夏の香り~祖母の畑のもぎたてトマト~

プランターのプチトマト栽培に

挑戦したことがあった。

苗を植えるとトマトは順調に育ち、

赤い実が綺麗に実った。

 

わくわくしながら、

プチップチッと赤い実をもいだ。

プランターのトマトをちぎると、

プチップチッ心地よい感触がした。

茎からトマトをもぐと夏らしい香りが漂った。

 

不意に幼い夏の日のことが

思い出された。

母方の祖母に連れられて

畑に夏野菜を取りに行った時のことだ。

 

母の実家は琵琶湖の干拓地にあり、

今はかつての面影は全くないが、

私が幼い頃、田舎の家の周囲は

見渡す限り水田が広がっていた。

はるか遠くに琵琶湖の松林が見えて、

なんとも郷愁をそそる風景だった。

 

夏の日、幼い私は祖母に連れられて、

畑のなんばや茄子や胡瓜と一緒に

トマトをもぎに行ったことがあった。

 

都会育ちの私は、

笊に盛られて八百屋の店先に並ぶ

野菜しか知らなかった。

 

祖母が畑で栽培している野菜と

八百屋の野菜が一致せず、

とても不思議に思えたことを

今でも覚えている。

 

トマトが夏の太陽を浴びて、

大地から生み出されることを

私は初めて知ったのだ。

 

その頃、私はトマトが大の苦手で、

祖母が畑で収穫しているトマトの匂いに

閉口したことも一緒に思い出された。

 

それはかぎなれない

自然の香りだった。

 

幼い夏の日を思い出しながら

プランターのプチトマトをもぐと、

そこそこの量になった。

と言っても小さな笊に八分目程だったが。

 

熟れてはじけそうなプチトマトを

一つ口に放り込んでみた。

濃い味がした。

幼い日に母の実家で食べたトマトの味が

鮮やかに甦った。

 

トマト嫌いだった私も、

嗜好が変わったのかいつの間にか

トマトも好んで食べるようになった。

 

おままごとのようなプランター栽培の

プチトマトだけれど、

それでも初収穫のプチトマトは、

しっかりと夏の香りを漂わせ、

私をしばし幼い夏の日に誘ってくれた。

 

小さな家で人形のように暮らしていた

幼い私が強烈に感じた夏の香りだった。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

【親の介護】一人で抱え込まないで!

父が圧迫骨折で入院して以来、

よく思うことがある。

親の介護の問題だけに限らず

どんな問題でもそうだと思うけれど、

それは、

 

「一人で抱え込まないで!」

 

と言うことだ。

 

父が入院して今まで気楽にかまえていた

親の介護問題が差し迫ったものになった。

幸い私は弟と話し合い助け合い、

父は病院で適切な看護を受けている。

 

10年前、

パーキンソン病を患っていた母の介護は

もっと深刻だった。

パーキンソン病は進行性の病気で、

母が亡くなる前は、

食事、着替え、用便も

自分で出来なくなった母の介護を

高齢の父がしていた。

 

当時、私は鬱病が一番酷かった時期で、

母の介護が気になっても、

ろくに父を手助けすることが出来なかった。

 

一人で母を介護していた父は疲れると、

私にもっと手伝ってほしいと

愚痴をこぼしに来た。

そしていつも私に、

「ワシも年いってるし先のことはわからん。

おまえはお母ちゃんをどうするつもりや」

と言った。

 

母の病状がそれほど深刻でなかった時は、

父が一人で奮闘していた。

母も父もデイサービスやヘルパーの助けを

借りるのには抵抗があったようだ。

 

それでも母の病状がだんだん深刻になり、

母は週3回のデイサービス、

週1回の入浴介護サービスを

受けるようになった。

 

当初、デイサービスなどの公のサービスに

抵抗を感じていた母だったけれど、

デイサービスに通い始めると、

音楽の時間、お習字の時間、

デイケア友だちとの交流を

楽しみにするようになった。

 

父も母がデイケアに行っている間は、

少しホッとしている様子だった。

私も少しは気持ちが楽になった。

 

それでも母がデイサービスに行かない日や

デイサービスから帰ってからの世話、

特に夜間の世話が大変だった。

 

深夜に父が母の用便の世話をする物音を

聞くと何もできない自分が後ろめたくて、

責められているような気持ちに

なったものだった。

 

あの頃、母の介護は父に任せきりで、

私は具体的には何もしていなかったが、

「お母ちゃんをどうすんにゃ?」

と父から言われる度に

追い詰められてとても苦しかったことを

よく覚えている。

毎晩のように家族から逃げる夢を

見たものだった。

とてもつらかった。

 

今日の夕方、偶然、

親の介護問題を扱っている番組を見た。

 

実際に親の介護真っ最中の方が、

実情を語っておられた。

どの方も親の介護問題に直面したら、

「一人で抱え込まないことだ」

と発言されていた。

 

家族と話し合い助け合うこと、

公的サービスを受けること、

ブログやSNSで

親の介護について交流すること等の方法が

紹介されていた。

 

SNSで親の介護のつらさを切々と

訴えている人の投稿を読んで、

介護サービスに詳しい人が

役に立ちそうなサービスのリンクを

紹介するコメントをされ、

投稿者が救われた気持ちになったことが

取り上げられていて印象に残った。

 

本当に一人で抱え込まないことが

大事だと思った。

ブログやSNSで自分の気持ちを

発信するだけでも、

気持ちは全然違ってくる。

 

「一人で抱え込まないで!」

改めて自分に言い聞かせた。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

オトーチャンに学ぶポジティブシンキング

父が圧迫骨折で入院し1ヶ月経ちました。

父は90才ですが、幸い順調に回復し、

現在はリハビリのために入院を続けています。

 

この1ヶ月で一番救われていることは、

介護される父のポジティブさです。

今日は父から学んだポジティブシンキングを

まとめたいと思います。

 

1、できると信じて諦めない

父は6月下旬に激しい腰痛で

起き上がれなくなり、

10日間自宅で寝たきりでした。

入院することが決まった時、

父は私にこう言いました。

 

「90才のワシが生意気なようやけど、

ワシはまた歩けるようになると思うねん。

90才言うても100才の人から見たら

10才若いからな~」

 

入院当初の父は

身体を起こすのもやっとでしたが、

「ちょっと待ってや。

自分で起きられるかやってみるし」

と言って、身体を起こすことも、

立ち上がることも、歩くことも

諦めずにチャレンジを続けました。

 

90才という年齢にもかかわらず、

驚くような順調さで、

身体を起こし、立ち上がり、

数歩ですが歩くようになりました。

 

2、現状を受け入れくよくよしない

前向きな父でしたが、

圧迫骨折の痛みで介助がないと

時には起き上がったり、立ったり、

歩けたりしないないこともありました。

 

そんな時父は、ちょっと残念そうに、

でも、明るく、

 

「年でんな~あきまへんわ~」

 

と笑ってくよくよしませんでした。

「今日はアカンけれど、明日はできる~」

と楽天的でした。

悲観してくよくよしませんでした。

 

諦めないことと

ちょっと矛盾しているかもしれませんが、

今日できないことは素直に受け入れて、

嘆きませんでした。

 

3、感謝する

父は私や弟にいつも

「すまんな~おおきにやで~」

と言って手を合わせます。

 

私たち姉弟や看護師さんに

感謝の気持ちを伝えてくれます。

素直にそう思っているようです。

そういわれると悪い気持ちはしません。

 

私の知人はご両親の介護を

私とは比べ物にならないほど丁寧に

されていますが、ご両親からは、

「子どもが親の面倒を看るのは当たり前や!

ろくな介護もできひんくせに」

と文句ばかり言われるそうです。

 

「可愛くないで~!嫌になるわ~!

『一回でもありがとうと言えへんか』と思うで」

と言っていました。

 

「ありがとう」の一言で

介護する者の気持ちが全然違って来ます。

 

4、無理せずに自分の気持ちを伝える

歩く練習なども、痛くて出来ない時は

父は無理せずに、

「今日は痛いしやめとく」、

何かしてほしいことがあると遠慮せずに、

「~してくれるか」と伝える等、

無理ぜずに自分の気持ちを伝えます。

 

これもとても大事なことだと思います。

 

 

「できると信じて諦めない」

「現状を受け入れくよくよしない」

「感謝する」

「無理せずに自分の気持ちを伝える」、

父の介護を通して知った

ポジティブシンキングの大切さです。

 

父は自分がポジティブであるとは

全く意識していませんが、

私も弟も父のポジティブさに救われています。

 

ポジティブであることは、

本人も気持ちが自然で楽だと思います。

そして、周りの者も

ポジティブさに救われた気持ちになります。

 

父の介護をしながら父から学んだ

ポジティブシンキングの大切さです。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>