100人の人の100通りの「普通」

「普通~やんな?!」

友人に愚痴を聞いてもらっていた時、

私はさして長くない時間内に

何度もそう言ったらしい。

 

友人に指摘されて驚いた。

知らない間に自分の「普通」を

人に押し付けていたようだ。

 

よく考えると夫が生きていた時、

お互いの「普通」が違っていて

よくバトルになった。

 

私は旅行が好きで

夫と外国にも何度か行った。

その度に「普通」の違いでケンカになった。

 

私の「普通」は典型的な貧乏旅行だった。

安いホテルに泊まって、

現地の人が行くレストランで食事をして、

移動は地下鉄や路線バスを使った。

観光地にも行ったけれど、

市場やスーパマーケットに行くのが

大好きだった。

 

夫の「普通」は典型的な大名旅行。

一流ホテルに泊まり、

アメリカ大統領が食事をしたという

有名レストランで食事をして、

専属のガイドについてもらい、

移動は一等列車やタクシー。

デモンストレーション付きの特産品の店で

土産物を買った。

 

だいたい私が旅行のプランを立てたので、

私たちの外国旅行は貧乏旅行だった。

夫は黙ってついて来てくれたが、

「もうちょっと良いもの食わしてくれよ~」

「タクシーに乗ろうや」

「こんな安物の土産を人に渡せへんぞ」

とこぼしていた。

 

私は「その土地の素顔に触れるのが

旅行の楽しさやん。

これが『普通』でしょ?」と思っていた。

 

一度だけ、夫の主導権で外国に行った。

確かに至れり尽くせりの旅行だった。

豪華なホテル、贅沢な食事、

快適な移動だったけれど、

ディープな旅行が好きな私は

何か物足りなかった。

 

夫は「どうや~飯は上手いし、

ホテルも豪華やし、

ガイドさんもいるから

ゆっくり楽しめたやろ?」と言った。

 

私が「うん、楽しかった。

でももうちょっと自由行動したかったな?」

答えた。

 

「何のために旅行に来てまで

しんどい思いするねん。

旅行はこれが『普通』やぞ」と夫が言った。

 

忙しい日常生活からしばし離れて、

至れり尽くせりの大名旅行で

自分もゆっくり寛ぎたかったのだろう。

私にもケチケチせずに

たまにはリッチな気分を味あわせてやろうと

思ってくれていたのかも知れない。

 

押し付けていたつもりはなかったけれど、

自分の「普通」を押し付けていたようだ。

 

夫が亡くなり学校勤めも辞めたので、

「普通」は100人の人がいたら、

100通りの「普通」があることに

疎くなっていた。

 

お互いの「普通」が違うから距離を置いて

付き合わないでいられる関係ならともかく、

それぞれの「普通」で

うまく付き合って行かなければならない

場合が多々ある。

 

自分の「普通」を固守して、

合わない人の「普通」をただ我慢するのは、

あまりにも疲れるし不毛だと思う。

 

自分の「普通」が通じない時、

相手の「普通」を不満に感じながら

我慢して付き合うのと、

相手の「普通」を理解して

付き合うのとでは、

関係が全然違ってくる。

 

夫との「普通」の違いが

浮き彫りになった外国旅行も、

夫の「普通」を我慢して付いて行くのと、

夫の「普通」を理解して付いて行くのとでは

旅行の楽しさがずいぶん違っただろう。

 

きちんと向き合って

つき合いたい相手ならば、

相手の「普通」を理解して、

良い関係を築きたいと思った。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

初めから器用な人なんているの?~自分を不器用だと思っているあなたへ~

編み物をしていると、

「久夢さん、器用ですね。

私も編み物してみたいけれど、

不器用だから・・・」

とよく言われます。

 

いえいえ、

私は特に器用というわけではありません。

幼い頃、編み物に興味を持った時、

それこそ器用だった祖母や母に

「不器用!鈍くさい!愚図!

こんな不器用な子はみたことがない!

と散々で手芸が大嫌いになりました。

 

その後、

私がかぎ針編みの基礎を習ったのは

小学校の手芸クラブでした。

手芸クラブ担当の先生は

編み物の専門家ではありませんが、

教えることのプロです。

糸のかけ方や針の持ち方など

本当に初歩の初歩から

気長にわかりやすく

編み方の基礎を教えて下さいました。

 

不器用だった私も先生に教えてもらい、

見よう見まねで編むようになりました。

最初は手も身体もガチガチで

「不器用」そのものでした。

 

それでも少しずつ編めるようになると

うれしくて、手芸クラブの日が

待ち遠しいほどでした。

 

確かに初歩の段階で

自分流の編み方で編める子もいました。

オーソドックスな

糸のかけ方や針の持ち方ではないけれど、

何となく編める。

なので不器用な私たちほど、

基本の形を必死で習うことなく、

自分流に編んでいました。

 

その子は「器用」だと言われていました。

 

手芸クラブで基本の編み方を習った後、

私たちはシンプルな形のベストを

編むことになりました。

 

不器用と言われていた自分が

ベストを編めることがうれしくて、

わくわくしながら

毛糸を買いに行ったことを覚えています。

 

ベストを編み出すと、

ちょっとでも綺麗に編みたくて、

目を揃えたいと思うようになりました。

 

その時、先生に教えてもらった

糸のかけ方や針の持ち方が

一番整った編み目が編めて、

効率よく編める形だと気がつきました。

 

自分流で編んで

「器用だ」と言われていた子は、

なかなか編み目がそろわず

綺麗に編めないようでした。

早く編めるけれど、

自分流に編んでいるので、

模様編や減目増し目等が

うまくできないようでした。

 

ベストを完成させる頃になると、

私の編み方は安定して、

編み目も最初とは比べものにならないほど

整いました。

 

アクリル毛糸の不格好なベストでしたが、

嬉しくてよく着たものです。

 

その後、私が編み物をすることはなく、

何十年も過ごし、

10年ほど前に

デイケアに通いだしたのをキッカケに

編み物を再開しました。

 

今はかぎ針編みに夢中です。

いつの間にか

「器用だ」と言われるようになりました。

 

でも、最初から器用な人って

いないと思います。

 

誰だって最初は不器用なんです。

むしろその方がいいんです。

自分流でなんとなくできてしまって、

器用だと思うより、

不器用で一生懸命に

基礎を身に着けようとする方が、

結局上達が速いのです。

 

やってみたいという動機があって、

実際に糸と編み針を買って、

誰かに教えてもらうなり、

動画や編み方の説明を見るなりして、

まずやり始めないと、

上手にはなりません。

 

自分を不器用だと思っているあなたへ、

最初から器用な人なんていませんよ。

不器用でも始めないと上達しませんよ。

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

心配してくれてるんやね「ありがとう」

「無理して毎日ブログを書いても、

誰もあんたのブログなんて読んでないよ」

 

ブログを書く時必ずのように

意地悪なもうひとりの私がつぶやきます。

 

真剣にムカつきます。

 

毎日毎日しつこくて

本当にいらいらするんですよね。

 

「うるさい!ほっといて!」

 

いらいらしながらブログを書くのは

本当にストレスがたまります。

 

私のブログを書きたい気持ちや

毎日書く大変さを

一番良く知っているはずなのに

何故もうひとりの私は

私に意地悪するのでしょう?

 

「無理して毎日ブログを書いても、

誰もあんたのブログなんて

読んでないよ」

という意地悪なもうひとりの私のつぶやきは

実は頑張っている私が

一番心配していることでもあります。

 

でももし、

意地悪なもうひとりの私が存在せず、

頑張っている私が一生懸命にブログを書いて

誰も私のブログを読んでくれていなかったら

それは相当なダメージです。

 

意地悪なもうひとりの私は、

本当は頑張っている私が

直撃のダメージを受けないように

予防線を張ってくれていたのです。

 

「そうなんや~!」

 

なんだかパズルのピースが

スパッとはまった気分でした。

 

「そうなんや、意地悪な私。

心配してくれてたんやね。

ありがとうな」

 

もうひとりの意地悪な私に声をかけると、

もうひとりの意地悪な私が

 

「うん、そやし頑張ってな~!」

と言って姿を消しました。

 

ありがとう。

もうひとりの意地悪な私。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>