人生のターニングポイントで出るカード

私がインナーチャイルドカードセラピーに

出会ったばかりの頃、

私は度々、

大アルカナ20「3びきのこぶた」

のカードを引きました。

*大アルカナ20「3匹の子ぶた」

 

このカードは

人生のターニングポイントにある時に

出るとされています。

 

当時私は狭い人間関係のトラブルに

悩んでいました。

とても自分が

人生のターニングポイントにあるとは

思えませんでした。

 

このカードを初めて引いた時は、

ただただオオカミが怖かったことを

覚えています。

オオカミが煙突から家の中に入って、

自分を襲って食べてしまうのだと

思っていました。

 

次にこのカードを引いた時は、

少し吹っ切れた頃でした。

このカードに対する印象も少し変わり、

オオカミが虚勢を張っているように

思えました。

「悔しかった入って来い!」

とオオカミに対して意地悪な気持ちに

なっていました。

 

3回目にこのカードを引いた時には、

オオカミに対して、

「いつまでも意地を張っていないで、

入っておいでよ~」

と声をかけるくらいの気持ちになっていました。

 

オオカミに対する私の印象が

すっかり変わっていました。

 

気がつくと

インナーチャイルドカードと出会い

セッションを重ねる内に、

私はずいぶん変わっていました。

 

インナーチャイルドカードセラピーの

セラピスト養成講座に参加し、

東京の電子書籍出版スクールにも入り、

セルフブランディングの

かさこ塾にも入りました。

 

すっかり諦めていた自分の夢と向き合い、

夢を実現すべく歩き始めていました。

 

その後、しばらく

「3びきのこぶた」のカードは

引きませんでした。

 

最近また、

このカードが私のセッションに

現れるようになりました。

 

今日、セッション練習会があり

そのセッションの中でも

このカードを引きました。

 

その時私は、

このレンガの家は私が毎日コツコツと

築いた家だと自信を持つことができました。

オオカミも恐れず暖かい火の側に

迎え入れる気持ちになっていました。

 

インナーチャイルドカードで

オオカミは自分の心の闇、影の象徴

だとされています。

 

私は幼い頃から書くことが好きで

作家になりたい夢を持っていました。

 

でも才能がない、どうせ認められない、

才能がないくせにと言って人に笑われる等、

言い訳ばかりして

自分の夢を実現することから逃げていました。

 

オオカミは傷つくことを恐れる

自分の心の闇だったのかなと思えます。

 

毎日コツコツとブログを書き、

セッションを重ねて、

作家としてセラピストとして

自信をつけるのだと思います。

レンガの家はその象徴なのでしょう。

 

今日のブログを書きながら、

私はまた新たなターニングポイントに

来ているんだなと感じています。

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

『どうしても受け流せなかった彼女の自慢話』

私は大学生の頃、

小さな英会話教室に参加していた。

大学で英文学を専攻していたけれど、

ListeningやSpeakingに自信がなく、

英会話は得意ではなかった。

むしろコンプレックスを感じていた。

 

クラスを指導して下さるソフィア先生は、

見るからに知的なイギリス人女性で、

物静かな人だった。

 

私はすぐにソフィア先生に

強い憧れを抱くようになった。

 

クラスの生徒は、

年齢も職業もバラバラだったが、

私とほぼ同年代の

リカちゃんと呼ばれていた女の子がいた。

 

リカちゃんは初対面の私に、

「あなた何歳?

どこの大学行ってるの?

バイトとかしてる?

彼氏いるの?」

とたて続けに尋ねて私を驚かせた。

 

そして私は、

全く関心のないリカちゃんの自慢話を

延々と聞くハメになった。

 

彼女は私と同じ年で、

有名な美大に通っていて、

コンテストで今まで何度も入賞し、

バイト先では有名人に気に入られていて、

イケメンでお金持ちの男の子にナンパされ

付き合っているらしい。

 

しばらくすると、

リカちゃんの自慢話を聞かされたのは、

私だけではないことがわかった。

彼女は同じ話を、人を変え、時を変え、

何度も繰り返しているようだった。

 

私は狡く、

表面はリカちゃんに調子を合わせていたが、

内心ではリカちゃんを嫌っていた。

 

そんなことがあったが、

ソフィア先生のクラスはとても楽しかった。

私は少しずつ英会話に対する

コンプレックスを解消することができた。

 

楽しかったので、

私はクラスを休んだことがなかった。

イギリス文学を専攻していたこともあって、

私は簡単なエッセイを書くようになった。

ソフィア先生は喜んで、

熱心に指導して下さった。

 

「真面目で頑張り屋だね、

英文エッセイを書くなんて」

と年配の男性生徒が私に言った。

 

するとすぐに

「あら!私は英文エッセイなんか

書けって言われたら、

とっくに教室を辞めていたわ!」

とリカちゃんが吐き捨てるように言った。

 

教室の雰囲気がいっぺんに悪くなった。

それでもソフィア先生は、

優しく微笑むだけで何も仰らなかった。

 

リカちゃんは、学業、作品制作、

アルバイト、彼氏との付き合いが、

とても忙しいようで、

英会話教室を休むことがよくあった。

英会話の進歩も捗々しくなかった。

 

でも、ソフィア先生は、

リカちゃんの展覧会の案内を

教室のみんなに手渡し、

彼女の活躍を伝えた。

彼女の才能を高く評価されていた。

 

教室の他の生徒は、

みんな出来た大人なのか、

リカちゃんが少々自慢話をしても、

微笑んで頷き、

「リカちゃんは、偉いね~」と誉めていた。

 

私は内心、強烈に不愉快だったが、

表面では優等生の笑顔を見せていた。

 

私が教室に通い始めて2年経った頃、

私はソフィア先生に突然呼び出された。

 

「リカちゃんが教室を辞めました。

あなたと喧嘩したそうですね、

何があったの?」

と尋ねられた。

 

「いいえ、何も心当たりは、ありません」
「そうですか、

リカちゃんは長く教室に通っているので

とても残念です」

とソフィア先生がとても悲しそうに仰った。

 

 

その後、私も就職し、

英会話教室から足が遠退いた。

 

 

ソフィア先生の教室に通っていたのは、

ずいぶん以前のことなのに、

リカちゃんのことを思い出すと

言いようのないこじれた

複雑な気持ちになった。

 

自己自慢の激しい人に、

今までに何度も会ったことがある。

いい気分ではないけれど、

適当に受け流している。

 

どうしてリカちゃんだけを

受け流せなかったのだろう?

 

今振り返ると、

私がリカちゃんを受け流せなかったのは、

ソフィア先生の存在が

深く関係しているとように思う。

 

私もリカちゃんのように、

ソフィア先生に認めてほしい、

評価して欲しい。

そんな思いを

私はストレートに表現できなかったのだろう。

 

教室の他の生徒さんのように

自分のやるべきことを地道にやっていれば

ソフィア先生の評価に

それほどこだわる必要もなかったはずだ。

 

今から思うと、

リカちゃんのあの激しい自己自慢も

なんらかのコンプレックスの

裏返しだったのかも知れない。

 

尊敬する人から評価されることは、

とても嬉しいことだけれど、

でも、自分で自分を

冷静に評価できることはもっと重要だ。

 

今もリカちゃんが、

自慢話をしているか知る由もないし、

知る気もない。

もう私とは何の関係もない人だ。

 

私は自分が信じた道を

粛々と進んで行くだけだから。

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

カードを引くのが怖いと感じる時~インナーチャイルドカード物語~

セラピスト養成講座に通っていた頃、

ある大事な人との人間関係がこじれ、

非常にナーバスになって

悩んでいた時がありました。

 

普段は不安な時や動揺している時は、

インナーチャイルドカードを引いて

セルフセッションをしていたのですが、

その時はあまりにも不安で怖くて

どうしてもカードが引けませんでした。

 

「もし、カードを引いて

ネガティブなカードが出たらどうしよう」

「悩んでいることに

否定的な結果が出るのが怖い」

と思って物凄く怖く感じ

カードが引けませんでした。

 

今思うと私がその問題を

それだけ大事に思っていて、

きちんと解決したいと思っている気持ちの

裏返しだったと思うのです。

 

正直言ってあの頃は

ネガティブに思えるカードが出るのが

怖く感じていました。

 

でも今はカードの意味の善し悪しに

注目するのではなく、

引いたカードと言う切り口を通して、

どうすれば今の自分の状況を

より良く理解することができ、

より良い状況を築けるかに

ポイントを置けるようになりました。

 

あの時カードが引けなかった私ですが、

気持ちに整理がついた時に、

カードを一枚だけ引いてみました。

その時に出たカードは、

「クリスタルのガーディアン、ガイア」でした。

このカードにはこんな意味があります。

 

「つまり地球とは

愛を学ぶためのこの世の学校なのです」

「愛は全てを癒します」

 

「恐れから自分をガードすることばかり

考えるのではなく、

愛を持って今の自分に出来ることをしよう」

と思うとナーバスになっていた心が

静かになったことを覚えています。

 

*クリスタルのガーディアン ガイア

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

寒くても春はもうすぐですね!

「マフラーをしっかり巻きて帰る道

 明るくなりぬ日一日と   久夢」

 

 

マフラーが手放せない

寒い毎日が続いていますね。

 

暦の上では春ですが、

この時期は、

一年で一番寒い時期だそうです。

でも陽射しには

春を感じるようになった

そんな気持ちを表した私の短歌です。

 

この短歌を詠んだのは3年前です。

 

その頃ある辛い出来事がありました。

マフラーをしっかり巻いて

寒さをしのぐように、

私はずっと耐えていました。

 

でも、気がついたのです、

帰り道の陽射しが

日一日と明るくなっていることに、

春が近いことに。

 

「大丈夫、顔をあげて帰ろう!

元気を出そう!」

そんな風に思えました。

 

暦の上では春です。

寒くても春はもうすぐですね!

 

*画像はmixiの俳句・短歌コミュの

友人に作ってもらいました。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

大好きな”I can only be me” を訳詞してみました~♪♪

気に入った英語の歌の歌詞を

翻訳して楽しんでいた時期がありました。

最近偶然、10年前に私が翻訳した

“I can only be me”の訳詞を見つけました。

 

作詞作曲はスティービー・ワンダーですが、

私が初めて聞いたのは、

エヴァ・キャシディ版でした。

改めてオリジナルの歌詞を読んで、

訳詞し直してみました。

 

初めてエヴァ・キャシディで

この曲を聞いた時、

その透き通ったのびやかな歌声が

心にしみました。

 

“I can only be me”

 

I can only be me.

直訳すると

「私は私であることだけができる」

直訳してしまうと

味も素っ気もないですが・・・。

 

訳詞してみると、

「どんなに違う自分であることを望んでも

それは叶わないこと、

自分に見えているものを好きになって

あなたはもっとあなたらしくていい

私が私でしかいられないように

あなたは、あなたでしかいられない」

という意味の歌詞でした。

 

歌詞の意味が分かると、

大好きな曲がもっとジーンと来ました。

 

以下はオリジナルの歌詞と私の訳詞です。

 

 

“I can only be me.”

 

Butterflies begin,

from having been a larva,

As a child is born,

from being in a mother’s womb,

But how many times,

have you wished you were some other;

Someone than who you are.

 

Yet who’s to say that if all were uncovered,

You will like what you see;

You can only be you,

as I can only be me.

 

Flowers can not bloom,

until it is their season,

As we would not be here,

unless it was our destiny,

But how many times,

have you wished to be in spaces,

Times, places than what you were.

 

Yet who’s to say with unfamiliar faces,

You could any more be;

Loving you that you’d see,

You can only be you,

as I can only be me.

 

Hoooo ohooo oohooouhooooo

 

I can only be me.

 

 

以下は私の訳詞です。

「日本語にしたらこんな感じかな?」

という感覚で訳してみました。

 

 

「私は私でしかいられない」

 

蝶は幼虫から生命を始める

子どもが母のお腹に宿り

そして生まれてくるように

だけど、どれほど何度も

違う誰かだったら良いのにと願ったことか

自分ではない他の誰かだったらと

 

でも、誰にも言えはしない

すべてのことがわかったなんて

だからあなたに見えているものを好きになって

私が私でしかいられないように

あなたはあなたでしかいられない

 

季節が来なければ花は咲かない

運命がなければ

私たちはここに存在しないように

だけど、どんなに何度も

あなたがかつていた

時間や場所以外の空間に

いたら良かったと願ったことだろう

 

でも誰も見慣れない顔だと言えはしない

あなたはもっとあなたらしくていい

あなたが見てきた自分自身を愛すること

私が私でしかいられないように

あなたもあなたでしかいられない

 

私は私でしかいられない

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>