あなたの恐れ、疑い、 乱れた心を、 両手を開いて抱きしめてあげなさい

「大きな悪いオオカミ」

昨日、一人でインナーチャイルドカード

セラピーのセッション練習をしていた時に、

キーワードになるポジションで

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」

(タロットの「悪魔」)を引いたのです。

 

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」は、

実はちょっと苦手に思っている

カードなんですね。

 

でも、このカードには

本当は大切な深い意味があるのです。

そこで、もっとじっくり理解するために

インナーチャイルドカードの

英語版のテキストで

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」

を読んでみました。

そこに書かれていたこの文章が気になりました。

 

【久夢の英語版翻訳】

このカードを引くことは大切です。

オオカミは不毛な森の木に隠れています。

肥沃さや成長は姿をひそめています。

 

執着、肉欲、欲望のエゴを取り除くことを

象徴している塔は遠くに存在しています。

より高いゴールへの霊的な小径は

まだ存在しています。

しかし、道は遠く、そしておびただしい影が

存在しています。

 

オオカミは木の陰に隠れるのを止め、

月光に癒されるために

前に進んでいかなければなりません。

これは自信のある人物になるために

束縛から逃れ、

自由に世界と交流する動きを象徴しています。

 

不毛な森は、

自分が満足していない現状に思えました。

塔は、エゴを克服した自分の姿

道は、自分が歩むべき作家・セラピストの道

闇は、自意識過剰、疑心暗鬼、嫉妬、不安、

我欲等々

 

そうなんです、

執着や束縛から逃れるためには、

自分が木から離れないといけないのです。

月光に照らされるために

前にすすむべきなんですよね。

「心を開いて自由に世界と交流しなさい」

とこのカードは教えてくれているのですよね。

 

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」

を訳し終えた時、とてもほっとしました。

感動さえしました。

そして、このカードがとても好きになりました。

英語版の最後にはこうも書かれていました。

 

「このカードがあなたのリーディングに

現れた時は、

あなたの心にある恐れ、疑い、

ばらばらに乱れた心の状態を、

両手を開いて抱きしめてあげなさい」

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

自分の半生を物語のように辿って行く時間

セッションを受けて頂いたN様から

感想をいただきました。

掲載の許可を頂きましたので、

ご紹介します。

 

(N様の感想から)

自分の半生を物語のように辿って行く時間は

懐かしいような感覚と、

気づかなかったことを気付けたスッキリ感、

気づいていたけど蓋をしていた自分を

再確認する、楽しい旅でした。

 

占いでバシッと言われるのは怖い。

臨床心理士のようなカウンセリングに行って、

自分と直面するのも気が重い…

そんな方へはとても気持ちを楽に

自分を開放できるセラピーだと思いました。

-N様の感想より-

 

インナーチャイルドカードには

お伽噺や童話を元にした

絵が描かれています。

可愛い絵の印象を話しながら

ご自分の心の世界を旅してみませんか?

 

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢がお供します。

 

以下、N様のご感想全文です。

 

こんばんは

このようなお時間になってしまいましたが、

本日は鑑定ありがとうございました。

自分の半生を、

物語のように辿って行く時間は、

懐かしいような感覚と、

気づかなかったことを気付けたスッキリ感、

気づいていたけど蓋をしていた自分を

再確認する、楽しい旅でした。

 

この自分の物語を、絵本にしたいなぁ

なんて思いました。

 

占いでバシッと言われるのは怖い。

臨床心理士のようなカウンセリングに行って、

自分と直面するのも気が重い…

そんな方へはとても気持ちを楽に

自分を開放できるセラピーだと

思いました。

 

初めてなのに初めてではないような、

久夢先生とのセッションは、

本当にあっという間の一時間で、

まるで昔から知ってる方へ相談するような

感覚でした。

 

これからのご活躍を応援しております。

来年、私はいよいよパニックも治り、

京都へ行くことを自分に設定しております。

それが具現化された時は、

必ず寄らせて頂きます

またのご縁、宜しくお願い致します。

-N様ご感想-

 

 

N様、セッションに来て頂き

ありがとうございました。

またご感想をありがとうございました。

今後のセッションや皆様へのご案内に

活用させて頂きます。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

心を開く、家を開く、きっと運も開く!

今日から12月ですね。

手帳をパラパラ見ながら、

今年の私にふさわしい漢字は

「開」やと思いました。

 

昨年の年末に

ギタリスト竹内いちろさんのライブに行って、

何かが開いたと感じました。

だからメンタル的に開いているだろう

とは思っていましたが、

でも、実は自分の家が

以前とは比べ物にならないほど、

開いていたのです。

 

2月にポットラックパーティーをして、

それをかわきりに、

竹内いちろさんのライブ3回、

女子会2回、セルマガジンの会2回、

インナーチャイルドカードお茶会1回

(12月はこれからする予定)

9回も自宅をオープンにして

人に来て頂いているのです。

特にライブはブログやSNSで

ガンガン宣伝して、

初めてお目にかかる方もいらっしゃいます。

 

いや~人って変われば変わるんですね。

 

それに、人に来て頂くようになると、

不要物がどんどん処分されて

家がどんどん片付いて行くのです。

 

心も開いて、家も開いて、気がつくと

何だかものすご~~く楽になっていました。

 

心を開く、家を開く、

きっと運も開くと思います!

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>