我慢させてごめんね!~傷ついた幼い日のあなたに出会う旅~

すぐに諦めてしまう。

すぐに白けてしまう。

欲しいものがわからない。

何がしたいのかわからない。

あなたは自分の中の

そんな傾向に悩んでことはありませんか?

 

実は私は長い間、

自分の中の「諦め」に悩んでいました。

 

 

✿ありふれたビスケットの思い出✿

 

写真は昔からあるビスケットです。

私は子どもの頃、

このありふれたビスケットを

「絶対に」買ってもらえませんでした。

 

一家の権力者だった祖母が

許さなかったからです。

祖母は「質素倹約は美徳」

「贅沢は卑しい」

と頑なに信じていました。

 

でもこのビスケットは、

高級ビスケットではなく、

スーパーやコンビニで買える

ごく普通のビスケットです。

でも祖母の基準では贅沢なのです。

 

私が祖母から与えられたビスケットは、

たくさん入っているのと

安いのだけが取り柄の

全く美味しくないビスケットでした。

 

祖母がくれるおやつは、

特売の割れたかき餅

お得用の割れた八ツ橋

色つき水かと思うほど水で薄めた善哉

本当に美味しいと思えるお菓子は

全くありませんでした。

 

祖母は「絶対」でした。

どんなにねだっても

「絶対」に買ってくれませんでした。

祖母は一家の権力者だったので、

父も母も祖母には逆らえず

私の願いを聞いてくれませんでした。

一事が万事そうでした。

 

 

✿欲しがらない子ども✿

 

その結果どうなったか、

私は何か期待することを

全て諦めてしまったのです。

 

割れたかき餅、割れた八ツ橋、

まずいビスケット、色つき水の善哉を

黙って食べました。

幼く無力だった私には

それしか選択肢がありませんでした。

諦めることと我慢することが

私の性質になりました。

 

私は後々までも自分の中にある

諦めと我慢する癖に悩まされました。

欲しいと思う心を制限する癖に苦しみました。

 

いつの間にか私は、

自分が欲しいものが何であるかすら

わからなくなっていました。

 

 

✿願いを踏みにじらないで✿

 

でもね、人生ってわからないですね。

私は不思議なカードに出会ったのです。

そのカードを眺めながら、

幼い頃の私は

どうしてほしかったのか?

何がしたかったのか?

何が悲しかったのか?

何が悔しかったのか?

私の中に今もいる幼い私と

少しずつ会話できるようになったんです。

 

そんなある日、

昔欲しかったありふれたビスケットを

スーパーで見かけて、

引き寄せられるように買いました。

 

その日、カードを引くと、幼い頃の私は、

「あの時、買って欲しかった。

ビスケットを食べたかったこともあるけれど、

『ビスケットを買って欲しい』という願いを

踏みにじらないで欲しかった

小さな願いを叶えてほしかった。

全てを諦めて我慢するまで

押さえつけないでほしかった」

と必死で私に訴えました。

 

 

✿なぜなのかがわかった!✿

 

そうだったね!悔しくて悲しかったね!

ずっと我慢していたのね!

幼い私の悔しさや悲しさが伝わって来ました。

 

そして同時に「そうだったのか!」

納得しました。

すぐに諦めてしまう。

すぐに白けてしまう。

欲しいものがわからない。

何がしたいのかわからない。

私のそんな傾向が何故だったのかが、

わかったのです。

パズルのピースがピタッとはまったような

そんな感覚でした。

 

自分の諦め傾向が何故なのかがわかると、

とてもホッとしました。

原因がわかれば

どうすればいいのかもわかるからです。

 

 

✿傷ついた幼い日のあなた✿

 

「長い間我慢させてごめんね。

でももう大丈夫、

あなたには私がついているから。

もう我慢しないで、

願い事があったらなんでも言って、

私が叶えてあげるから」

私は幼い私にそう言いました。

 

自分のことは

自分が一番わかっているつもりでも

案外わかっていなかったりするんですね。

 

こうして私はすぐに諦めてしまう

傾向を少しずつ克服することができました。

 

 

あなたはどうですか?

自分自身でどうしようもない

自分の生まれ持った性質なんだと思うことも

心の奥底を辿っていくと

幼い日に傷ついたあなたに

出会うかもしれないですね。

幼い日のあなたの気持ちを

聞いてあげることが、

今のあなたの悩みを

解決してくれるかも知れないですね。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

 

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

心の殻を破り、夢を取り戻せ!

あなたは心の殻を感じたことがありますか?

あなたの心を閉じ込める硬い殻を。

硬い殻の奥に閉じ込められている

夢が生きているのを感じますか?

 

 

✿心の殻に閉じ込められて✿

 

私は幼い頃から、

書いて表現することがとても好きでした。

誰に言われたわけでもないのに、

ノートに空想したお話をいくつも書いては、

楽しんでいました。

 

小学生の頃には、

担任の先生や文芸クラブの先生に

読んでもらったりしましたが、

思春期になってから

書いたものを誰にも見せなくなりました。

それでもずっと私は書き続けていたのです。

 

小学生の頃は、将来の夢を聞かれると、

「小説家になるねん!」

と得意げに答えていました。

 

その夢はいつも心の奥底にあったのです。

でも、大人になるにつれて、

「私には才能がない」

「才能がないことか明らかになるのが怖い」

「誰も読んでくれない」

「売れないし読まれないだろう」

諦め、恐れ、プライド、決めつけという

心の殻が夢をかなえようとする

私を邪魔しました。

 

私の心は硬い殻に

閉じ込められてしまいました。

 

 

✿欠乏感と空虚感✿

 

私は心に硬い殻をして、

自分の心を閉じ込めて、

中学の英語の教師になりました。

 

教師は大変な職業ですがやり甲斐もあり、

私は真面目で熱心な教師になりました。

 

周りの人には充実した生活をしているように

見えたと思います。

私も特に不満はありませんでした。

でもいつも欠乏感や空虚感に

悩まされていました。

 

私は過労やストレスから

鬱病にかかってしまいました。

その上、夫に先立たれ、鬱が悪化して、

教師を辞めざるを得なくなりました。

 

「私の人生はもう終わった!」と感じました。

 

 

✿夢は生き続けていた!✿

 

でも、人生ってわからないものですね。

ギリギリの崖っぷちで、

私はインナーチャイルドカードセラピーに

出会ったのです。

 

インナーチャイルドカードセラピーは、

カードを使って行う心理セラピーです。

カードの絵を見て、

相談者は絵の印象を語り、

その印象をもとにセラピストと対話するのです。

 

私はインナーチャイルドカードセラピーの

セッションを重ねるうちに、

硬い心の殻の中で、

作家になりたい私の夢が、

生き続けていることを感じたのです。

 

 

✿心の殻を破り、夢を取り戻せ✿

 

私は心の殻を破り、夢を実現するために

動き始めました。

おっかなびっくりでしたが、

書き溜めた小説やエッセイを

ブログや小説投稿サイトに投稿し始めました。

 

エッセイ集を出版するために

東京の出版スクールに入り、

エッセイ集を書き上げ出版にこぎつけました。

 

自分のエッセイ集やブログを

たくさんの人に読んでもらうために

セルフブランディングの塾にも入りました。

 

また、私が自分の心の殻を破り、

夢を取り戻す手助けをしてくれた

インナーチャイルドカードセラピーの

セラピストになり、

プロとして活動を始めました。

 

実際に行動することが、

心の殻を破り、夢を叶えようとする私に

力を与えてくれました。

 

 

✿心の殻を破り、夢を叶えること✿

 

ブログを書き始めて3年経ちました。

3年間、一日も休まずブログを書いています。

また、現在、二冊目の本を執筆中です。

 

インナーチャイルドカードセラピーの

セラピストとしての活動も続けています。

インナーチャイルドカードセラピーの

創始者の公認ティーチャーになり、

自分の講座も開設しました。

 

教師だった頃、あんなに悩んだ

欠乏感も空虚感も今は全くありません。

諦め、恐れ、プライド、決めつけという

心の殻の存在に気づき、

心の殻を破ることが出来たからです。

自分の夢を取り戻せたからです。

 

「心の殻を破り、夢を叶えること」

それが今の私の活動の大テーマです。

ブログ発信、著作、

インナーチャイルドカードセラピーが、

テーマを実現するための方法なのです。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

 

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

夢を実現するのに遅すぎるなんてことはない!

✿何か新しいことを始めるのに

遅すぎるなんてことはない✿

 

オンライン英会話のレッスンで先生に

「あなたの二冊目の本のテーマは何?」

と聞かれました。もちろん英語です(汗)

 

It is not too late to start something new.

(何か新しいことを始めるのに

遅すぎるなんてことはない)

 

It is not too late to realize your dream.

(あなたの夢を実現するのに

遅すぎるってことはない)

 

と自分で答えて自分ですごく納得しました。

 

そうなんです!

私の二冊目の本のテーマは

「何か新しいことを始めるのに

遅すぎるということはない。

夢を実現するのに遅すぎるということはない」

ということなんです。

 

 

✿心にストップをかけるもの✿

 

ありふれたテーマかも知れません。

でも、「遅すぎるなんてことはない」

と思っていても、

いざ実行に移そうとする時、

邪魔する心の壁のようなものがあるんですね。

 

私も書くことで表現発信したい!

作家になりたい!

と思っていても長い間できませんでした。

 

「私が作家になるなんてムリ」

という諦めだったり、

「作品を書いて才能がないと知るのが怖い」

という恐れだったり、

「誰も読んでくれなかったらどうしよう」

とおかしなプライドにこだわっていたり、

「私なんて無名だから売れない」

とやりもせずに決めつけたりしていました。

 

「何かを始めるのに

遅すぎるなんてことはない」

と思いつつも、諦め、恐れ、

安物のプライド、決めつけが、

何かを始めようとする心に

ストップをかけていました。

 

 

✿夢を阻む心の壁を打ち破れ✿

 

私の二冊目は、

「何か新しいことを始めるのに

遅すぎるなんてことはない」

「あなたの夢を実現するのに

遅すぎるってことはない」というテーマを

阻む心の壁を、

私がどうして乗り越えたかを

具体的に描いています。

 

自分の夢を見つけたいあなた

これからの人生をどう生きるか思案中のあなた

何かを新たに始めたいあなた

夢を実現するのを阻む壁を破りたいあなた

 

こんなあなたに心の壁を破る

勇気や元気を運び、

夢が叶うと信じることが、

叶える力を与えてくれると感じてもらうために、

二冊目の本を書いています。

 

あなたの夢を実現するのに

遅すぎるってことはないのです。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>