「したことがないのでもっと勉強してからチャレンジします」と言ってしまうあなたへ

「したことがないのでもっと勉強してからチャレンジします」と昔よく言っていました(汗)

 

  • 人の評価ばかり気にして、失敗するのが怖かった
  • 失敗して人に批判されるのを恐れていた
  • 何かを判断する基準が、人の評価や機嫌だったので、自分が本当にやりたいこと、好きなことがわからなかった
  • 自分に自信がないので、何事も自分で判断できなかった
  • 自分にOKを出せず、圧倒的に経験不足だった

 

だから言ってしまうのです。「したことがないのでもっと勉強してからチャレンジします」と。真面目なので、勉強は本当に一生懸命にやりました。

 

<勉強が自己目的化すると虚しい>

何かのために勉強するのではなく、勉強することが自己目的化していました。勉強は楽しいけれど、何か虚しいんですよね。

そんな虚しさに悩んでいた時、インナーチャイルドカードセラピーに出会ったのです。おとぎ話や童話が描かれているインナーチャイルドカードを引いて、引いたカードから感じたことを書き出し、セラピストと対話しました。自分と向き合うチャンスを得たのです。

 

「常識や人の評価、世間体など、自分を制限するものから自分を自由にしたい。自分の才能や可能性を信じたい。夢に向かって今できることから始めたい」

そう思えるようになりました。

 

<どんなに小さな一歩でもかまわない>

掌編小説を書いてブログに投稿するようになりました。小説投稿サイトに投稿しました。友だちに頼んでセッション練習させてもらいました。自宅の一室を自宅サロンにしました。イベントに出展しました。夢に向かってどんなに小さなことでも、出来ることから始めました。実践を重ねて私は、気づいたのです。

 

  • 人に気に入られようとして生きても結局は何も得られない
  • 人の評価や機嫌ばかり気にして生きることは時間やエネルギーの損失
  • 自分が本当に望むことを知らないで人生を終わらせるのは本当に寂しく悲しい
  • 自分の本心を押し殺す生き方はつらい
  • 自分の人生は、いったい何だったのだろうと思って人生を終えるのは大損失だ!

 

たとえどんなに小さな一歩でもかまわない、一歩前に踏み出そう!

 

<大丈夫!あなたはできる!>

「したことがないのでもっと勉強してからチャレンジします」と言って、一歩も踏み出せなかった私が、一歩を踏み出した時、私は55歳でした。

 

最初は怖いですよね。私もおっかなびっくりでした。でも、小さな夢を叶えることで、あなたの夢への道を少しずつ前に進んで行くことができます。

 

私は55歳で最初のエッセイ集『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール』を出版しました。そしてまた今年、『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』を出版することができました。

 

 

 

 

『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、「したことがないのでもっと勉強してからチャレンジします」と言って、一歩も踏み出せなかった私が、どうして夢を叶える道を一歩ずつ踏み出せるようになったかを描きました。「したことがないのでもっと勉強してからチャレンジします」と言ってしまうあなたにも、勇気を出して一歩踏み出してみようと感じてもらえると思います。

 

大丈夫、あなたはできます!

 

【村川久夢ホームページ】

✿『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』はこちらから✿

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙の本は、1,000円(送料込み)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。