掌編小説:「美味しければ自然にお客さんが来てくれる」ってそれホント?

近所に新しいカレー屋さんができました。お野菜たっぷりでご飯は雑穀米、ヘルシーがウリのカレー屋さんです。

  

 

ところがこのカレー屋さん、カレーはヘルシーで美味しいのですが、あまり繁盛していません。この店のカレーを気に入って、通ってくるコアなお客さんがいるにはいるようなのですが…。

 

お店のオーナー兼シェフのオネエサンは、「私のカレーは美味しくないのかしら・・・」とすっかり自信を失くしてしまいました。

 

 

オネエサンの野菜カレーは、確かにヘルシーで美味しいのですが、ガッツリカレーを食べたい人には、ちょっと物足りないかも知れないなと私は思いました。

 

それにオネエサンは、野菜カレーを美味しく調理するのは熱心ですが、お店の宣伝が苦手な様子でした。

 

私はしばらくの間、なんとなくそのお店に行きませんでした。

 

それからだいぶ経って、私がそのお店の側を通りかかると、なんとそのお店は若い女性客でいっぱいだったのです!

 

お店の前には、黒板が置かれていて、カレーに使われている香辛料の説明や野菜が有機野菜であると書かれていました。ヘルシーで美容効果が期待できることも書かれていました。

 

 

またランチタイムにはドリンクがサービスになることも書き添えられていたのです。

 

    

私はお店に入ってみました。野菜カレーが美味しいのは、以前と同じでした。でも以前は香辛料のことも野菜が有機野菜であることも知りませんでした。

 

オネエサンは、「お客さん、お久しぶりです。お店の紹介パンフレットです。香辛料のことや野菜のこと、私がこのお店をしようと思った理由やあちこちのカレーを食べ歩いた私のカレー遍歴等が書いてあります。良かったら読んで下さいね」と言ってパンフレットをくれました。

 

家に帰ってパンフレットを読むと、オネエサンがブログを始めたことが紹介されていました。ブログは毎日更新されているのです。オネエサンは美味しくヘルシーな食事をしたい人、美容効果を期待する人に野菜カレーを食べて欲しいとブログに書いていました。

 

 

オネエサンは苦手だった宣伝も頑張ったようです。パンフレットやチラシを持って、オネエサンのお店に来てくれそうな人に配って歩いたともブログに書かれていました。

 

    

オネエサンは野菜カレーをどんな人に提供したいのか、野菜カレーにはどんな美味しさがあって、どんな効果が期待できるカレーなのか、そういうことをはっきりさせて、宣伝したんだなと感心しました。

 

「美味しければお客さんが自然に来てくれる」と言う考えもあるようですが、私はオネエサンを見習いたいと思ったのでした。

 

オネエサンが苦手な宣伝を頑張ったからこそ、オネエサンの野菜カレーを必要とする人に提供できるようになったのですから。

   

  

  

【村川久夢ホームページ】

✿『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』はこちらから✿

新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、村川久夢が「年だから」「今さら遅いから」など様々な心の制限を外し、他の誰かのためではなく、自分の心が望むことにしたがって生きるようになった軌跡を描きました。私が自分軸で生きられるようになった成長の課程を描いています。

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙の本は、1,000円(送料込み)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

  

*----------*

  

*村川久夢ホームページトップには、新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』に頂いた感想を多数掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。