あなたの当たり前の中にあなたの強みが隠れている

「あなたの強みや長所は何ですか?」

と尋ねられると自分の長所や強みって

なかなか浮かばないものですよね?

 

私もそうです。

自分の強みや長所って全然わかりません。

 

でもね、ふと思ったのです。

強みや長所って

本人にとってはごく普通で

当たり前のこととしてやっていることの中に

隠れているのではないかと。

 

私は最近あるセミナーで

プレゼンをする機会がありました。

 

「え?!プレゼン!

そんなんしたことないし!」

とめちゃくちゃ焦りました。

私の頭にはたくさんの人の前で

パワーポイント等を使って、

上手にプレゼンする

偉い講師の先生の姿が浮かびました。

 

「私、パワーポイント使えへんし!

人前で喋ったら震えてしまうし!」

とすごく焦りました。

 

いろいろ考えた末に

紙の資料を使ってプレゼンすることにしました。

 

<私の資料の構成>

1、プレゼンのタイトル

2、プレゼンの年月日、発表者の名前

3、プレゼン項目の提示

(1)計画を思いついた理由

(2)計画の説明

(3)実施する時の流れ

(4)モニターケースの報告

(5)まとめ

 

Wordを使って紙の資料を作り出すと、

自分の考えが整理され、

写真等を挿入して

資料は案外スムーズに作れました。

 

提示用に資料に挿入した写真と同じ写真を

A4用紙いっぱいに印刷して、

ホワイトボードにマグネットで

貼り付けることにしました。

 

プレゼンの準備をしながら、

私は自分の手際の良さに驚きました。

 

考えてみると当たり前なんですよね。

私は26年間教師をしていました。

教材や学習資料、

職員会議や研修会の資料を

每日のように作っていたのです。

人前でわかりやすく話すのが

教師だった私の仕事でした。

 

セミナー当日、プレゼンを済ませると、

参加していた知人に言われました。

 

「久夢さんのプレゼンわかりやすかった。

やっぱり先生だったから

話すのも上手だし、

資料もよくまとめられていると思う」

 

教師にとって「わかりやすく話す」

「わかりやすい資料を作る」って

当たり前なんですよね。

 

でもよく考えると、

「わかりやすい資料を作って

わかりやすく話せる」って

物凄い強みであり長所ですよね。

 

私にとって当たり前だったことが、

本当は私の強みであり長所だったように、

あなたにとって当たり前のことの中に、

あなたの強みや長所が

きっと隠れていると思います。

 

私が私の強みや長所に

気がついたキッカケは、

セミナーでのプレゼンでした。

自分が当たり前だと

思っていることの中にある

強みや長所を見つけるには

キッカケが必要ですね。

 

インナーチャイルドカードは、

自分の当たり前を違う角度や視点から

見るチャンスを与えてくれます。

 

あなたの当たり前の中に隠れている

あなたの強みや長所を

インナーチャイルドカードを使って

見つけ出したくなったら、

私に連絡して下さいね。

 

✿セッションのお申込みは下記フォームから

<セッションメニュー>

・新規30分体験コース(¥3,000)

・90分コース(¥10,000)

<お申込みフォーム>

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

なかなかスランプから立ち直れない時にすべき5つのこと

1、眠って休息する

2、休息しても回復しない不調がある時は迷わず病院に行く

3、自分の気持ちを紙に書き出す

4、楽しいと感じることをする

5、自分の心の声を大切にする

 

実は6月下旬に

父が倒れたことが引き金になって、

私はこの夏、深刻なスランプに陥りました。

上の5つはその時に私が実感したことです。

 

1、眠って休息する

6月下旬に父が激しい腰痛を訴え

寝たきり状態になりました。

10日間父に付きっきりで介護しました。

 

その後父は入院し順調に回復しましたが、

退院後のこと等が不安で

気持ちが落ち着きませんでした。

 

寝ても寝ても眠くて、

昼間に何時間も眠るありさまでした。

今、思うと疲れていたのだと思います。

身体も疲れていましたが、

心が疲れていたのでしょう。

 

不調な時は睡眠が絶対に必要です。

寝ても寝ても眠い時は、

それだけ心も身体も疲れているのです。

心身が睡眠を必要としているのです。

 

2、休息しても回復しない不調がある時は迷わず病院に行く

父の入院等でバタバタしていて、

私は月1回通っている

心療内科の診察に行けませんでした。

 

父の入院や介護という大きな問題を

抱えている時なので、そんな時こそ、

心療内科を受診して

気持ちを安定させるべきだったのです。

 

案の定、睡眠導入剤代わりに飲んでいた

精神安定剤がなくなり、

私は睡眠障害に陥ってしまいました。

今年の夏は猛暑だったこともあり、

私はバテバテの絶不調でした。

 

必死の思いで心療内科に行き、

主治医の診察を受けました。

主治医に症状を話し、

安定剤を処方してもらうと、

次第に睡眠障害は治まりました。

 

「心療内科に行かなくても私は大丈夫」

と思いたい気持ちがありました。

でも休養しても回復しない時は、

医師の診察を受けることが大切だったのです。

 

3、自分の気持ちを紙に書き出す

ゆっくり眠って、主治医の診察を受け、

少し体調が落ち着いた時にしたことは、

自分の気持ちを書き出すことでした。

 

まず正直にイライラモヤモヤしている

自分の気持ちを正直に

そのまま紙に書きました。

すると次のようなことがわかってきました。

 

・何が気になっているのか?

・絶対にしなければいけないことは何か?

・今でなくてもよいことは何か?

 

このことが整理できると、

それだけで気持ちがかなり楽になりました。

紙に書き出すことは、物事を整理し、

客観視する働きがあります。

 

4、楽しいと感じることをする

この夏「純烈」というコーラスグループを知り

突然に「純烈」にファンになりました。

偶然、京都でランチショーがあったので

出かけました。

 

「純烈」のショーは楽しくて、

久しぶりにワクワクした気分になりました。

ランチショーはバテバテだった私の

清涼剤になってくれました。

 

8月上旬に冗談のように始めた

ボイストレーニングがとても楽しくて、

スランプでバテバテの私に

楽しい刺激を与えてくれました。

 

「純烈」のランチショーと

ボイストレーニングのレッスンで

しんどい時こそ、

楽しいことが大事なのだと私は実感しました。

 

5、自分の心の声を大切にする

「親の介護は子どもがすべき」

「ダラダラ寝るなんてだらしない」

「薬を飲んでいたら元気だなんて言えない」

「今さらボイストレーニングなんて恥ずかしい」

 

私が気にしていた世間体です。

でも心の声はこのように言っていました。

 

「父は設備や体制の整った病院や施設で

生活させたい」

「だるくてだるくてずっと寝ていたい」

「薬の助けを借りてぐっすり眠りたい」

「ボイストレーニングを始めて

上達するのがとても楽しい」

 

心が「嫌だ!」と感じることは止めて、

やってみたいことをしようと決意しました。

 

休養し心療内科で診察を受け

体調がある程度回復すると、

私は気持ちが整理できるようになりました。

 

楽しい刺激を受けて、

自分の気持ちを大切に行動すると、

だんだん自分の生活のリズムが

整って来るのを感じました。

 

スランプでとても辛かった今年の夏、

私は上記5つのことで

スランプを乗り越えることが出来ました。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

あなたは何度も何度も変容し成長することができる!

「今の殻を脱ぎ捨てて変わりたい!

もっと成長したい!」

と思ったことはありませんか?

 

私は「良い子・良い人」の殻を脱ぎ捨て、

変わりたいと思い続けながら

ずっとできずにいました。

いつも本当の自分を探し続けていました。

 

なのでインナーチャイルドカードセラピーに

出会い自分が心から望んでいることを知り、

自分の夢を叶える為に

行動できるようになったことに

深い感慨を覚えます。

 

そのような経過のためか、

私はインナーチャイルドカードの

ワンドスートのマークが蝶であることに

深い感銘を覚えます。

蝶は幼虫からサナギ、

サナギから蝶に変容します。

インナーチャイルドカードの

蝶のマークは「変容」を象徴しているからです。

 

インナーチャイルドカードセラピーの

創始者イーシャ・ラーナーさんは、

インナーチャイルドカードの解説書で

そのことに触れて以下のようなことを

書かれています。

 

In each of us, this creative transformation

can occur metaphorically,

again and again, throughout our lifetime.

 

私たち一人ひとりの中で、

この創造的な変容は

(蝶が幼虫からサナギ、サナギから蝶に

かわるような変容)

一生を通じて比喩的に

何度も何度も起こりうるのです。

 

metaphorically(比喩的に)と

書かれているのは、

「蝶の変容は幼虫からサナギ、

サナギから蝶と2回だけれど、

人は何度も変容できるのだ」

という意味だと私は解釈していました。

その真偽をイーシャさんに

お尋ねしたいと思っていました。

 

去る2018年9月21日

ティーチャーコースのセミナーで

イーシャさんにお会いした時、

直接、彼女にそのことを尋ねました。

イーシャさんは私の解釈は、

正しいと言って下さいました。

 

「蝶の変容は2回だけれど、

人は何度も何度も変容できるのです」

とおっしゃいました。

” again and again”(何度も何度も)

強調されたことを覚えています。

 

そうなのです。

人は生涯に何度も何度も

変わることができるのです。

 

公認ティーチャーの認定書をもらって、

東京から京都に帰る新幹線で、

初めてインナーチャイルドカードセラピーに

出会った頃のことを

私は感慨深く思い出していました。

あの頃は自分がセラピストなるとは、

ましてや公認ティーチャーになるとは

夢にも思っていませんでした。

 

私は2015年54才の時に

インナーチャイルドカードセラピーに

出会いました。

鬱を患い夫に先立たれ、

その頃は天職だと思っていた教師を

辞めざるを得なくなり、

自分を見失っていた頃でした。

 

その年の秋に私は

自分の心をもっと深く癒やすために

インナーチャイルドカードセラピー

セラピスト養成講座に通い始めました。

プロのセラピストになるとは

全く思っていませんでした。

 

そんな私でしたが、

インナーチャイルドカードセラピーに

深く関わり

プロとして活動したいと思い始めました。

そして2016年3月に養成講座を修了し、

同年4月からプロとして活動を始めました。

 

2017年10月には

インナーチャイルドカードセラピーの

創始者イーシャ・ラーナーさんの

公認ティーチャーになるため、

埼玉県の大宮でイーシャさんのセミナーに

参加しました。

 

2918年9月

ティーチャーコースのセミナーでは、

受講生それぞれがオリジナルレイアウトの

プレゼンテーションを行いました。

私たち受講生は全員

創始者イーシャ・ラーナーさんの

公認ティーチャーに認定されました。

 

振り返ると感慨無量でした。

私の傷ついた心を癒やし、

本当の自分を取り戻し、

私が希望や夢を見つける

手助けをしてくれたのは間違いなく

インナーチャイルドカードセラピーでした。

 

また多くのクライアント様に出会い、

セッションを重ねる度に、

私は変わったことを思い出しました。

 

インナーチャイルドカードの

ワンドのマークの由来を強く感じます。

蝶の変容は2回ですが、

私たち人は

「何度も何度も」変わり続けます。

 

インナーチャイルドカードセラピーは、

変わりたい成長したいあなたを

力強くサポートします。

あなたは何度も何度も変容し

成長することができるのです!

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>