鬱になって良かったこと

<当然の日課だと思っていたこと>

 

鬱を患って、

今まで当然の日課としてしていたことが、

けっこう大変なことだったのだと

痛感することしばしばです。

 

鬱が酷かった頃は、

目が覚めてベッドから出るのに

まず一苦労しました。

起き上がっては、また横になって、

また落ち着かなくて起き上がる。

 

やっと起き上がってベッドから出たものの、

元気な時は、当然の日課だった

歯磨きや洗面がなかなかできないのです。

歯磨きはまだできましたが、

顔を洗う気になるまでが大変でした。

 

 

<すべてが億劫だった>

 

元気な時の朝食は、

トーストとカフェオレでした。

鬱になってからは、

トーストが面倒で焼けなくなりました。

インスタントコーヒーで作っていた

カフェオレも作れなくなりました。

家族に頼んで菓子パンとコーヒー牛乳を

たくさん買ってもらって、

菓子パンを飲み物で

流し込むように食べていました。

 

昼食は、朝食とほとんど変わりなく、

菓子パンとコーヒー牛乳でした。

買い置きの菓子パンがなくなると、

チョコレートとブラックコーヒーが

昼食になることもありました。

 

夕食は夫や父が買って来てくれた

お弁当やお惣菜でした。

何を食べても味がよくわかりませんでした。

 

 

<自己嫌悪と罪悪感>

 

毎日、トイレと食事以外は、

ほとんどベッドにいました。

 

朝早くから夜遅くまで働いて

疲れている夫に

毎日、お惣菜やコンビニ弁当を

買って来てもらい食べていました。

 

本当に申し訳なくて、

毎日夕方になって、

夕食の時間が近づいてくると、

強烈な自己嫌悪と罪悪感に

苦しめられたものです。

 

徒歩2分くらいの場所にコンビニがあり、

「昼間に弁当を買っておいてくれよ」

と夫に言われても、

その頃の私はベッドから出るのすら

辛い状態だったのです。

 

申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、

徒歩2分のコンビニまで行けませんでした。

 

鬱の辛さはいろいろありますが、

自己嫌悪と罪悪感は強烈に苦しかったです。

 

 

<身の回りのことができる大事さ>

 

今は、すっかり元気になり、

鬱になる前より活動的になりました。

 

人間が生きていこうとすれば、

食べることはもちろんのこと、

歯を磨いたり、顔を洗ったり、

お風呂に入ったり、

着替えて身だしなみを整えたり、

身の回りのことをしなくてはなりません。

 

鬱になる前は、

そんな基本的なことを軽視していました。

 

鬱で出来なくて四苦八苦していることを

元気だった頃は、

人生の付録のように思っていました。

 

今は、「人が生きて行くって

そんな基本的なこと1つとっても

大変なことなんだなと」

つくづく感じます。

 

 

<鬱になって良かった>

 

「鬱になって良かった」

と思うことは思い浮かびませんが、

「当然のように考えていた日課」を

元気で毎日果たせることが、

どんなに大事なことなのかを

身を持って知ることができました。

 

そうです!鬱になって良かったことは、

「当然だ!」と思って軽視していたことが、

どんなに大事なことかが分かったことです。

 

元気ですごせること、

安心してぐっすり眠れること、

美味しく食べられること、

楽しくて笑えること、悲しくて泣けること、

家族と一緒にすごせること、

やりがいをもって働けること、

当然だと思っていたことが

どんなに大事なことなのかを

実感できたこと、

私が鬱になってよかったと感じることです。

 

 

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。