病める時も健やかな時も~ささやかな幸せ~

亡くなった夫と私の共通に友人に、私が考えたレシピを送りました。すると友人が「旦那さんが、いつも久夢さんの料理を自慢してたよ」と教えてくれました。

夫がいつも「美味しい!美味しい!」と言って、料理を食べてくれたことを思い出して、なんだかじ~んとしてしまいました。

 

 

夫は、とても良い人でしたが、不器用で人の気持ちを上手に察したり、話し合ったりできないところもありました。なかなか気持ちをわかってもらえなくて、悩んだことも何故か一緒に思い出してしまったのです。

 

特に、元気で病気一つしない健康な夫は、鬱に苦しむ私を理解できなかったようです。「考えすぎやから、そんな病気になるんだ」と言って、鬱病がどんな病気であるのか、全く知ろうとしてくれませんでした。「仕事を続けられないから、辞めたい」と何度相談しても、「辞めて何するんや?どうせ家でブラブラしているだけやろう」と言って取り合ってくれませんでした。

 

夫が亡くなってから、病気がちだったことを大変申し訳なく思い、罪悪感すら抱きました。11月22日「いい夫婦の日」がとても嫌いでした。病気ばかりしていた自分を責めてしまいました。時には、元気で頑張っている時は優しかったけれど、病気になったら冷たくなった夫を恨んだりしました。

 

夫は善良な人でしたが、本当に人の気持ちを察することができない人でした。理解できないメンタルな病や精神を病んで寝てばかりいる私を理解できなかったのでしょう。私たちは離婚寸前まで追い詰められました。

 

離婚届を前に二人で本気で向き合いました。夫もやっと私の気持ちを理解してくれました。ちょうどその頃、現在の主治医に出会い、私は劇的に元気になりました。また、少しずつ料理ができるようになりました。

 

何もかも全く正反対な夫と私でしたが、ささやかな夕食の食卓を囲む時の穏やかな時間は、本当に幸せだったなと、しみじみ思います。

 

 

【村川久夢ホームページ】

 

✿『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』はこちらから✿

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙の本は、1,000円(送料込み)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。