本当にしたいことはなんですか?

「本当にしたいことはなんですか?」

と尋ねられると、

 

「本当にしたいことは何ですかって

尋ねられるのは嫌いなんです!

そんなことわからないから!」

かつての私は腹を立てたものでした。

 

私は本当にしたいことがわからず、

長い間、得体の知れない

欠乏感や空虚感に悩んでいました。

 

当時私は必死で勉強し、

教員採用試験に合格して、

英語教諭でした。

仕事はやり甲斐もあり

経済的にも安定した生活を送っていました。

 

でも私は常に

「私はこのままでいいのだろうか?」

と思い悩んでいました。

 

真面目な性格なので

仕事も一生懸命にしました。

でも、私の空虚感や欠乏感は

大きくなるばかりでした。

 

ついに私は心を病んで

休職し退職しました。

その時も必死で

本当にしたいことを探しました。

 

そんな時に出会ったのが、

インナーチャイルドカードセラピーでした。

 

その頃の私は頭では

「英語の翻訳をして・・・」

「ヨガのインストラクターになりたくて・・・」

と考えていました。

 

当時、インナーチャイルドカードを引いて

カードの印象を

紙に書き出していたのですが、

私が書くカードの印象がとても素敵だと

セラピストさんが言って下さいました。

 

私はドキッとしました。

ずっと昔に諦めていましたが、

私は作家になりたいと思っていたのです。

「自分には才能がない、

どうせ誰も読んでくれないし売れない」

と思っていたのです。

 

その後もセッションを重ね、

カードの印象を語る内に、

自分が人に評価されるために

自分の本心をずっと抑え込んでいることに

気がつきました。

 

「私は長い間、

小説やエッセイを書きたいと思っていた。

そして、それを発表して多くの人に

読んで共感してほしいと思っていた」

という自分の本心に気がつきました。

そして、やっとのことで

自分の口に出して言うことができました。

ブログを開設してブログに作品を

投稿することもできるようになりました。

 

「ああ!これだったのか!

私が望んでいたことはこれだったのだ!」

とやっと自分が本当にしたかったことを

私は見つけたのです。

 

心の欠けていた部分に

スポっと何かがハマった感じでした。

ものすごくホッとした気持ちでした。

心が満ちたと感じました。

 

インナーチャイルドカードセラピーの

セッションでカードを引いて、

話して頂くカードの印象には

その方の望みや本心が色濃く現れます。

 

自分で自分の望みや本心を知ることは、

「ああ!そうだったのか!」

と納得できます。

自分で自分の本心を認め

受け入れることは、

本当に大切なことです。

とても爽快な気分になれます。

 

「自分が本当にしたいことはなにか?」

 

ご自分がご自分と向き合って、

ご自分の心に問いかけ、

本当にしたいことを受け入れてあげて下さい。

 

インナーチャイルドカードセラピーは

そのお手伝いをすることができますよ。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

*----------*

1月28日四日市出張セッション会

<お申込みはこちら>

『春の別れ~卒業~』~思春期の少年の成長を描いた物語を冊子化!~

私の短編小説『春の別れ~卒業~』は

編集がほぼ終わり、

最終チェックの後、

ネット印刷に出すだけとなりました。

『春の別れ~卒業~』は、

私が30代の現役教師だった頃に

書いた小説です。

 

「なぜそんな昔に書いた小説を

冊子にするかな?」

と思わなくもなかったのですが、

この小説は実際に教壇に立って、

思春期の生徒を相手にしたことが

ある者でないと書けないリアリティが

あると思ったからです。

 

一見、青臭い恋愛小説の体裁ですが、

一人の少年の成長を描いた

リアルな小説でもあります。

 

この小説を書いた頃、

ネットは今ほど普及しておらず、

私はパソコンもスマホも

持っていませんでした。

 

私は小説をワープロで入力し冊子にして、

卒業アルバムに挟んでいました。

冊子は仲のいい一人の友だちに

読んでもらっただけでした。

 

歳月は流れ、

インナーチャイルドカードに出会い、

小説やエッセイを書いて読んで欲しいという

自分の本当の願いに気がつきました。

 

私は小説投稿サイトに投稿を始め、

2016年の1月に

この小説を投稿しています。

その後、自分のホームページにも

収録しました。

 

ネット環境がない人、パソコン、スマホで

小説を読むのが苦手な人に向けて、

冊子にすることにしました。

 

本箱の卒アルに挟まれて

日の目を見ることがなかった

私の短編小説をこうしてネットで発信し、

冊子でも読んでもらえるように

なったことが感慨無量です。

 

最終チェックを終えたら、

ネット印刷に出します。

完成したら、ブログで告知し、

希望者に発送します。

セルフマガジンと同様に

この冊子も無料で送料不要です。

 

思春期の少年と彼の先生との心の交流、

二人の人間としての成長を

描いた物語です。

読んで頂けたら嬉しいです。

 

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

*----------*

1月28日四日市出張セッション会

<お申込みはこちら>

休みたいのに休めない~インナーチャイルドカード物語~

自分の本心を自分で分かっているようで、

案外わかっていなかったりしますよね。

 

私のところに来られた

中学の国語の先生フユコさんも

そんなお一人でした。

 

「仕事はやり甲斐があって好きだし、

夫も優しいし中学生の息子もいい子だし、

何と言って不満はないんです。

でも何かモヤモヤして

スッキリしないんですよね」

と固い疲れた表情で言われました。

 

その思いを念じながら

カードをシャッフルして頂き、

カードを引いて頂きました。

 

 

フユコさんは最初に開いた

大アルカナ18「シンデレラ」のカードを

じっと眺めておられました。

 

  *大アルカナ18「シンデレラ」

 

「なんだか暗いカードですね。

それに木が気持ちが悪い。怖いです」

と言われました。

 

「木のどんなところが怖いですか?」

と私はお尋ねしました。

 

「色が気持ちが悪いです。

こんな木の色ありえないし!」

 

「木の色が気味悪く感じられるのですね。

他にこのカードで気になるところは

ありませんか?」

 

「いえ、特にないです。

私には木の色がとても気持ち悪いです」

 

フユコさんは少女にもドレスにも

全く関心を示されませんでした。

 

「この木の色は

本当に絶対にありえない色ですか?

木は茶色でないとだめですか?」

と私はフユコさんにお尋ねしました。

 

フユコさんはしばらく考え、

こう言われました。

 

「絶対にありえない色ではないけれど、

でも普通木は茶色で

描かれるべきでしょ?」

 

「それは誰が決めたことですか?」

 

「誰ってことはないけれど、

普通は茶色でしょ?

茶色じゃないと違和感がするわ」

 

「フユコさんはとても真面目で、

『木は茶色であるべき』のように、

『いい先生であるべき』

『いい妻、母であるべき』

という傾向がおありではないですか?

いつも一生懸命ではありませんか?

疲れておられるのではないですか?」

 

と私がお尋ねすると、

フユコさんの頬がピクピク震えだし、

目から涙がこぼれました。

 

「仕事は好きだし生徒は可愛いし、

それに家庭も大切にしたいんです。

でも、そうしようとすると、

自分の時間がなくなるのはもちろん、

眠る時間さえ削らなくてはいけないんです」

 

「そうだったんですね」

 

「もうクタクタで何もしたくないです。

ただただ眠っていたいです。

でも、そんなふうに怠け心に

負ける自分もイヤなんです」

 

「疲れたら休むのは

自然なことではありませんか?」

 

「わかっていますよ。休みたいです。

でも、休めないんです。

仕事もあるし、家事もあるし」

 

「休みたいというのが

フユコさんの心の声ではありませんか?

『~べき』と言う考えを外すのが

今のご自分の仕事だと思って、

心を休めてあげませんか?

休むことは罪悪ではないですよ」

 

「私、休みたいと思う自分が

許せなかったのです。

でも本当はクタクタで休みたかった。

だからモヤモヤして

スッキリできなかったのですね」

 

「そうですね、フユコさん。

今日はそれがご自分の仕事だと思って

ゆっくり休んで下さい」

 

「そうですね。

『疲れたら休む』という

ごく自然なことさえ、

『~べき』という考えに抑えつけられて

できなかったんですね、私。

今日は心も身体もゆっくり休めそうです。

ありがとう、久夢さん」

 

そう言ってフユコさんは

ホッとした表情で帰って行かれました。

 

1枚のカードの木の色で

明らかになった本心です。

私たちは自分の本心をわかっているようで、

本当は案外わかっていないようです。

 

「インナーチャイルドカード物語」

今日は大アルカナ18

「シンデレラ」のカードのエピソードでした。

 

 

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピーセッションメニュー✿

 

*30分新規体験コース( ¥3,000)

*90分コース    (¥10,000)

セッションのご予約は下記フォームから

   ↓ ↓ ↓

 <お申込みフォーム>

 

✿村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座✿

 

インナーチャイルドカードセラピーで

自分の心を見つめて対話し、

自分の力で心を癒やしたい人は、

インナーチャイルドカードセラピー講座を

受けてみませんか?

講座については下記ブログをお読み下さい。

<心を癒やす力をつける講座案内>

 

体験レッスンは下記フォームから

  ↓ ↓ ↓

<体験レッスンお申込>

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>