飼い猫が私にする一番イヤなこと

猫ってとっても可愛いですが、

いらんことしかしないんですよね・・・

 

餌やりやトイレの世話はもちろんのこと、

壁や柱で爪とぎして

家中のクロスはボロボロになるし、

目を離すとソファーやベッドに

おしっこをかけるし、

毛玉を吐いて床を汚すし、

畳んだばかりの洗濯物の上に座って

衣類に猫の毛が付くし、

本当にいらんことしかしないんです。

 

でもね、猫がすることで一番嫌なことは、

先に死んでしまうことです。

 

猫を飼い始める時、

子猫の可愛さに心がとろけてしまい、

その猫が老いて

大抵は自分より先に死んでしまうことなど

考えつかないのです。

 

私の愛猫ミロは、

6年前に13才で死にました。

 

楽しい時も辛い時も一緒にいてくれたミロ。

私はペットロス状態になって、

毎日毎日、泣きながら

ペットロスの投稿ばかり読んでいました。

 

ある時、「お母ちゃん、泣かないで!

ミロは大丈夫。お母ちゃん、頑張って!」

というミロの声を聞きました。

 

私はやっとミロの死から立ち直りました。

 

私は今、クム、ピユ、クロと

3匹の猫を飼っています。

寒い朝、目覚めた時に、

ベッドに猫たちのフニフニの感触と温かさを

感じるととても幸せな気分になれます。

 

でも、私が先に死なない限り、

私にはまた3回辛い別れが待っているのです。

 

でも、だからこそ

今ここにいる猫たちを思い切り抱きしめて

幸せを噛み締めたいと思います。

 

飼い猫が私にする一番イヤなこと、

それは私より先に死んでしまうことなんです。

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

ブログを書き続けるのがしんどい時、自分のブログの原点を再確認しませんか?

あなたのブログ目標は何ですか?

あなたは何のために

ブログを書いていますか?

 

私は毎日ブログを書いていますが、

最近、とにかく毎日書くことに必死で、

何のためにブログを書くのかを

見失っていました。

 

この状態はとてもしんどいです。

「ブログを書く意味があるのか?」

「自分のブログに価値はあるのか?」

そんな疑問で心がいっぱいでした。

 

そこで原点に帰って、

自分がブログを書く理由を振り返ってみました。

 

<私がブログを書く理由>

*生きづらさ、心の病、夫の死の経験を

書くことで自分自身が苦しみを

克服するため

 

*苦しみを克服した経験を

誰かに役立ててもらうため

 

*同じ苦しみに悩む人が共感でき

励みに感じてもらうため

 

*インナーチャイルドカードセラピーを通して

人の心にやすらぎと勇気を与えるため

 

*私のエッセイや小説を読んでもらうため

 

*インナーチャイルドカードセラピーの

セッションに来てもらうため

 

*鬱・夫の死を克服した作家

&インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢に関心を持ってもらうため

 

以上です。

 

以前、青山華子さんのホームページで

「ブログの価値とは?」という記事を

読んだことがありました。

 

青山華子さんは以下のように

考えておられます。

 

*面白いと思える内容が書いてある

(楽しみ、エンターテイメント)

*役に立つ情報がある(ノウハウ系)

*読んでいるだけで元気が出る(癒し系)

*書いている本人に会ってみたくなる

(ブロガーの魅力)

*希少価値がある

(一次情報満載、情報がレア)

*ファンがいっぱいいそうなブログ

(ブランディング)

*影響力が強いブログ

(アルファブログ、パワーブログ)

*読んで心が動かされるブログ

(感動系、啓蒙系)

 

私自身は、「読んで元気が出る」

または「ビジネスに役に立った」

と言われるようなブログを目指しています。

少しずつ少しずつ資産になるような

記事を書き続けて、

自分のブログの価値を上げていきたいですね。

 

(青山華子さんのブログ

「ブログの価値とは?」より)

 

私もやっぱり「誰かの役に立つ」

「読んで元気が出る」

ブログが書きたいです。

 

最近の私は書き続けることに必死で、

自分がブログを書く理由を見失っていました。

 

書くことだけで精一杯になった時、

書き続けるのがしんどい時、

自分の目標を確認し、

今の状況を整理すると

私は自分が何をしたいのかが見えて来ますね。

 

ブログを書き続けるのがしんどい時は、

自分のブログ記事を読み返して整理して

自分がブログを書く原点を再確認しませんか?

自分がどうしたいのかを思い出しませんか?

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

あなたの恐れ、疑い、 乱れた心を、 両手を開いて抱きしめてあげなさい

「大きな悪いオオカミ」

昨日、一人でインナーチャイルドカード

セラピーのセッション練習をしていた時に、

キーワードになるポジションで

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」

(タロットの「悪魔」)を引いたのです。

 

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」は、

実はちょっと苦手に思っている

カードなんですね。

 

でも、このカードには

本当は大切な深い意味があるのです。

そこで、もっとじっくり理解するために

インナーチャイルドカードの

英語版のテキストで

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」

を読んでみました。

そこに書かれていたこの文章が気になりました。

 

【久夢の英語版翻訳】

このカードを引くことは大切です。

オオカミは不毛な森の木に隠れています。

肥沃さや成長は姿をひそめています。

 

執着、肉欲、欲望のエゴを取り除くことを

象徴している塔は遠くに存在しています。

より高いゴールへの霊的な小径は

まだ存在しています。

しかし、道は遠く、そしておびただしい影が

存在しています。

 

オオカミは木の陰に隠れるのを止め、

月光に癒されるために

前に進んでいかなければなりません。

これは自信のある人物になるために

束縛から逃れ、

自由に世界と交流する動きを象徴しています。

 

不毛な森は、

自分が満足していない現状に思えました。

塔は、エゴを克服した自分の姿

道は、自分が歩むべき作家・セラピストの道

闇は、自意識過剰、疑心暗鬼、嫉妬、不安、

我欲等々

 

そうなんです、

執着や束縛から逃れるためには、

自分が木から離れないといけないのです。

月光に照らされるために

前にすすむべきなんですよね。

「心を開いて自由に世界と交流しなさい」

とこのカードは教えてくれているのですよね。

 

「大アルカナ15:大きな悪いオオカミ」

を訳し終えた時、とてもほっとしました。

感動さえしました。

そして、このカードがとても好きになりました。

英語版の最後にはこうも書かれていました。

 

「このカードがあなたのリーディングに

現れた時は、

あなたの心にある恐れ、疑い、

ばらばらに乱れた心の状態を、

両手を開いて抱きしめてあげなさい」

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>