落ち着いて女らしくなったね!

私は今年の1月で57才になりました。

カレンダー上の年齢で言うと

十分過ぎるくらい大人なのです。

 

でも私はいつもおどおどしていて

そんな自分の未熟さに悩んでいました。

大人の女性が持つ落ち着きや包容力などの

女らしさがないことに

引け目を感じていました。

 

女らしくなろうと、

小まめにカットやカラーに行き、

メイクもできるだけ丁寧にして、

身ぎれいにするように心がけました。

 

自己肯定感を高める

セミナーやカウンセリングにも行きました。

 

でも、何か違うんですよね。

 

人に気に入られようとすることは

結構しんどくて私はいつもどこか

不安で不安定でした。

 

そんな私の転機になったのが、

私のエッセイ集の出版でした。

ささやかな出版でしたが、

私のエッセイが本になったことが嬉しくて、

出版案内、宣伝、発送作業、

頂いた感想の発信など、

嬉しい忙しさに追われました。

 

そうこうする内に

3冊目のセルフマガジン制作も

忙しくなりました。

 

ホームページのリニューアルも始まりました。

 

インナーチャイルドカードセラピーの

公認ティーチャーになるためのセミナーにも

参加しました。

 

かさこ塾フェスタin大阪にも出展しました。

 

怒涛のような日々で

本当に忙しく大変でした。

でもやり甲斐がありとても充実していました。

 

心から「頑張ったよね~!私!」

と思えました。

身体は疲れましたが、

気持ちがとても楽になりました。

 

それまでの私は人の評価が

自分の値打ちでした。

親、指導者、好きな人の

自分への評価が全てでした。

 

でも、この時、心から

「頑張ったね!私!」

と自分を評価できました。

 

自分自身のことに必死で夢中な日々が、

私の自意識過剰を

洗い流してくれたようです。

「自分を認める」

「自分を受け入れる」

そのことを実践できたのだと思います。

 

今も人に好かれたいと思います。

嫌われたくはありません。

でも、もし嫌われたなら、

それは残念だけれど、

仕方がないと思えます。

 

今、鏡を見ると穏やかな幸せそうな

笑顔の自分がいます。

自意識過剰を克服しつつある

私の顔があります。

落ち着いて、

女らしくなったように思えます。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

玉子焼きはしょっぱい?甘い?

中学の修学旅行で

京都から関東地方に行った時のことです。

朝食に玉子焼きがありました。

玉子焼きが大好きな私は、

喜んで箸をつけました。

 

ところが玉子焼きが甘いのです!

 

「ええ~!玉子焼きが甘い!

こんなん食べられへん!」

根っからの関西人で

塩やお醤油味の玉子焼きに

慣れ親しんでいる私には、

ちょっとしたカルチャーショックでした。

 

修学旅行から帰ってからも、

 

「玉子焼きまずかったね!」

「甘かったね~!」

と友だちの間でしばらく話題になりました。

 

そのことはすっかり忘れていたのですが、

インターネットの普及やSNSの影響で、

関東地方の玉子焼きは

甘い味付けが多いことを知りました。

 

またテレビ番組などで、

「玉子焼きは甘い方が美味しいから」

と玉子にお砂糖をたくさん入れる

シーンなどを見かけました。

 

関東出身の友人が京都に遊びに来て、

「京都に来て玉子焼き食べたら、

甘くないんだもんびっくりしちゃった~!」

と驚いたこともありました。

 

同じ日本で玉子焼きの味付け一つとっても

違いがあるんですね。

 

最近、こういう文化の違いが

面白く感じるようになりました。

 

私は甘い玉子焼きは苦手ですが、

甘い玉子焼きがお好きな方も

いらっしゃると思います。

どちらが良い悪いではなく、

慣れ親しんだ食文化から来る

好みの違いだと思うのです。

 

違いを興味深く感じて、

尊重できることは大事なことだと、

玉子焼きの味付けの違いを通して

感じた私でした。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

村川久夢自宅サロンは世界遺産から徒歩5分です~京都の隠れた名所ご案内~

京都は魅力的な街ですね。

「村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー」自宅サロンは

京都駅から徒歩約10分です。

 

自宅サロンから、徒歩5分ほどの所に

浄土真宗本願寺派総本山の

西本願寺(世界遺産)があります。

 

ところが西本願寺の南側にある「唐門」は、

国宝であるにもかかわらず、

あまり知られていません。

桃山様式の豪華絢爛な装飾が美しい門です。

 

*国宝「唐門」

 

唐門の側には、

龍谷大学大宮学舎があります。

明治時代の美しい洋風建築の学舎で、

国の重要文化財にも指定されています。

 

*龍谷大学大宮キャンパス正門

 

*旧守衛所

 

*ヨーロッパ調の窓が美しい白亜の校舎

 

*校舎と旧守衛所

 

自宅サロンは西本願寺の門前町にあり、

近くには西本願寺伝道院、

藪内流燕庵等があります。

*西本願寺伝道院

 

堀川通を挟んで西本願寺の向かい側には

 

お香の専門店、

西本願寺御用達の和菓子店、

有名な京漬物店があり、

趣きのあるお買い物を楽しむこともできます。

*香道体験時の写真です

 

*西本願寺ゆかりの和菓子「松風」

 

セッションの後、

京都らしい雰囲気のよい、

お散歩を楽しんで頂けます。

 

いかがですか?

京都観光で京都にいらっしゃった時に、

「村川久夢インナーチャイルド

カードセラピー」でセッションを受けて

みられませんか?

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

 

 

京都ご近所歴史ミステリー

浄土真宗大谷派の総本山東本願寺、

私たちは親しみを込めて

「お東さん(おひがっさん)」と呼んでいます。

 

「お東さん」は私には馴染みが深く、

子どもの頃から度々訪れたお寺です。

 

花屋町通に面している、

「お東さん」の北側は

とても風情のある佇まいをしています。

 

ここは内事門(台所門)となまこ壁が美しく、

江戸時代に迷い込んだような

雰囲気を味わうことができます。

 

 

最近、内事門のことを調べていて

内事門の西側の石垣に

「穴門(あなもん)」があることを知りました。

 

小さいころから度々訪れていて、

現在はごく近所に住んでいますが、

「穴門」の存在は全く知りませんでした。

 

近所なので行ってみると、

確かに「穴門」がありました。

「いや~、ホンマや、あったわ~!」

と驚きでいっぱいになりました。

 

 

実は私、石垣に萌える方なんです。

特に楼閣はもう朽ち果てていて、

石垣だけが残っている時など、

栄華を誇った日々を想像して、

歴史ロマンをかきたてられるからです。

 

この穴門のことを知ったのは、

「京都発、ふらっとトラベル研究所」さんの

ブログでした。

 

<東本願寺の石垣に見つけた“ナゾの痕跡”とは?>

 

ご近所にあった意外な歴史ロマン、

古都ならではの、

京都ご近所歴史ミステリーでした。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

似ていると思いませんか?~料理とブログ~

*芋棒(里芋と棒鱈)

*揚げない唐揚げ&自家製ピクルス

*イワシの煮物

*ポトフ

お料理はお好きですか?

 

私は特別に好きでも嫌いでもありません。

でも、夫の生前、

仕事を終えて夫と一緒に食べる

夕食は頑張って作っていたように思います。

 

美味しいと言ってもらえると嬉しくて、

「次は◯◯を作ろう!」

「△△はどうだろう?」

張り切ってレシピを調べて作りました。

 

夫が亡くなると、

料理しても「美味しい」と言って

食べてくれる人がもういないと思うと、

辛くて料理出来なくなりました。

 

モチベーションが大事ですね。

作ってあげたい人の顔を思い浮かべて

料理するのは楽しいですよね?

その人の好きな食材、その人の体調、

季節、その日の気温、前日の食事、

いろいろ考えて料理を作ったものです。

 

ふと思ったのですが、

ブログを書くのは料理と似ていますね。

 

私は毎日夕方になると、

「今日はブログに何を書こう?」と

思案を始めます。

 

そして伝えたい人を思い浮かべて、

「役に立ってほしい」

「面白いと思ってほしい」

「励みや元気になってほしい」

そう願って、

伝えたい思いや情報と言う素材を

料理してブログに書くわけですから。

 

ブログを書くのはお好きですか?

誰のためならブログが書けますか?

 

似ていますよね?

料理とブログ。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>