おでんの具の定番ってなに?~定番とバリエーション~

✿おでんの定番具材は何?✿

 

 

「おでんの具、

定番以外に入れたいものは?」

と言う某サイトのブログネタを見て、

「おでんの具の『定番』ってなんだろう?」

と思ったことがありました。

 

おでんと言えば

日本人の国民食みたいなもので、

涼風が立ち、肌寒くなって来ると、

日本人には、おでんを食べたくなる

DNAでも組み込まれているのかと思うほど、

おでんを恋しがるように思います。

 

でも「『定番』の具材」となると

国民食のおでんにも地域性が

現れるようです。

 

 

✿おでんの具の地域性✿

 

私が結婚して

夫の実家がある福井県北部に行った時、

兄嫁がおでんを振る舞ってくれました。

福井のおでんには、

当地特産の里芋が入っていました。

私は驚きましたが、

福井ではおでんに里芋は、

「定番」のようでした。

 

関東の友人とおでんの話しをする時、

いつも「どんな食材なのかな?」

と私が不思議に思うのが、

「ちくわぶ」です。

竹輪なのでしょうか?麸でしょうか?

関西ではあまり見かけない食材です。

 

また、関東の友人たちは、

私が、「おでんの牛スジが美味しい」

と好物の牛スジの話をすると、

「こっちではあまり牛スジって

見かけないんだよね」と言います。

 

 

✿それぞれの家庭による違い✿

 

私と同じ京都に住んでいる友人でも、

子どもが喜ぶのでおでんにソーセージは

「定番」だと言う友人もいます。

 

また、同じ京都人の友人が、

経営している居酒屋のおでんには、

人気「定番」具材に素麺があります。

「おでんに素麺」を初めて知った時、

すごく意外で新鮮に感じました。

 

「定番」は人によって随分違っていて、

ブログサイトのブログネタ

「おでんの具、

定番以外に入れたいものは?」より、

「定番だと感じるものの違い」の方が、

私には面白く感じられました。

 

 

✿定番とバリエーション✿

 

「おでん具の定番って何かな?」

と考えながら、結局のところ

「定番ってないんだ」と思いました。

 

地域によってダシのとり方も違うし、

具材もその土地の特色があるし、

また家族の構成によっても変わります。

何より、それぞれの好みもありますよね。

 

「定番」は美味しく食べるための

基本のようなものなのでしょう。

そこに地域や家族や個人の特色で

柔軟にバリエーションを加えて

それぞれのスタイルにするのでしょう。

 

これはおでんの具だけではないと

私は思います。

「定番」に対して柔軟に

バリエーションを加えて、

自分のスタイルを確立するのです。

 

と言っても最近の私は

おでんを作ることはほとんどなく

コンビニで買って食べることが多いです。

コンビニのおでんも美味しいので、

これも1つのスタイルだと思っています。

 

 

村川久夢インナーチャイルドカー

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

【村川久夢ホームページ】

<ホームページ>

✿村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

✿セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。