村川久夢のカウンセリング理論1~おおむがえしの大切さ~

 

<毎日がカウンセリング実践の場>

 教師だった頃を振り返ると

学校生活は毎日が

カウンセリング実践の場でした。

 

意識していませんでしたが、

私は毎日カウンセリングを行っていました。

 

 

<実践的カウンセリングスキル紹介>

 その中で、教師だった頃も、

セラピストになった今もよく実践する方法が

「同じ言葉の聞き返し」、

いわゆる「おおむがえし」です。

 

実践的カウンセリングスキル

「おおむがえし」の事例をご紹介します。

 

<言葉で表現するのが苦手なA君の例>

私が担任したA君は、

自分の気分感情を言葉で表現することが

大変苦手でした。

自分の気分感情を言葉で表せないことで

いつもイライラしていました。

 

体格が良く、腕力があることもあって、

苛立つと人や物によく当たっていました。

 

朝一番に彼が教室に現れると、

彼は壊れるかと思うくらい乱暴にドアを開け、

教室の物を蹴って席につきます。

 

どう対処していいのかわからなかった私は、

最初は厳しく注意していました。

もちろんA君が大人しく聞くわけもなく、

朝から一騒動になりました。

私は困り果てていました。

 

ある時、穏やかで優しい先輩のB先生と

私がいると、A君が通りかかりました。

 

いつも通りイライラしていました。

「暑い!しんどい!むかつく!」と言って

私たちの近くにある柱を蹴りました。

 

B先生は、「ホンマやね~暑いな~」

「しんどいね~」

「むかついているんやね」

 

と優しくA君に声をかけました。

 

注意されると身構えていたA君は

拍子抜けしたような表情になりましたが、

こちらをむいて、

「暑い!しんどい!むかつく!」

と同じ言葉を繰り返しました。

でも、声の調子は

ずっと穏やかになっていました。

 

「どこがしんどいのや?

どんなことがむかついたんや?

ここに座ってなんでかを

先生に教えてくれるか?」

と優しく穏やかに尋ねました。

 

もうこの時になると

A君の苛立ちや刺々しさは

陰をひそめていました。

A君はポツリポツリ、

自分の気持を話してくれました。

 

私はこのやり取りを見て以来、

A君が苛立っていても

穏やかに「~なんやな?」と

「おおむがえし」で問い返すようにしました。

 

苛立つA君に強い調子で

いわゆる「上から目線」で注意しても

意味がないことを悟ったからです。

 

<事例から学んだカウンセリングスキル>

この事例のように経験から学んだことは、

セラピストになった今に生かされています。

 

クライアントの言葉をよく聞いて、

一度そのまま「~なんですね?」と

「おおむがえし」に尋ねる方法は、

効果的な方法だと感じています。

 

私がセッションを受ける立場の時に

その効果を実感します。

「~なんですね?」と尋ね返されると、

「わかってもらっているんだな」

「共感してもらえた」

と気持ちがリラックスして、

自分の思いを率直に話しやすくなりました。

 

また自分が言ったことを同じ言葉で

「~ですね?」と尋ね返されると、

「ああ、私はそういうことを

悩んでいるんだな」

と自分を客観視できました。

 

<カウンセリングスキルの大切さ>

 私がインナーチャイルドカードセラピーの

セッションに臨む時、

インナーチャイルドカードの意味を

よく知っていることはとても大切です。

 

でも同時に、カードの意味をより効果的に

生かすためにはカウンセリングスキルを

ブラッシュアップすることも大切です。

私はこのことを痛感しています。

 

このことはインナーチャイルドカードセラピー

だけでなく他のセラピーでも

言えることではないでしょうか?

 

私はカウンセリングを専門に

勉強したことはありませんし、

カウンセラーの資格も持っていません。

 

でも今日ご紹介した事例のように

カウンセリングの実践経験があります。

村川久夢カウンセリング理論で

実践練習できる場を作ります。

 

参加者同士で

実践練習することを目的とした

カウンセリングスキルの

ブラッシュアップ会を開催します。

 

ブラッシュアップ会のご案内は

当ブログで追ってご連絡します。

 

カウンセリングスキルを向上させ

あなたのセッションをより良いものにする

カウンセリングスキル

ブラッシュアップ会に是非ご参加下さい。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

「文章が書けない!」と感じた時は久夢の楽しく文章を書く会へどうぞ!

 

亡くなった私の夫は完全な理系人間で

文章を書くのが大の苦手でした。

 

結婚式の祝辞が書けない、

中学校の同窓会報に提出する

中学校の思い出が書けない、

職場に提出する新年の抱負が書けない等、

いつも悪戦苦闘していました。

 

その度に「久夢~!書いてくれ~!」

と私に泣きつきました。

 

なので私は、

会ったこともない人の結婚式の祝辞や

一度も行ったことがない

中学校の思い出や

畑違いの仕事の抱負等、

度々代筆していました。

 

「文章を書くのが苦手」

「文章の書き方を教えて欲しい」

と切実に思うのはこういう時ですよね?

 

「第1回久夢の楽しく文章を書く会」では

職場に提出するレポート作成の

サポートをさせて頂きました。

そのサポートを通して、

形式的になりがちなレポートに

筆者の熱い思いや

現場に携わる方の切実な願いを

込められることを実感しました。

 

参加者様に自分の気持や考えを

書いて表現する楽しさを

知って頂いて本当に嬉しかったです。

 

また私もサポートをさせて頂くことで、

私自身の勉強になりました。

学ぶことがたくさんありました。

 

「久夢の楽しく文章を書く会」は、

書いて表現する楽しさを

感じて頂くことが目的ですが、

文章を書く必要に迫られておられる方の

お手伝いもできます。

 

私は日頃、

エッセイ等を多く書いていますが、

教員時代にはレポートや

会議提出の書類を度々書いて来ました。

また、生徒の論文指導の経験もあります。

 

現在は2016年の4月以降、

一日も休まずブログを書いています。

 

私の書くスキルが

誰かのお役に立てると思うと

とても嬉しいです。

 

「文章が書けない!」と感じた時は!

久夢の楽しく文章を書く会へどうぞ~

 

6月には、

「第二回久夢の楽しく文章を書く会」

を開催予定です。

詳細が決まり次第ブログで告知します!

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

全てが整うまで私は待っていられない!

【全てが整うまで待っていてはダメだ!

挑戦すべきこと、困難、不完全な状況が、

いつも存在しているだろう。

でもそれが何だと言うのだ。

今から始めるんだ。

一歩進むごとに、

あなたはだんだん強くなり、

あなたの技能は磨かれ、自信がつき、

そしてよりよい成果を得るだろう。

 (マーク・ビクター・ハンセン)】

 

ある日、私はこの名言を見つけた。

私の本が出版される前のことだった。

 

私は長い間、自分が何をしたいのかが

分からなかった。

自分の本心がわからず苦しかった。

 

長い長い変遷を経て、

やっと掴んだ夢は、

自分の思いを書いて表現すること、

それを発表して読んでもらうことだった。

 

夢中で作品を書いた。

電子書籍にして出版した。

毎日ブログに作品を書いて投稿した。

自分や作品を知ってもらうことに

夢中の1年半が過ぎた。

 

私に才能があるかどうかはわからない。

私は若くもなく有名でもない。

 

でも全ての条件が整うまで

私は待ってなどいられない。

 

毎日ブログを書き続ける。

それが私の作品発表の場だから。

書いて発表したいから、

投稿して読んで欲しいから。

 

例え拙くても

書くことでしか成長できないから。

 

発表しなかったら、

読んでもらうチャンスがないから。

 

電子書籍版から紙の本になることで、

読んでもらう機会が増えるように

努力するしかないから。

 

全ての条件が整うまで、

私は待ってなどいられないから。

 

 

<オリジナル英文エッセイ>

I Can’t Wait Until Everything Will Be Perfect.

 

“Don’t wait until everything is just right. It will never be perfect. There will always be challenges, obstacles and less than perfect conditions. So what. Get started now. With each step you take, you will grow stronger and stronger, more and more skilled, more and more self-confident and more and more successful.” (Mark Victor Hansen)

 

One day I found this quote. It was when my paper book would be published soon.

 

I couldn’t find what I really wanted to do for a long time. It was very hard for me that I lost my hope.

 

After long confusion, I finally grasped my dream and that is writing literature.I want to express my thoughts and feelings through writing and I also want people to read my works.

 

I have fallen in love with writing essays and short stories for a year and a half.

 

I don’t know if I have talent or not. Moreover, I am not young nor famous. My condition is not perfect but I can’t wait until it will be perfect.

 

I will continue writing my blog because it is one of the important opportunities for me to let the world know my works. I hope people would read my writings.

 

As I know my writings will only be improved by writing more, so I will continue to write.

 

I know people can’t read my essays and short stories if I don’t put them online.

 

I hope a publishing books helps people to read my works more.

 

I do what I can do now.

 

 

I can’t wait until everything will be perfect.

 

オンライン英会話での会話を基に書いた

私の英文エッセイです。

私の初エッセイ集が出版される直前に

書きました。

 

このエッセイを書いた動機は2つです。

ひとつは「条件が十分でなくても

まずやってみよう」と自分に言い聞かせ、

そして「何かを始める時に

遅すぎるということはないんだ」

と励ますためでした。

 

「条件が十分でないから」「遅すぎる」

と悩んでいる方の元気や勇気の

足しになれば嬉しいです。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>