夏の香り~祖母の畑のもぎたてトマト~

 

プランターを使って、プチトマト栽培にチャレンジしたことがありました。苗を植えると、トマトは順調に育ち、赤い実が綺麗に実ったのです。わくわくしながら、赤い実をもぎました。枝からトマトをもぎ取ると、プチップチッ心地よい感触がして、夏らしい香りが漂ったのでした。

 

不意に、幼い夏の日のことが、思い出されました。母方の祖母に連れられて、畑に夏野菜を取りに行った時のことを、急に思い出したのです。

 

母の実家は琵琶湖の干拓地にありました。私が幼い頃、田舎の家の周囲は、見渡す限り水田が広がっていました。遠くには琵琶湖の松林が見えて、なんとも郷愁にかられる、美しい風景でした。

  

祖母は、幼い私を連れて、なんば(とうもろこし)や茄子や胡瓜やトマトを収穫しに畑に出かけたのです。都会育ちの私は、笊に盛られて八百屋の店先に並ぶ野菜しか知りませんでした。祖母が畑で育てている野菜と、八百屋の野菜が一致せず、 とても不思議に思えたことを、今でも覚えています。

   

  

野菜が夏の陽を浴びて、大地から生み出されることを、その時、私は初めて知ったのです。その頃、私はトマトが大の苦手で、祖母が畑で収穫している、トマトの匂いに閉口したことも、一緒に思い出しました。それはかぎなれない「自然の香り」だったのです。

 

祖母と畑に行った、遠い夏の日を思い出しながら、プランターのプチトマトをもぐと、そこそこの量になりました。と言っても小さな笊に八分目程ですが(笑)熟れてはじけそうな、プチトマトを一つ、口に放り込んでみると、とても濃い味がしました。 幼い日に、母の実家で食べたトマトの味が、鮮やかに蘇りました。

 

  

おままごとのような、プランター栽培のプチトマトでしたが、それでも初収穫のプチトマトは、しっかりと夏の香りを漂わせ、私をしばし幼い夏の日に、誘ってくれました。その香りは、都会の小さな家に押し込められ、人形のように暮らしていた幼い私が、強烈に感じた「自然の香り」であり、「自由の香り」だったのです。

 

京都在住セラピスト作家:村川久夢(むらかわくむ)

 

<関連記事>

*村川久夢著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』1章無料公開中

*村川久夢プロフィール

 

 

※『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、「自由」とまったく無縁に育った村川久夢が、「~ねばならない」「~してはいけない」等、心を束縛する心の制限を外し、自分の可能性を信じ、夢を叶えられるようになった経験を描いた、ノンフィクションです。 

 

<『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』>

『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、村川久夢が「年だから」「今さら遅いから」など、様々な心の制限を外し、他の誰かのためではなく、自分の心が望むことにしたがって、生きるようになった軌跡を描きました。私が自分軸で生きられるようになった、成長の課程を描いています。      

 

 

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

  *紙の本は、880円(送料180円)です。下記ボタンよりお申込み下さい。

 

*----------*

*村川久夢ホームページトップには、『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』に頂いた感想を多数掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA