自然にやる気になるのを待ちましょう~心身を休める~

退職する前、

お先真っ暗で休職していた時、

カウンセラーさんから

「休むために休職したんですから、

休んだらどうですか?」

と言われたことがありました。

 

でも真面目ながんばり屋さんは、

休むことが苦手なんですよね。

特に心を休められないのです。

 

 

<鬱で休職中していた頃>

 

休職して約2週間経った頃、

休職前は仕事がつらくて、

私は指折り数えて休職を待ちました。

 

でも、実際に休職になりほっとすると、

悔しさと情けなさに悩まされて

何も手につかなくなってしまいました。

 

何をしたらよいかわからず、

苦し紛れに復職を目指して、

英語の勉強にしがみつこうとしました。

当然、気持ちばかりが焦って

英語の勉強は手につきませんでした。

 

心療内科のカウンセリングで、

「せっかく休むために休職したんですから、

休んだらどうですか?

休みに入ったばかりなんだから、

英語!英語!と思うのはやめて、

自然になにかしたくなるのを

待ったらどうですか?」

と指摘されました。

 

 

<眠って心身を休める>

 

本当にその通りなんですね。

でもその時はそうは思えなかったのです。

 

悔しさと情けなさに悩まされて、

いらいらと焦って

毎日を過ごしていました。

 

イライラして過ごしても一日、

好きなことをして

心を休めて過ごしても一日

と思えるようになるまでには、

しばらく時間がかかりました。

 

その頃、焦りや罪悪感に災いされて

気づいていませんでしたが、

私は相当に疲れていました。

自然に何かしようとするためには、

まず、ぐっすり眠って、

心身を休めることが必要だったのです。

 

 

<編物が良い気晴らしに>

 

事実、私は休職すると

驚くほどよく眠りました。

眠っても眠っても眠くて、

死んだように一日中眠っていました。

 

それからです。

焦りや罪悪感が

消えたわけでありませんでしたが、

何か好きなことを

してみようと思ったのは。

 

その時も編物が

良い気晴らしになってくれました。

英語学習用に使っていたDSの

カバーを編みました。

編み図なしで適当に編みました。

「落ち着いたら、

このDSに英語学習ソフトを入れて、

ぼちぼち英語の勉強を始めてみよう」

と思えるようになっていました。

 

 

<心を休めるには時間がかかる>

 

私は休職したことを

ずいぶん悔しく情けなく感じていました。

罪悪感や無力感に

ずいぶん長い間悩まされました。

 

でも休職して休養すると、

私は自然に「~してみよう」

と思えるようになりました。

 

私が最初に楽しいと思えたことは、

編物でした。

心療内科のデイケアに通って、

デイケア仲間とせっせと編物をしました。

 

気分が落ち着くと、

ヨガを習い始めました。

私は驚くほど元気になりました。

身体が元気になると

気持ちも明るくなりました。

 

心から楽しいと楽しめることに

次々と出会ったのです。

トラウマ化していた英語も

オンライン英語を始める等して

楽しめるようになりました。

 

 

<心が望むことに目を向けよう>

 

その後、私はインナーチャイルド

カードセラピーに出会いました。

人の評価や世間体ではなく、

自分の心が本当に望んでいることを

大切にできるようになったのです。

 

セラピストになった今、

心が疲れている時は、

 「まず休息して心身を休め、

自然に何かしたくなるのを

待つこと」の大切さを痛感します。

 

やる気になれない時は、

往々にして疲労しています。

休息したら違うことをして

気分転換をして、

自然に何かしたくなるのを

待って下さいね。

 

それでもあなたが焦ってしまう時は、

私に連絡して下さい。

インナーチャイルドカードを使って、

あなたの心が何を望んでいるか

一緒に見つめることができますよ。

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。