寂しさを癒やすためにするべき3つのこと

私はセッションやレッスン、

自分が習い事をする時以外は、

一人でなにかしていることが多いです。

自分のペースで

毎日を機嫌よくすごしています。

 

基本的に一人が好きですが、

時々、強い寂しさを感じる時があります。

 

みんなから疎(うと)まれ、

仲間の輪から外され、

誰からも理解されないように感じるのです。

 

今日は、寂しい気分に陥った時、

孤独感から抜け出すため

何をしたらよいかをお話します。

 

 

1、十分に眠って休養する

 

寂しさだけに限らず、

不安、疑い、後ろめたさ、罪悪感等

ネガティブな感情の原因は、疲れです。

身体の疲れは、まだわかりやすいですが、

精神的な疲れはわかりにくいので、

本当に曲者です。

 

心身の疲れがたまっていると

すべて悪い方向に解釈してしまうのです。

 

例えば友だちに挨拶して、

友だちの挨拶が思っていたような

愛想のよい挨拶でなかったとしましょう。

元気な時は、なんともないことが、

コンディションが悪いと、

「友だちが自分を嫌っている」

と思えて来たりするのです。

 

私はネガティブな心理傾向が現れたら、

まず、時間を取って寝ます。

モワ~と纏わりついている疲れが

取れるまで休養します。

休養するだけで気分が全然違います。

 

 

2、お風呂に入る

 

眠って気分が少し上向いたら、

湯船にお湯を張って

ゆっくりお風呂に入ります。

 

お気に入りの入浴剤を入れて、

いい香りの湯気に包まれると、

疲れが流れ出すように感じます。

 

お風呂の温熱効果で

血行がよくなるのでしょうね。

リラックスできてサッパリします。

 

お風呂に入ると

心身ともに活性化されます。

 

 

3、自分の心の声を聞く

 

睡眠で休養を取り、

お風呂に入ってリラックスし、

コンディションが少し良くなったら、

自分の心の声を聞きます。

 

今、自分がどうしたいのか?

今、自分はどうありたいのか?

今、自分はどうしたら楽しくなれるのか?

じっくり自分の心に尋ねてみます。

 

寂しさに悩む時は大抵、

疲れて気が弱くなっている時です。

自分がしていることに

自信を失っている時なのです。

 

自分の不安な気持ちを誰かに話して、

「大丈夫よ!」

と言ってもらって安心したいのです。

その気持ちは、よくわかります。

 

でも、まず誰よりも自分自身が

自分の気持ちを尋ねて、

自分の気持ちを聞いてあげましょう。

そして、気弱になっている自分に

寄り添ってあげましょう。

 

「だれだって弱気になることはあるよ。

それに疲れたら休むのは自然なこと、

ずっと頑張っていたら

心も身体もまいってしまうよ。

疲れが取れたら、

また頑張ったらいいよ。

それにあなたはいつもよく」

 

 

以前の私はとても困った人だったので、

友だちに長電話をしまくって、

延々と悩みを話し、

励ましてもらいました。

みんな真剣に聞いてくれました。

でも孤独感を拭い去れませんでした。

 

今の私は思うのです。

自分の心を楽しいことで満たし

自分を寂しさから救えるのは、

自分しかいないのだと感じます。

 

いかがでしたか?

「寂しさを癒やすためにするべき3つのこと」

寂しくなったら試して下さいね。

 

それでも自分を寂しさから救えない時は、

私に連絡して下さいね。

私はインナーチャイルドカードを使って

あなたが自分を寂しさから救う

お手伝いをすることができますよ。

 

 

 

 

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

 

✿村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー&講座ご案内✿

<インナーチャイルドカードセラピー>

<インナーチャイルドカードセラピー講座>

 

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

2件のコメント

  1. 村川先生のおっしゃっていることがよく理解できます。。。寂しいです一人でいると。。。夜眠れず毎日三時間位の睡眠しか眠れなくなります。そうすると回りが言う言葉が心に刺さりやすくなります。洗剤のCMで生田斗真さんが「貴方は、悪くない。。。」ってセリフがあるのですがそうこんなこと言ってもらいたいのよ。。。って心の中で自分が言うのです。君は、十分に頑張った。。。って言ってくれる人がほしいのです。。。孤独に慣れない私は、一人が辛いです。。。

    1. 瑠璃子さんは、十分に頑張っておられますよ。瑠璃子さんは、疲れておられるのかもしれないですね。特に心が疲れ果てておられるように感じます。

      真面目で何事にも一生懸命な瑠璃子さんは、「私!もっと頑張って!」「努力が足りないよ!私!」のように、ご自分に厳しいのではないでしょうか?

      一番求めておられることは、他のどんな人の声よりも、「私は十分に頑張った!偉かったね!私!」とご自分の声で、ご自分が納得されることだと思います。是非、「あなたは十分に頑張った!」と瑠璃子さんが、ご自身に言ってあげて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。