゲを剃ってほしいというので

ヒゲを剃りました。ヒゲを剃ると

さっぱりして気分がいいと言って

嬉しそうな様子でした。

 

夕食も一人で完食しました。

 

父は長年人の世話ばかりして来たからか、

私の夕食が気になるようで、

自分の夕食を私のために残そうとするのです。

 

「朝はパンが3つ出てな、

おまえにと思って残しておいて

看護師さんに『そんなことしたらアカンよ』と

言われた」と真面目な顔で言っていました。

父らしいなと思いました。

 

夕食後も珍しく「寝る」とは言わなかったので

しばらく父の昔話しを聞きました。

 

父は昭和3年(1928年)生まれで、

敗戦当時は17才でした。

 

戦時中、

日本はドイツやイタリアと同盟国だったので、

ヒットラーやムッソリーニが英雄だったと

父が話してくれて驚きました。

 

父は軍国少年ではなかったので、

「このオッサン(ヒットラーやムッソリーニ)、

調子のええこと言うてるけどホンマかいな?」

と思っていたそうです。

 

戦後、事実を知った時も

「やっぱりな~!

なんでもかんでも全部信じたら

アカンねんな・・・」と思ったと言っていました。

 

私は父とよく話しをする方ですが、

この話しは聞き初めでした。

 

父は真面目で一生懸命な人ですが、

どこか冷めているところがあって、

熱くなることのない人です。

昔は、父のそんな面が嫌いでしたが、

父のそんな懐疑的な傾向は、

戦争の時代を生き抜いてきた

結果なのかもしれないです。

 

90才になって入院している身なのに、

娘の食事を気づかう父は父らしいと思い。

ヒットラーやムッソリーニの話しは初耳でした。

 

父と話したのは1時間弱でしたが、

穏やかな時間でした。

父は入院して元気になってきましたが、

なんと言っても90才の高齢です。

いつまでこの穏やかな時間を

持てるかわかりません。

親子の時間を大切にしたいと思います。

 

*ーーーーーーーーーーー*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

スランプからの脱出!

父の入院、私の睡眠障害等で

しんどい夏を過ごしています。

体調が悪いと視野が狭くなり、

思考がネガティブに傾いてしまいます。

 

私のライフワークであるブログと

インナーチャイルドカードセラピーにも

なかなか集中しきれずにいます。

 

実は私は今、

インナーチャイルドカードセラピーの

創始者イーシャ・ラーナーさんの

公認ティーチャーになるための

研修中なんですね。

 

昨年10月には埼玉県大宮で行われた

公認ティーチャーになるための

セミナーに参加しました。

セミナーはベーシックコース2日、

アドバンスコース2日の合計4日間でした。

セミナー参加のために前泊し、

中日はセミナー休講だったので、

6日間大宮に滞在しました。

 

大宮でのセミナーの後は、

4回課題が出され、今、4回目の課題に

取り組んでいるところなんです。

 

課題はなかなか難しく

同期の仲間と連絡を取りながら、

取り組んでいます。

でも、父の入院以来、

気持ちばかりが焦っています。

 

スランプから脱出するキッカケにしようと、

自分のためにカードを3枚引いてみました。

 

私の現在の問題は、

大アルカナ10の不思議の国のアリスでした。

 

私は幸運な流れにいるようです。

私が楽観的でいることで

やって来るチャンスを生かすことができます。

幸運が私の味方になってくれるようです。

 

私をブロックしているものは、

クリスタル7でした。

 

私は待機、休息の時間を

与えられているようです。

キャンドルの光で自分の内面を照らし、

自分流の調整法を見つけ、

万事うまく行っていると

信じることが大事なようです。

 

私が今後どうすべきかは、

ソードのガイド「ロビン・フッド」でした。

 

私は私の人生行路の

イニシアチブとるべきであるようです。

ソードのガイドはロビン・フッドです。

ロビン・フッドのように

正義、公正、平等、名誉の価値観について

他者に教示すべきでもあるようです。

 

インナーチャイルドカードを引いて、

眼の前の出来事や体調の悪さから、

客観性を失っていることに気がつきました。

 

今はより良い明日を見つめるために休息し

広い視野を取り戻したいと思います。

焦らず公認ティーチャーの課題にも

取り組み仕上げます。

 

モヤモヤしていた気持ちが整理できました。

今回のことで改めて

インナーチャイルドカードセラピーが、

スランプから脱出するチャンスを

与えてくれることがわかりました。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

父に似ていると言われるのが嫌だった私

「久夢ちゃんはお父さん似やね」

そう言われるのが昔はとても嫌だった。

亡くなった母はかなり美人だったけれど、

父はお世辞にもいい男だと言えない。

また諦めムード濃厚で日和見的な父を、

私は好きではなかった。

 

「父に似ている」と言われても

今は笑って話せるけれど、

思春期の頃はとてもとても嫌だった。

 

50代になった頃から、

私は母のように美人ではないけれど、

自分の容姿を受け入れ

好きになれるようになった。

 

「私、オトーチャンに似ているな~」

と微笑ましく思えるようになった。

 

振り返ると、父は年齢を重ねるにつれ、

歳月に洗わるように

純粋な少年のような顔になったように思う。

 

私が父を好きになれなかった頃、

父は祖父母の介護や私と弟の教育費等、

家計を支えるのに必死だったのだろう。

 

父には聴覚障害のある異父兄(私の伯父)

統合失調症を患う異母姉(私の伯母)がいた。

祖父母を看取った後は、

伯父や伯母の介護もしていた。

 

その上、8才年下の母は、

パーキンソン病を患い、

70代になっていた父が母の介護もした。

 

祖父母の介護、伯父伯母の介護、

母の介護は父の肩にかかる

さぞや重い荷物だっただろうと思う。

 

母を看取ると、娘婿が急逝し、

頼りにしていた娘である私が、

鬱病を悪化させてしまった。

80代になっていた父は、

今度は娘の世話をすることになった。

 

私はやっと元気になり、

ブログを書き、エッセイ集を出版し、

プロのインナーチャイルドカードセラピスト

として活動するようになった。

 

父はやっと肩の荷をおろした気持ちに

なったのだろう。

父は穏やかな良い顔になった。

少年のような無邪気な表情の父は、

私や弟が父の世話をすると、

「すまんな~おおきに~」

と言って手を合わす。

 

「ええねんでオトーチャン、今まで散々

家族の面倒を看てきたんやから」と思う。

真面目で責任感の強い善良な父。

 

父とふたり暮らしになって以来、

父と一緒によく写真を撮っている。

自分でも本当に

「私はオトーチャンに似ているな~」と思う。

 

私が90才まで生きているか

どうかわからないけれど、

私も父のように一生懸命善良に生きて、

無邪気な少女のようなおばあさんに

なりたいと思う。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>