【連載小説】『薫~書の道・愛の道~』その2「衝動」

 

離れに通うのを許された一月間を境に、薫の書が、はっきりと変わった。筆を持つ前に、筆を入れる方向、線と線の間隔や角度、曲線の滑らかさ、字のバランス等をしっかり捉えた。適量の墨液を筆に含ませ、背筋を伸ばし、腕全体を動かして、力強く、しかし、リズミカルに筆を運べるようになった。

 

お手本を眺め眺め、迷いながら、書いていた時には出せなかった、線の勢いが薫の書に現れ始めた。線質が全く変わった。

 

「線に勢いが出て、線質が良くなった。短期間で上達したね。よく頑張った」と佐伯も薫を評価した。

 

佐伯の言葉を聞くと、薫は胸がいっぱいになったが、

「ありがとうございます。毎日筆を持っている内にわかったことがたくさんありました」

と言う思いは声に出して言えなかった。

 

そして、技術的なこと以上に薫の気持ちが変わった。

 

佐伯の教室は、書道家として生きる彼を慕って来た生徒がほとんどだった。どの生徒も子どもの頃に基礎を終え、鍛錬してきただけあって、書の世界に生きる気構えを持っていた。すでに書道家として活躍し、自分の書道教室で教えている生徒も少なくなかった。

 

基本編の漢数字やひらがなの練習から始めたのは、薫だけだった。薫は書道が楽しく、佐伯の教室が大好きだったが、他の生徒と自分の、あまりの実力差や気構えの違いに、気後れを感じているのも事実だった。

 

しかし、離れでの1ヶ月を過ごした今、全く感じなくなったとは言えないが、人と比べるのではなく、書に心を向けられるようになったのだった。

 

「人は人、私は私なのだ」と吹っ切れたように感じた。

 

「100枚書くより200枚、200枚書くより300枚書く方が上達します。稽古は人を裏切らない」と言う佐伯の声に薫は我に帰った。

    

「しかし、ただなんとなく100枚書いていては意味が無い。大事な点を捉え、それを頭で捉えるだけでなく、実際に書くことで体得するのです」

    

「ひいては、書と向き合い、自分の心の世界を表現して行くのです」と佐伯は稽古している生徒に向かって言ったが、薫には佐伯が自分に向かって語っているかのように感じた。

    

薫は一人離れに通って、何百枚と書いた書のことを思った。手本をよく見ること、大事な点を心に留めること、姿勢を保つこと、運筆の力の配分等、大切な基本を実践練習で気づき、少しずつだが気づいたことを身につけたことを思い返したのだ。

    

ちょうどその頃、佐伯は、彼が所属する書道会「群青」の定期書展の案内が、本部から届いたことを生徒たちに告げた。薫は入選を目指している生徒たちの殺気のようなものを感じた。

     

「薫さん、あなたは入会して、まだ年月があまり経っていないけれど、あなたも出品するように」とみんなの前で佐伯が言った。

   

「え!?私がですか…。」と薫が言いよどむと、

     

「先生、薫さんはまだ入会したばかりですし、今回は見送られたほうが宜しいかと思います」と田口貴子がピシリと言った。

    

貴子は書道会「群青」で何度も受賞経験がある気鋭の新進女流書家だった。佐伯が教室を立ち上げた頃から、教室に通っている。美貌の持ち主で、裕福な家庭に育ち、気位も高かった。薫の書道教室入会も快く思っておらず、薫は貴子とろくに口を聞いたことさえなかった。

    

「初心者と一緒に出展!この私が!まっぴらごめんだわ!」口には出さないが貴子の心の声が聞こえて来るようだった。

   

佐伯は田口貴子の発言には答えず指導を始めた。薫は言いようない落ち着かなさを感じた。最近、影を潜めていた気後れが、心の中に広がって行くのを感じた。

    

稽古時間が過ぎ、みんなが帰っていった後、薫は佐伯に辞退を訴えた。

 

「先生、定期書展の出品を辞退したいです。まだ習い始めたばかりですし…」

「じゃあ、どのくらい習ったら出品できるんです?」

「…」

「大作に挑戦するのは、いい勉強になる。基本編の手本を学ぶことは勿論とても大切なことだ。でも、大きな作品に挑む経験から学ぶことは多いんだよ」

   

薫は佐伯に説得されながら、二人きりの離れで書展の作品を書いていた佐伯の姿を思い出した。張り詰めた空気の中で、気迫をみなぎらせて書に向かう佐伯と美しく迫力に満ちた佐伯の書作品が目に浮かんだ。

 

-私も書いてみたい!―

 

薫は自分の本心に気づいた。抗いがたい衝動に突き動かされるのを感じたのだった。

   

 つづく

  

* 「墨の香り」~オムニバス「薫」:その1~

「衝動」~オムニバス「薫」:その2~

 「月光」~オムニバス「薫」:その3~

「脱皮」~オムニバス「薫」:その4~

 

作家:村川久夢

<関連記事>

*村川久夢著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』1章無料公開中

*村川久夢プロフィール

*村川久夢著『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫の死を克服した私からのエール~』

*村川久夢さんを知る!<突撃!注目の起業家インタビュー>

       

*----------*

【村川久夢ホームページ】

村川久夢著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』✿

 

新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』は、村川久夢が「年だから」「今さら遅いから」など様々な心の制限を外し、他の誰かのためではなく、自分の心が望むことにしたがって生きるようになった軌跡を描きました。私が自分軸で生きられるようになった成長の課程を描いています。

  *電子書籍(Amazon Kindle「読み放題」に登録されている方は0円でご購読いただけます。一般価格は550円です)下記ボタンよりお申込み下さい。

*紙書籍は、¥880(送料¥180)です。下記ボタンよりお申し込み下さい。

 

*----------*

✿心の制限を外す講座✿

 心の制限を外せば、いろいろなことにチャレンジして、人生を楽しめるのです。「心の制限の正体とは何か?どうして心の制限を外すか?心の制限を外せばどんなことが起こるのか?」を9通のメールに込めた「心の制限を外す無料メール講座」を是非お読み下さい。

*----------*

*村川久夢ホームページトップには、新著『50歳から夢を追いかけてもいい5つの理由』に頂いた感想を多数掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA